下戸でも飲めるようになった方法!下戸だけど飲みたいあなたへ!

下戸の人は、飲み会ではなかなか肩身が狭く感じてしまったりすることも多いでしょう。

そこで、今回は、下戸でも飲めるようになった方法についてお話します。

 

飲み会は、みんながお酒を飲みながら親睦を深める場所なので、お酒を飲まないと少し浮いてしまったり、飲んでいる人たちとテンションに差が出てしまったり。

だから、下戸だけどお酒を飲めるようになりたいと思う人は多いもの。

 

お酒は大人のたしなみだから、お酒を飲めた方が格好良く、人間関係も築けることが多いから、下戸だけどお酒を飲めるようになりたいという人もいるでしょう。

でも、お酒を飲むと気持ち悪くなってしまうし、そうなれば周りに迷惑をかけてしまうことにもなる。

 

下戸でもお酒が飲めるようになるために、そして、下戸でも気持ち良く酔うために、いろいろな対策をお話ししていますので、じっくりと読んでみてください。

 

下戸な人はなぜ下戸なのか?

そもそも、なぜ下戸の人と下戸でない人がいるのか、知っていますか?

下戸というのは体質であり、お酒を飲むと発生する、人体に有害なアセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きが、とても弱いのです。

 

下戸でない人はALDH2の働きが強く、アセトアルデヒドが無害なアセテート(酢酸)に早く分解されるのでお酒をたくさん飲めるということ。

これは、ご両親からお酒に強い遺伝子(N型)とお酒に弱い遺伝子(D型)のどちらを受け継いでいるかによって決まります。

 

アルコール分解の仕組み

お酒を飲んだ時に、アルコールがどのように分解されて体外に排出されるのか、アルコール分解の仕組みについて見ていきましょう。

 

アルコールが体内に入ると、胃から20%、小腸から80%の割合で吸収されて血液に溶け込んで全身を巡り、肝臓に運ばれて分解処理されます。

肝臓では、アルコール脱水素酵素(ADH)の働きによって、アルコールからアセトアルデヒドに分解。

 

アセトアルデヒドは、ALDH2の働きによってアセテート(酢酸)に分解。

その後、水と二酸化炭素にまで分解されて、最終的には尿や汗や呼気となって体外に排出されます。

 

 アルコール代謝経路
 
アルコール代謝経路  

 

有害なアセトアルデヒドは、お酒を飲んだ時に起きる症状(頭痛・吐き気・動悸・顔の赤み・めまい・二日酔いなど)の原因になるもので、下戸はALDH2の働きが弱いということ。

なので、症状が出やすく、お酒をたくさん飲むことができません。

 

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

下戸遺伝子

ALDH2の働きの強さは、ご両親から受け継いだ遺伝子によって決まっています。

 

 
活性型(NN)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
活性型(NN)
活性型(NN)
活性型(NN)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
活性型(NN)
低活性型(ND)
活性型(NN)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
不活性型(DD)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
不活性型(DD)

 

アルコールに強い遺伝子がN型、アルコールに弱い遺伝子がD型。

 

ALDH2の働きの強さには、次の3つの型があります。

  1. 活性型(NN型) :お酒に強い体質
  2. 低活性型(ND型):お酒に弱い体質
  3. 不活性型(DD型):全くお酒を受け付けない体質

 

例えば、ご両親ともにNN型でお酒に強ければ、子供はNN型しか生まれず、子供もお酒に強い体質になるということ。

反対にご両親ともにDD型であれば子供もDD型になり、家族そろって下戸であるということになります。

 

ご両親ともにND型であれば、どの体質の子供が生まれてもおかしくないということです。

つまり、お酒に対する体質というのは、血液型のように遺伝子によって決まっているのですね。

 

この遺伝子は、もちろん病院で調べることができますが、検査キットを取り寄せて郵送で検査を依頼することもできます。

検査キットに入っている綿棒に口腔粘膜を採取して送り返すと、約10日で検査結果が分かり、下戸であるかどうかとアルコールによる病気のなりやすさ、アルコールとどのように付き合うと良いかのアドバイスも。

 

病院よりも安価で手軽にできますし、お酒と上手に長く付き合っていくために検査をしておくと良いでしょう。

検査キットはこちらから:楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

下戸でも飲めるようになった方法とは?

下戸でもお酒を飲みたいと思っているのであれば、その体質ゆえ、気をつけて飲まなければなりません。

下戸は遺伝子によるものなので、下戸といっても全く飲めない人もいれば、少しは飲めるという人もいるもの。

 

あなたも自分自身の体質を知った上で、無理することなくお酒と付き合っていってください。

その前提で、お酒を飲んでも悪酔いしないための対策を見ていきましょう。

 

空腹の状態では飲まないこと

空きっ腹にお酒を飲むと、アルコールの吸収スピードが速くなり、悪酔いすることが多くなります。

お酒を飲む前に脂肪分のあるものを食べて、胃壁に膜を張っておくと良いでしょう。

 

お酒を飲んでいる間も、お酒ばかり飲むことはせずに、おつまみを食べながら飲むこと。

おつまみは、アルコールの分解を助けるために、良質なタンパク質を豊富に含むものを選ぶと良いですね。

 

アルコールの吸収を穏やかにしてアルコールの分解を助ける飲み方をすることで、悪酔いしにくくなるでしょう。

参考:お酒に強くなった人の急にお酒が飲めるようになった話。

 

お酒と一緒に必ずお水を飲むこと

アルコールの分解には、肝臓で大量な水を必要とします。

その上、お酒には利尿作用があるので、お酒を飲むとトイレが近くなって体内の水分が体外に排出され、体は脱水状態になりがち。

 

アルコールの分解を助けるためと体の脱水症状を防ぐために、お酒を飲みながらお水もたくさん飲みましょう。

最初はあまり必要ないとしても、酔っ払ってきたらお酒と同量程度のお水を必ず飲むことを意識してください。

 

お酒を飲んだ後にも、アルコールの分解を促して二日酔いを予防するために、お水をたくさん飲むことをおすすめ。

お酒を飲むと低血糖にもなりやすいので、経口補水液やスポーツドリンク、グレープフルーツジュースやオレンジジュースなどでも良いでしょう。

 

参考:アルコールの分解は水を飲むことが最重要!アルコールは体の水分と糖分を奪う。

 

ゆっくりとしたペースで飲むこと

お酒を飲むペースが速いとアルコールの吸収が急速になり、当然アルコールの分解で肝臓に負担がかかり、アルコールの分解が追いつかなくなります。

すると、アセトアルデヒドが分解しきれなくなり悪酔いすることに。

 

また、お酒をぐいぐい一気飲みするよりもゆっくりと味わって飲むほうが、体にも良いですし何より綺麗です。

会話を楽しんだり料理との相性を楽しんだりしてお酒を飲むようにすれば、自然とお酒を飲むペースはゆっくりになるはず。

 

参考:お酒をゆっくり飲む方法!綺麗な飲み方でお酒に酔わないコツ!

 

酔っ払ってきたら無理せず休憩すること

お酒を飲めば、よほどの酒豪でない限り酔っ払うのが普通です。

酔っ払ってきたらあまり無理をせず、水分を補給しながらお酒は休憩しましょう。

 

アルコールの分解に必要なアミノ酸と水を補いながら、アセトアルデヒドの分解を促すこと。

翌日の辛さを考えたら、ほろ酔い状態で休憩することができるはずですね。

 

参考:お酒が全く飲めない人に朗報!お酒が飲めない体質でも飲めるようになる方法!

 

飲むお酒をしっかりと選ぶこと

飲みたいお酒があると思いますが、悪酔いしないために飲むお酒はしっかりと選びましょう。

いろいろな種類のお酒を飲んでちゃんぽんすると悪酔いしやすいので、一回の飲み会の間はせいぜい2種類までにすること。

 

アルコール度数も気にしてお酒を選ぶようにすると、お酒と上手に付き合うことができるようになります。

参考:下戸でも飲める酒。お酒が弱い人におすすめのお酒はコレ!

 

下戸だけど飲みたいならば

下戸でビール1杯を飲むのが辛いという人のために、おすすめの情報があります。

体質検査でも下戸判定となり、ビールを一口飲んだだけで酔いつぶれる状態だった人が、お酒を飲む前にあることをしたらビールを2リットル飲んでも平気になったという方法です。

 

下戸体質であるこの方法の考案者、坂上太一さんは、飲み会に参加するたびに下戸であることで、悔しい思いをしていました。

一緒にお酒を飲むことができないので、そのうち飲み会に誘われることも無くなったり、普通にお酒を飲める彼女からもつまらないと言われ、振られてしまいます。

 

そんな悔しい思いから、下戸だけどお酒を飲めるようになりたいと考え、様々な飲めるようになる方法を試して試行錯誤をした結果、8年間の歳月をかけて、ついにお酒を飲んでも平気な方法を見つけたということ。

全く飲めなくて飲み会で悔しい思いをしていた人が、ビールを2リットル飲んでも平気になった時の喜びは、相当なものだったでしょう。

 

ビールを2リットル飲んでも平気な上に、翌日の二日酔いもなかったとのことです。

大人になるとお酒の付き合いは増えるので、お酒を飲めないよりもお酒を飲めた方がお得なことは多いもの。

 

あなたも下戸でもお酒を飲めるようになり、二日酔いにもならなくなった方法を知りたいならば、こちらを試してみてください。

下戸でも飲める極意はこちらから:アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

 

まとめ

下戸かどうかは体質によるもので、両親から受け継いだ遺伝子によって決まる。

下戸かどうかは、アルコール感受性遺伝子検査  楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』で簡単に調べることができる。

 

また、お酒の飲み方によって悪酔いはしにくくなるので、お酒を飲むときには意識をすることが必要。

しっかりと対策をして、お酒と楽しく上手に付き合っていきましょう。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください