お酒弱い人は顔が赤くなると危険信号!対策を練って危険を回避!

お酒を飲んでいると、途端に顔が赤くなる人がいますよね。

お酒を飲んで顔が赤くなると、見た目にもかなりお酒を飲んでいて酔っ払っている印象を与えて、恥ずかしいと感じることも。

 

でも、この顔が赤くなる症状は、体からの危険信号です。

顔が赤くなるのが嫌な人は、お酒の飲み方を考えて対策を練り、危険を回避することが必要。

 

なぜ、お酒を飲むと顔が赤くなるのか、そのメカニズムと対策について一緒に見ていきましょう。

 

お酒を飲んで顔が赤くなるのは危険信号!

お酒を飲んでいるときに顔が赤くなるのは、明らかに体からの危険信号です。

顔が赤くなるのは、アルコールの分解の過程で生成される、人体にとって有害なアセトアルデヒドの仕業。

 

アルコールの分解は、主に肝臓で行われますが、その分解の処理能力は人それぞれ異なり、遺伝子によって決まっています。

許容量を超えた量のアルコールが体内に入ってくると、アセトアルデヒドの分解が間に合わなくなり、アセトアルデヒドが血液中に増えてしまいます。

 

アセトアルデヒドは、毛細血管を拡張させるという特徴があるため、許容量を超えてお酒を飲むと顔の毛細血管が拡張し、顔が赤くなってしまうということ。

顔が赤くなるということは、体内のアセトアルデヒドの分解が追いつかなくなっているという、体からの危険信号なのです。

 

お酒を飲んで顔が赤くなることの対策

体質を知ってお酒の許容量を知る

アセトアルデヒドの分解処理能力は、遺伝子によって決まっていますが、これは3つのタイプに分けられています。

アルコールに強い遺伝子をN型、アルコールに弱い遺伝子をD型と言います。

 

そして、ご両親からどちらの型を受け継いだのかによって、あなたのお酒の強さは決まっています。

  1. 活性型(NN型) :お酒に強い体質
  2. 低活性型(ND型):お酒に弱い体質
  3. 不活性型(DD型):全くお酒を受け付けない体質
 
 
 
  活性型(NN) 低活性型(ND) 不活性型(DD)
活性型(NN) 活性型(NN)
活性型(NN)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
活性型(NN)
低活性型(ND)
活性型(NN)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
不活性型(DD) 低活性型(ND)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
不活性型(DD)
 

 

遺伝子レベルでお酒に対する体質を手軽に調べることができるのがこちら⬇️⬇️⬇️

楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

もし、あなたがアセトアルデヒドの分解処理能力が低い遺伝子の持ち主だとしても、お酒の飲み方を変えることで、お酒を楽しむことができます。

ただし、言うまでもなく、許容量を超えて飲むことはダメ!

 

調子に乗って飲みすぎることがないように、節度を持ってお酒と付き合い、楽しみましょう。

 

お酒に酔いにくくする飲み方を知る

空きっ腹ではお酒を飲まない

空きっ腹にお酒を飲むということは、胃が無防備なところにアルコールが入るので避けましょう。

アルコールは体内に入ると、まず胃と腸で吸収されるので、アルコールの吸収をゆっくり穏やかにするためには、胃に膜を張ることが有効。

 

お酒を飲む前に、チーズ、オリーブオイルやバターを使った食べ物、アボカドなど脂肪分の多いものを食べて準備をしておきます。

緑茶やトマトもアルコールの吸収を遅らせる効果があるので、試してみてください。

 

お酒を飲むなら水分補給をしっかりと

アルコールの分解には大量な水が必要ですが、アルコールには利尿作用があるため、尿となって水分が体外に排出されてしまいます。

お酒を飲んでばかりですと、体内の水分が足りなくなり、脱水症状を起こすことも。

 

脱水症状を防ぎ、アルコールの分解をスムーズにするためにも、お酒を飲みながら一緒にお水を飲むことは最重要事項です。

実際に、私自身、お水を意識的に摂るときは、悪酔いすることがありませんし、二日酔いにもなりません。

 

飲み始めのときにはお酒の味を楽しんでいいのですが、酔ってきたなと感じたら必ず意識的に水分補給をして、お酒を飲んだ後にもお水やお茶やスポーツ飲料を飲むこと。

最初から水分補給を意識することは、もちろん、いい心がけです。

 

酔っ払ったらお酒は休憩

酔っ払って顔が赤くなってきたら、思い切って、一旦、お酒を休憩しましょう。

休憩の間にお水を飲んだり、料理を楽しんだりしていると、アセトアルデヒドの分解が進み、再びお酒を楽しむこともできます。

 

アセトアルデヒドの分解には、水とアミノ酸が必要となるので、料理は、良質なタンパク質を含む枝豆、冷奴、卵焼き、焼き鳥、お刺身、ステーキ、チーズなどがおすすめ。

体からの危険信号をキャッチしたら、体を助けるように水とアミノ酸を摂取して、上手にお酒と付き合いましょう。

 

まとめ

お酒を飲んでいて顔が赤くなるのは、アセトアルデヒドの分解処理が追いつかないという体からの危険信号。

まずは、自分がどのくらいお酒に強い体質なのかを遺伝子レベルで知ること。

 

アセトアルデヒドの分解を助けるためには、水とアミノ酸を意識的に摂取することが最重要事項。

顔が赤くなってきたら、お酒は休憩し、水分補給をしながら料理を楽しむこと。

 

お酒に対する体質を把握して、その上で飲み方を工夫し、楽しい飲み会ライフを送りましょう。

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください