お酒に強くなるには酵素を変える!お酒弱い人におすすめの対策!

「お酒が好きなのにお酒に弱い。」「お酒の席は好きなのにすぐに酔いつぶれてしまう。」

このような人は、もっとお酒に強くなりたいと思っていることでしょう。

 

お酒に強くなればお酒を楽しむことができるし、酔いつぶれることなくお酒の席も楽しむことができる。

しかし、お酒の強さは体質だという話も聞くし、やっぱり体質を変えることは無理かも。

 

そんなあなたは、まず、飲み方を変えてみましょう。

 

お酒に強くなるには酵素を変えるべき

お酒が弱い人はアルコール分解酵素が弱い

お酒が弱い人は、アルコール分解酵素の働きが弱い人です。

摂取したアルコールの量がアルコール分解能力の許容量をすぐに超えてしまうため、体内にアルコールが残って悪酔いしたり、二日酔いしたりしやすいということ。

 

アルコールの分解には、主にADH(アルコール脱水素酵素)とADLH(アセトアルデヒド脱水素酵素)という2つの酵素が働きます。

意識しなくても、体の中にアルコールが入ると、体が勝手にアルコールを分解処理しようと動いてくれるというわけ。

 

その能力に違いがあるため、お酒に強い人と弱い人がいるのですが、働き自体はみんな同じです。

私たちの体内で起こっているアルコール分解の仕組みについて、見ていきましょう。

 

アルコール分解の仕組み

アルコールが体内に入ると、胃で20%、小腸で80%吸収され血液に溶け込んで体内を巡ります。

アルコールの分解は、肝臓で行われますが、血液に溶け込んだアルコールは門脈を通って肝臓へ運ばれてきます。

 

肝臓でまず働くのはADHで、ADHはアルコールをアセトアルデヒドという物質に分解します。

しかし、このアセトアルデヒドが人にとって有害な物質であり、悪酔いや二日酔いの原因になってしまうというもの。

 

次に働くのがADLHで、ADLHがこの有害なアセトアルデヒドを無害なアセテート(酢酸)に分解してくれます。

その後、水と二酸化炭素にまで分解されて、尿や汗、呼気となって体外に排出されるというわけです。

 

お酒に弱い人は、ADHとADLHの働きが弱いということ。

特にADLHの働きが弱い人は、すぐに吐いたり頭が痛くなったり二日酔いになりやすい体質です。

 

この記事の最後にとっておきの情報がありますので、最後まで読んでください。

ご自分の酵素の働きの強さを知りたい方はこちらから→楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

お酒弱い人が取るべき対策とは?

肝臓の働きを高めるサプリメントを利用する

お酒を飲む前にサプリメントを飲んで、肝臓の働きを助けることが有効です。

今はたくさんのサプリメントがありますが、たくさんありすぎて、どのサプリメントを選べば良いのか迷ってしまいます。

 

肝臓の働きを助けるためには、ウコン(吸収されやすいもの)やしじみから取れるオルニチン、Lーシスチンなどの成分が有効。

持ち運びに便利なタイプもありますので、いつもカバンやポーチに忍ばせておくと安心です。

 

参考:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

肝臓の働きを助ける飲み方をする

肝臓の働きを助けるには飲み方にも工夫が必要ということが言えるでしょう。

お酒に弱い人は飲み会など大変ですが、しっかりと対策をしていれば、いつもよりも楽しくお酒を飲むことができるはず。

 

飲むお酒を選ぶ

同じアルコール度数のお酒でも、ワインは悪酔いしないけれど日本酒はすぐに酔っ払ってしまうという人もいるほど、お酒選びは重要です。

ビールが苦手という人でも、ビールにジンジャーエールを加えたシャンディーガフなどのカクテルにすると、飲みやすくなります。

 

また、アルコール度数も下がるため、肝臓への負担も軽くなって一石二鳥。

カクテルにはアルコール度数の高いものも目立ちますが、ジュースや炭酸やトニックウォーターで割ったものは、アルコール度数は低く飲みやすいです。

 

お水をしっかりと飲む

アルコールの分解には、アミノ酸と水分が大量に必要となります。

そこで、おつまみには、良質なタンパク質を豊富に含んだ枝豆やお豆腐、焼き鳥やチーズなどを選びましょう。

 

そして、一番重要なのは、お酒と一緒にお水をたくさん飲んで水分補給をすること。

アルコール度数の高いお酒を頼むと一緒にお水が提供されるのは、悪酔いを防ぐためなのですね。

 

お水を飲むとアルコールの分解がスムーズに行われるため、たとえアルコール度数が低いお酒でも、悪酔いを防ぐためには水分補給がとても大切。

お酒を飲み終えた後、寝る前にお水を飲んでおくと、二日酔い対策にもなります。

 

ゆっくりとしたペースで飲む

アルコールの分解をする肝臓を助けるためには、ゆっくりとしたペースで飲むことも大切なこと。

一度に大量のアルコールが吸収されると、急性アルコール中毒になりますし、早いペースで飲んでいたのでは、アルコールの分解処理が追いつきません。

 

また、緊張しているとお酒のまわりも早くなりますから、リラックスして飲むことも必要になります。

とは言っても緊張する時もあると思いますから、その時は、アルコール度数の低いお酒を選んだり、水分補給をしっかりとして対策をしましょう。

 

まとめ

お酒が好きなのにお酒に弱いというのは、まさに地獄。

もっとお酒を楽しむために、対策を練ってお酒の席で悪酔いをしないように気をつけましょう。

 

お酒の席での失敗も避けたいし、二日酔いにもなりたくないというあなたには、記事末尾の情報がおすすめです。

自分の遺伝子レベルでのアルコール分解能力を知っておくことも、お酒を楽しむためには必要なこと。

 

アルコール分解の知識もしっかりと持って、楽しくお酒と付き合っていきたいものですね。

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください