お酒を飲み続けると体質は変わる?アルコールの分解とお酒に強くなる飲み方とは?

お酒が弱くても、根性入れて飲み続ければ、いつの間にかお酒に強い体質になっている。

これは、本当でしょうか?

 

お酒が弱い人は、お酒を少し飲んだだけでも酔っ払ってしまいますし、具合が悪くなったり二日酔いになったりして良いことはないですね。

でも、ここを乗り越えればお酒に強くなれるのであれば、多少苦しくてもあなたは飲み続けますか?

 

結論から言うと、お酒に弱い人がお酒を飲み続けてもお酒に強い体質になることはありません。

ですが、飲み方を工夫すれば、今よりお酒を楽しむことはできます。

 

どのように対策をすれば、お酒に弱い人がお酒を楽しむことができるのか、見ていきましょう。

 

アルコールの分解

アルコールの分解の仕組みをご説明しましょう。

お酒を飲んで体内にアルコールが入ると、胃から20%、腸から80%吸収されて血液に溶け込み、門脈を通って肝臓に到達します。

 

この時点ではまだアルコールはアルコールのまま。

アルコールは、肝臓にあるアルコール脱水素酵素(ADH)によってアセトアルデヒドに変わります。

 

お酒を飲んだ時に、頭痛や吐き気や眠気、顔や体が赤くなるなどの症状が現れるのは、このアセトアルデヒドが原因なのです。

そして、アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)によって無害な酢酸に分解。

 

このALDH2の働きが弱いと、悪酔いが長引いたり二日酔いになったりなどするわけで、このような人たちのことをお酒に弱いと言いますね。

無害な酢酸に分解された後は、さらに、水と二酸化炭素に分解されて、尿や汗や呼気となって体外に排出。

 

アルコールが体内に入ると、このようにして分解されるのです。

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

お酒を飲み続けると体質は変わる?

お酒を飲み続けても体質は変わりませんが、お酒の飲み方を変えることで、多少は飲めるようになりますし、お酒に強くなることができます。

体質が変わらない理由は、お酒が強いか弱いかというのは、実は、遺伝子によって決まっているから。

 

アルコール分解酵素、ADHとALDH2は遺伝子で決まっていますが、あなたがどの体質か調べる方法があります⬇️

楽しく長くお酒を楽しむための『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

そして、ADHとALDH2の働きが強くなることはないのですが、嬉しいことに、習慣的にお酒を飲み続けると、アルコール分解酵素の働きが追いつかない時の助っ人、ミクロゾームエタノール酸化系(MEOS)は強くなると言われています。

ただし、元々お酒に弱い体質的の人がお酒を飲み続けてお酒に強くなろうとすると、アルコール依存症になる可能性があるので、注意が必要です。

 

参考:お酒に強くなる方法!お酒に強くなった人が実践した8つのこと!

 

お酒に強くなる方法

では、いよいよ、お酒に強くなる方法です。

お話したとおり、お酒に強いか弱いかという体質は、遺伝子によって決まっていて変えることはできません。

 

ですが、飲み方を工夫することで、お酒を楽しむことができるというわけ。

具体的な方法を次に挙げますので、あなたに合った方法を試してみてください。

 

お酒を飲むときは必ず一緒にお水を飲む

アルコールを分解するときに、体内では大量の水分が使われます。

その上、アルコールの利尿作用によって、水分は体外に排出されます。

 

お酒を大量に飲んだ人が脱水症状になってしまうのは、このためなので、お酒を飲むときには必ずお水を飲むことが大切。

アルコール度数が高いお酒を注文すると、一緒にチェイサーが付いてくることが多いですが、アルコール度数が低いお酒であっても、チェイサーを置くことをオススメします。

 

そして、お酒を飲み終わった後にもきちんと水分補給をすると、体内のアルコール分解がスムーズに行われて二日酔いにもなりにくいのですよね。

アルコールの分解を助けるためにも、脱水症状を防ぐためにも、お酒を飲むときに酔っ払ってきたらしっかりと水分補給をすることを意識しましょう。

 

必ず食べてから飲む

空きっ腹の状態でお酒を飲むと、一気に酔いが回った経験はありませんか?

空腹だと胃の中が空っぽなので、胃からアルコールがすぐに吸収されて酔いがまわるというわけ。

 

お酒を飲む前に、少し油分のあるものを食べて胃壁に膜を張っておくと、吸収のスピードを遅らせることができて、その結果、酔いの回りが遅くなり、いつもよりお酒を長く楽しむことができます。

お酒を飲みながらも、しっかりとおつまみを食べることも重要で、そのときはできるだけ良質なタンパク質を含むものを選び、しょっぱいものや辛いものは避けましょう。

 

しょっぱいものや辛いものを避ける理由は、これらを食べると喉が乾くので、お酒のペースが早くなってしまうから。

ペースが早いとその分酔っ払うのも早いことは分かりますね。

 

サプリメントを上手に取り入れる

お酒を飲むときに摂取するといいと言われているのは、肝臓の機能を高めるオルニチンやセサミン、スルフォラファンなど。

もちろん、これらの成分を豊富に含むゴマやブロッコリーの芽、アルファルファなどの食材を使ったおつまみを食べるのも良いですよね。

 

そして、手軽に摂れるサプリメントも上手に取り入れると、肝臓の機能を助けてくれるので、お酒をより楽しむことができます。

 

これらサプリメントはオススメですが、大量に飲むと逆に肝臓に負担がかかるので、適材適所で適量を摂取するようにしましょう。

参考:お酒が弱い人に現れる主な症状!酒が飲めない人に出やすい症状と対策とは!

 

まとめ

お酒に弱い体質は、遺伝子によって決まっているので、お酒を飲み続けたからといってお酒に強い体質になることはありません。

まずは、自分が遺伝子レベルでお酒に弱いのか?少しは飲めるレベルなのかを検査して、自分の体質を知ってから対策を練ることをオススメ。

 

今回ご紹介した『アルコール感受性遺伝子分析キット』 は、綿棒に口腔粘膜を採取して送り返すだけで検査ができるので、非常に手軽です。

ぜひ、試してみて、自分の体質を把握してくださいね。

 

そして、お酒に強くなる方法でお伝えした飲み方でお酒を楽しめるようになってください。

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください