お酒に強くなった人のお酒に酔わなくなった原因。アルコール耐性が強くなる?弱くてもお酒を楽しむ方法とは?

大人になるとお酒の付き合いはたくさん増えますが、お酒に強い人も弱い人も、お酒を飲んで大失敗したこと、ありますよね。

飲みすぎて翌日の仕事を休んだり、飲み会の席で記憶を無くしてしまったり、一人で帰れなかったり、転んで怪我をしたり、タクシーの中で吐いてしまったり、、、。

 

具体例を挙げればキリがないほど。

このような失敗を防ぐためには、お酒に強くなればいいのでは?と思いませんか?

 

では、実際に今よりお酒に強くなる方法はあるのか?どうすれば、お酒の失敗を無くすことができるのか、一緒に見ていきましょう。

 

お酒が強い人と弱い人の違い

お酒に強い人と弱い人がいますが、この違いはどこにあるのでしょうか?

実は、お酒の強さというのは、親から受け継いだ遺伝子によって決まっています。

 

アルコールは体内に入ると、胃と小腸から吸収されて血液に溶け込み、門脈を通って肝臓に運ばれて分解されます。

 

肝臓では、まず、ADHというアルコール脱水素酵素によって、アセトアルデヒドに分解。

さらに、ALDH2というアセトアルデヒド脱水素酵素によって、酢酸に分解され、最終的には水と二酸化炭素にまで分解されて、尿や汗や呼気となり体外に排出。

 

この分解の過程で働くADHとALDH2の働きの強さが、そもそも遺伝子で決まっているのです。

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

下戸遺伝子

アルコールを分解する酵素の遺伝子には、D型(不活性型)とN型(活性型)があり、この二つの組み合わせにより、次の3つの型に分類されます。

  1. 活性型(NN型) :お酒に強い体質
  2. 低活性型(ND型):お酒に弱い体質
  3. 不活性型(DD型):全くお酒を受け付けない体質

 

ご両親からD型遺伝子を受け継ぐとDD型、一方からD型、もう一方からN型を受け継ぐとND型、ご両親からN型を受け継ぐとNN型というわけ。

 

遺伝子を簡単に検査できるキットがあります。

お酒と上手に付き合っていくためには、自分の体質を知ることが大切なので、気になる方はこちらから⬇️⬇️⬇️

楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

お酒に強くなった人は本当にいるのか?

実際に私の周りでも、「最近お酒を飲んでも酔っ払わなくなって、お酒に強くなったんだよ」と言う人がたくさんいます。

でも、お酒の強さは遺伝子で決まっているから、途中でお酒の強さが変わることはないはず。

 

でも、実際にいるということは、お酒に強くなる方法があるということですよね。

お酒を飲み続けて気合いで飲めるようにする、とか、浴びるほど飲んで吐いて体を慣れさせる、とか、根性論的な噂はあるようだけれど、真相はどうなのでしょう?

 

参考:お酒に強くなった人の急にお酒が飲めるようになった話。

 

お酒に酔わなくなった原因はアルコール耐性が強くなるから?

実は、アルコールを分解する酵素はもう一つあります。

通常は、先ほどご説明したADHとALDH2によってアルコールの分解は行われるのですが、お酒を大量に飲んでADHでの分解が間に合わなくなると、MEOSという酵素が助っ人となってくれるのです。

 

ADHとALDH2は遺伝子で決まっていますが、このMEOSはお酒を飲み続けることで増えると言われているので、飲み続けているとお酒に強くなる、と言えるということ。

では、毎日飲み続ければお酒に強くなれていいかというと、それは間違いです。

 

MEOSが増えると、アルコール耐性が強くなりますが、同時に薬への耐性も強くなってしまい、風邪薬が効かなくなったり麻酔が効かなくなったりという弊害が出ることも。

元々MEOSは、肝臓で薬剤を分解処理するために存在する酵素なのですが、アルコールの過剰摂取によってMEOSが働くようになると、肝機能障害への道まっしぐらと言われていて、アルコール依存症や肝硬変、ガンになるリスクが高まります。

 

お酒に強くなれるけれど、病気にもかかりやすくなるということ。

あなたは、どちらを選びますか?

 

参考:飲み会でお酒が飲めない人必見!飲み会で飲まない方法と飲まなくても楽しむ方法!

 

お酒を楽しむためには?

ADHやALDH2は遺伝子によって決まっているし、MEOSを増やそうとすると病気になるリスクが上がる。

では、お酒を楽しむには、どうしたら良いのでしょうか?

 

答えは、まず、自分のアルコールへの耐性を知り、許容量を知った上で、お酒の飲み方を工夫することです。

『アルコール感受性遺伝子分析キット』 で自分のアルコール感受性遺伝子を知って、お酒との付き合い方を考えましょう。

 

DD型の遺伝子の持ち主は、無理をしてはいけませんが、ND型とNN型の人は、飲み方を工夫すれば、今よりもっと飲めるはずですし、楽しむことができるはず。

 

飲み方の工夫

空きっ腹で飲むのはやめましょう。

お酒を飲む前に、胃壁に膜を張るために油分のある食べものを食べることが良く、チーズやオイルを使ったドレッシングをかけたサラダやヨーグルトなどを食べること。

 

お酒を飲んでいる間も、しっかりとおつまみを食べますが、おつまみも、良質なタンパク質を含むものやセサミンや食物繊維を含むものなど、アルコールの分解を助けてくれるものを選びます。

具体的には、枝豆や卵料理、冷奴、お刺身、焼き鳥、ステーキ、チーズ、ゴーヤチャンプルーなどからあなたのお好きなものを。

 

そして、アルコール分解には水分も大量に使われるので、お酒とともにお水をたくさん飲みましょう。

ビールをはじめアルコールには利尿作用があるので、トイレに行く回数が増えますが、そのままですと体が水分不足になり脱水症状になるので、水分補給は必須です。

 

お酒を飲みながら、できれば同量のお水を飲んでください。

また、お酒を飲み終わった後も水分補給は重要で、寝る前にもコップ一杯の水を飲むと、寝ている間にアルコールの分解が進んで、二日酔いにもなりません。

 

お酒を飲むペースも気をつけるべきことで、一気飲みをすると急に酔いが回ることからも分かるように、ペースが早いとダウンも早いです。

お酒を飲むというよりもお酒を味わう感覚で、ゆっくりと飲むことがおすすめですよ。

 

参考:お酒をゆっくり飲む方法!綺麗な飲み方でお酒に酔わないコツ!

 

まとめ

お酒の失敗は誰でも避けたいもの。

でも、アルコールの強さは遺伝子で決まっているので、どうすることもできません。

 

なので、少しでもお酒を楽しむためには、まずは自分の体質を知り、その上でお酒の飲み方を工夫すること。

アルコールの耐性は、人それぞれ違うので、自分に合った飲み方で、楽しくお酒と付き合っていきましょうね。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください