酒が飲めない人でも体質を改善できる?下戸でもお酒が飲めるようになりたい人へ。

お酒が飲めない、お酒が弱いというのは体質です。

大人になると、お酒を飲みながらの付き合いが増えてきて、体質的にお酒が飲めないという人は、飲み会が辛いときがありますよね。

 

お酒を飲むと、すぐに酔っ払って具合が悪くなってしまったり、顔が赤くなったり眠くなったり。

翌日まで酒が残って、仕事や遊びの予定に支障が出てしまったり。

 

お酒に弱い体質というのは、どうにかして改善できないのでしょうか?

下戸でもお酒が飲めるようになりたいあなたへ、お酒との上手な付き合い方を教えます。

 

酒が飲めない体質とは?

酒が飲めない体質の人というのは、アルコールを摂取したときにアルコール分解の過程で生成される、アセトアルデヒドを分解する酵素、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きが弱いです。

アルコールの分解は肝臓で行われ、まず、アルコールはアルコール脱水素酵素(ADH)によって、アセトアルデヒドに分解。

 

続いて、アセトアルデヒドはALDH2によって、アセテート(酢酸)に分解。

さらに、水と二酸化炭素に分解されて、最終的には尿や汗や呼気となって体外に排出されます。

 

アルコールは胃と小腸から吸収されて、血液を通って全身を巡りますが、脳に到達して脳が麻痺を起こすと、いわゆる酒に酔った状態になります。

また、アセトアルデヒドは、頭痛や吐き気など、お酒を飲んだときに現れる嫌な症状の原因となるもの。

 

ALDH2の働きが弱いと、アセトアルデヒドをスムーズに酢酸に分解することができず、悪酔いをしたり上記のような症状が現れて、お酒を飲み続けることができないというわけですね。

参考:お酒が全く飲めない人に朗報!お酒が飲めない体質でも飲めるようになる方法!

 

酒が飲めない体質は改善できる?

お酒に弱い体質というのは、ALDH2の働きが弱くて、アセトアルデヒドをスムーズに分解することができず、アセトアルデヒドが体内に残るために悪酔いしてしまい、お酒をたくさん飲むことができないということ。

では、この体質というのは、改善することができるものなのでしょうか?

 

実は、ALDH2の働きの強さは、遺伝子によって決まっているもので、体質を変えることはできません。

つまり、ご両親がお酒に強いかどうかによって、ほぼお酒に強いか弱いかが決まっているということ。

 

体質を変えることはできないのですが、自分の体質を知った上でお酒の飲み方を変えれば、今よりもっとお酒が飲めるようになれます。

参考:お酒に強いか弱いか診断の基準は?3つの体質チェックで強さ判定!

 

下戸でもお酒が飲めるようになりたいならば

お酒が弱い下戸でもお酒が飲めるようになりたいならば、お酒を飲むときに意識すると良いことを試してみてください。

お酒に酔いにくくするための対策をお伝えします。

 

お酒を飲む前に胃に食べ物を入れる

空きっ腹でお酒を飲むと、急激に胃や小腸からアルコールが吸収されて、一気に酔いが回ってしまいます。

これを避けるためには、アルコールの吸収を穏やかにするために、胃壁に膜を張ると良いでしょう。

 

具体的には、チーズやアボカド、オリーブオイルのドレッシングを使ったサラダ、バターの入ったお菓子など、脂肪分の多いものを事前に食べておくこと。

胃壁に膜を張っておくとアルコールの吸収が穏やかになり、肝臓でのアルコール分解も助けることに繋がります。

 

酔いにくいお酒を選ぶ

お酒には、その製法によって蒸留酒と醸造酒に分けられます。

基本的には、蒸留酒の方が酔いにくく、翌日にも残りにくいと言われます。

 

蒸留酒で代表的なものは、焼酎・ブランデー・ウイスキー・ウォッカ・ラム・ジンなど、醸造酒で代表的なものは、ビール・日本酒・ワインなど。

こうして見ると、蒸留酒はアルコール度数が高いお酒が多いですが、飲み方を工夫すれば大丈夫。

 

水割りやお湯割り、ジュースやソーダで割って飲むことで、アルコール度数を低くすることができるので、上手にお酒を選びましょう。

参考:お酒が飲めないから飲み会が苦手。ビールが苦い、まずいという人におすすめのお酒。

 

酔っ払ってきたらお水を飲む

お酒を飲む前に何か食べておき、酔いにくいお酒を選んだとしても、お酒を飲んでいる限り酔っ払うことは避けられないものです。

酔っ払ってきたなと思ったら、お酒と一緒にお水を飲むようにすることをおすすめ。

 

その理由は、お酒には利尿作用があることと、アルコールの分解に水を大量に必要とすることにより、お酒を飲むと体が脱水状態になるから。

脱水状態を防いで、アルコールの分解をスムーズに行うために、酔っ払ってきたらお酒と一緒にお水を飲んで水分補給をすることは、悪酔いを防ぐためにとても大切なことです。

 

ゆっくりとしたペースで飲む

一気飲みをしたり、速いペースでお酒を飲んでいると、急に酔いが回ります。

酔いにくい飲み方は、お酒と料理の味を楽しみながら、ゆっくりとしたペースで飲むこと。

 

時には会話を楽しみながら、リラックスしながらお酒を飲むようにすると、急に酔いが回って酔いつぶれることもないはずです。

お酒を嗜むようにして飲みましょう。

 

参考:お酒をゆっくり飲む方法!綺麗な飲み方でお酒に酔わないコツ!

 

まとめ

お酒に弱い体質は、遺伝子によって決まっているため、残念ながら改善することはできません。

でも、体質を変えることはできなくても、お酒の飲み方を工夫することで、お酒が飲めるようになる方法はあります。

 

  • お酒を飲む前に胃に食べ物を入れる
  • 酔いにくいお酒を選ぶ
  • 酔っ払ってきたらお水を飲む
  • ゆっくりとしたペースで飲む

 

これらを意識して飲むことで、きっと今までよりもお酒が飲めるようになり、お酒を、そして飲み会を楽しむことができるはず。

酒を飲んでも酒に飲まれることがないように、お酒と上手に付き合っていきましょう。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください