お酒に強くなるために飲んで吐くといいは嘘!お酒を吐かないために対策を!

お酒に強くなるためには、とにかく飲んで飲んで飲みまくり、吐いてもいいから飲みまくって強くなるんだ。

アルハラもいいところ、な発言ですが、私も確かにこのように言われたことがあります。

 

とにかく飲んでお酒に慣れることが、お酒に強くなる唯一の方法だよと。

でも、お酒を吐くということは確実に体が悲鳴をあげていて、「これ以上飲まないで」という体からの危険信号であることは、間違いありません。

 

なぜ、お酒に強くなるためには吐くといいと言われるのか、吐くことの危険性と吐かないための対策について、見ていきましょう。

 

お酒に強くなるために吐くといいと言われる理由

アルコールの分解は主に肝臓で行われますが、このときに2種類のアルコール分解酵素が働きます。

一つは、アルコールを有害なアセトアルデヒドに分解するアルコール脱水素酵素(ADH)。

 

もう一つは、アセトアルデヒドを無害なアセテート(酢酸)に分解するアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)。

この二つのアルコール分解酵素は、増やすことも鍛えることもできず、遺伝子によって働きの強さが決まっています。

 

お酒の許容量を超えて飲んでしまったとき、肝臓ではアセトアルデヒドの分解が追いつかなくなり、体が危険だと知らせるために吐き気をもよおして、実際に嘔吐するということになるわけ。

そして、アルコールの分解が限界を超えてしまったときに、元々肝臓に存在し、普段は薬の代謝に働く酵素であるミクロソームエタノール酸化系(MEOS)が、助っ人としてアルコールの分解を助けます。

 

このMEOSは働きが強まると増えると言われている酵素です。

吐くまでお酒を飲んでいるという状態は、MEOSが働いていることになり、飲んで吐いてを繰り返すことでMEOSが増えてお酒に強くなることができるというわけ。

 

このような理由で、お酒に強くなるためには吐くまで飲むといいと言われるのですね。

参考:お酒に強くなる方法!お酒に強くなった人が実践した8つのこと!

 

お酒に強くなるために吐くことが危険な理由

お酒に強くなるため、MEOSを増やそう!と思いましたか?

でも、これは、アルコール依存症への道まっしぐらとなりますよ。

 

アルコールの分解のためにMEOSが増えるということは、明らかに肝臓が悲鳴をあげているということ。

肝臓は沈黙の臓器といわれていますし、知らないうちに大病にかかっていることも考えられます。

 

しかも、MEOSがアルコールの分解に回ると、普段の薬などの解毒ができなくなり、危険。

やはり、吐くまで飲むことは、体には悪いことばかりで、許容量を超えてお酒を飲むことは避けたようが良さそうです。

 

うっかり飲み過ぎてしまって吐き気をもよおしたときは、無理をせず、吐いてしまった方が良いでしょう。

ただし、指を突っ込んで無理やり吐かせることは絶対にやめること。

 

吐くときは、強酸の胃酸も吐くことになり、少なからず食道を痛めてしまいます。

体は吐き気をもよおすと、吐くための準備として唾液を大量に分泌し、食道に膜を張って保護します。

 

この準備がしっかりと整ってから吐くために、無理やり吐かず、自然に任せてトイレで吐くようにしましょう。

参考:お酒が弱いとすぐ吐くのは何故?吐く方が楽になる?その後の対処法は?

 

お酒を吐かないために対策を練る

お酒を飲んで吐くことでお酒に強くなろうとすることは、避けたほうがいいことは分かりましたか?

「酒は飲んでも飲まれるな」の言葉どおり、お酒を飲んで吐くことが無いように対策をすることが重要。

 

空きっ腹では飲まない

空きっ腹でお酒を飲むと、胃と腸からアルコールが一気に吸収されて、一気に酔いが回ります。

お酒を飲む前に何か食べて、胃に膜を張って準備をすることが重要。

 

胃に膜を張るためには、脂肪分のあるものを食べておくことが有効で、おすすめは、チーズ・アボカド・オリーブオイルやバターを使った物など。

 

お酒と一緒にお水を飲む

アルコールの分解には水が必要なので、お酒を飲みながら、お水をたくさん飲みましょう。

すると、アルコールの分解がスムーズに行われるので、アセトアルデヒドが残りにくく、悪酔いしにくくなります。

 

酔っ払ってきたなと思ったら、意識的に水分補給をしてください。

ビールなどお酒は水分補給になりませんので、お酒ばかり飲んでいると、利尿作用でトイレに行く回数が増え、脱水症状になるので、必ず水です。

 

水を大量に飲んでトイレに行くのは、アルコールが分解されて水となっているからなので、大丈夫。

お酒を飲み終わってからも、水分補給をすることで、二日酔いの予防にもなりますよ。

 

参考:お酒に酔わない方法がある?飲んでも酔わない方法は飲む前にコレを!

 

まとめ

お酒に強くなるために、お酒を飲んで吐くことを繰り返すといいなんて、真っ赤な嘘。

お酒に弱い体質の人がお酒を吐くまで飲んで強くなろうとすると、肝臓に負担をかけるだけで、危険要素しかありません。

 

お酒に強くなりたいならば、飲んで鍛えるのではなく、お酒の飲み方を変えることが重要。

お酒を飲んでもお酒に飲まれることがないように、気をつけて、楽しい飲み会ライフを送りましょう。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください