アルコールパッチテストで赤くなると下戸?やり方と信頼性を徹底解明!

みなさんは、自分がお酒に強い体質なのか弱い体質なのか、きちんと把握していますか?

その基準は、どこから来ているのでしょうか?

 

お酒に強い体質か弱い体質かを簡単に調べる方法として有名なものに、アルコールパッチテストがあります。

テストしたことがある方もない方もいると思いますが、今回は、そのアルコールパッチテストのやり方と信頼性について、見ていきましょう。

 

アルコールパッチテストとは?

アルコールパッチテストは、自宅で簡単に、アルコールに対する自分の体質を調べることができる検査。

お酒を全く受け付けないタイプ、お酒に弱いタイプ、お酒に強いタイプと大きく3つのタイプに分けることができます。

 

お酒に強いか弱いかは、アルコールの分解処理が速いか遅いかによって決まります。

もっと詳しく言うと、アルコール分解の過程で生成される、有害なアセトアルデヒドを無害な酢酸に分解する能力が高ければ、どんどんアルコールが分解されるのでお酒を飲み続けることができ、お酒に強いということ。

 

反対に、分解する能力が低ければ、有害なアセトアルデヒドが体内に残ってしまい、悪酔いしてしまうので飲み続けることができなくなります。

お酒に強い体質か弱い体質か、簡単に調べることができるアルコールパッチテストのやり方と信頼性について、ご説明しましょう。

 

アルコールの分解についてはこちらで説明しています。⬇️⬇️⬇️

お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

アルコールパッチテストのやり方と信頼性

アルコールパッチテストをするときに必要なものは、消毒用エタノールと薬剤のついていない絆創膏の2つだけ。

  1. 薬剤のついていない絆創膏に消毒用のアルコールを染み込ませて、上腕の皮膚の柔らかい部分に貼ります。
  2. 7分後、絆創膏を剥がしてみて皮膚が赤くなっていたら、アルコールを全く受け付けない体質。
  3. 絆創膏を剥がした時は赤くなっていなかったが、剥がしてから10分後に赤くなっていたら、アルコールに弱い体質。皮膚が赤くならなければお酒に強い体質。

 

では、なぜこのテストでアルコールに対する体質が分かるのか?このテストの信頼性や正確性はどの程度なのか?について見ていきましょう。

このテストでは、皮膚にあるカタラーゼという物質とアルコールが反応したときに、アセトアルデヒドが生成されることを利用しています。

 

先ほども説明したように、お酒に強い体質なのか弱い体質なのかは、アセトアルデヒドの分解処理能力の差によって決まるもの。

皮膚上で、アセトアルデヒドを生成し、その分解能力を見て判断しているということになります。

 

よって、アルコールパッチテストの結果で、あなたのアセトアルデヒドの分解処理能力が分かり、お酒に対する体質が分かるということ。

 

ただし、稀にお酒が弱いタイプでも皮膚が赤くならない人がいるので、簡易的ではなく遺伝子レベルできちんと検査をして自分の体質を把握する場合は、こちらがおすすめです。⬇️⬇️⬇️

『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

参考:お酒が全く飲めない人に朗報!お酒が飲めない体質でも飲めるようになる方法!

 

アルコールパッチテストで赤くなる人は

アルコールパッチテストの結果、皮膚が赤くなった人は、お酒に酔いやすいので、お酒を飲むときには、きちんと対策を取ることが大切(もちろん、赤くならなくても、無謀なお酒の飲み方は体を壊すので、気をつけること)。

お酒の体質というのは、遺伝子によって決まっているので、全く飲めない人が急に飲める体質になれるということは不可能なのですが、お酒の飲み方を変えることで、お酒に酔いにくくすることはできます。

 

お酒に酔いにくくするための飲み方については、こちらの記事を参考にしてみてください。

参考:お酒に弱い人は対策を練ろう!飲むと現れる症状と4つの対策。オススメのお酒はコレ!

 

お酒が全く飲めない下戸でも、お酒を楽しみたい人は、こちらを試してみることをおすすめします。

ビールをひとくち飲んだだけで顔が真っ赤になり、酔っ払ってしまう体質だった作者が、この方法により、ビールを2リットル飲んでもほろ酔いで、二日酔いにもならなくなった極意です。

 

作者だけではなく、作者の親族や友達で下戸体質の人も、同じ方法で飲んで効果があったということで、再現性のある方法ですので、ぜひお試しを。

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

 

まとめ

アルコールパッチテストは、皮膚の上でアセトアルデヒドを生成し、その分解処理能力を見ることでお酒に強い体質か弱い体質かを調べる検査。

お酒に弱い体質だとしても、お酒の飲み方を工夫することで、お酒を楽しむことは十分に可能。

 

アルコールパッチテストの信頼性はあるが、稀にお酒に弱くても赤くならない人がいるので、アルコール感受性遺伝子分析キットで、きちんと検査をすることが重要。

自分の体質をしっかりと把握しておくことで、これから先、お酒と上手に付き合っていくことができますよ。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください