お酒が弱い人でも飲み会を楽しむコツと対策!飲めるお酒はコレ!

お酒が飲める年齢を過ぎると、友達同士で、大学や社会人サークルで、職場でなど、いろいろなシチュエーションでお酒を飲む機会が増えてきます。

お酒が強い人は、飲んでも気分が良くなったりリラックスできたりしていいのですが、お酒が弱い人にとっては飲み会でお酒を飲まなけらばならないって、結構な苦痛だったりしますよね。

 

でも大丈夫!!!

お酒が弱い人でも飲み会を楽しむコツと対策、オススメのお酒があります。

 

お酒が弱い人が飲み会を楽しむコツ!

とにかく楽しむ

まず大切なことは、あなたの意識です。

「行きたくない」という気持ちで参加するのと、「とにかく楽しむ」という気持ちで参加するのとでは雲泥の差。

とは言っても、いきなり意識を変えることは難しいですか?

 

ですが、あなたが飲み会を楽しみたいのであれば、まず自分から変わりましょう!

「とにかく楽しむ」という意識を持って参加することで、いつもと違った雰囲気を味わえるはずですよ!

 

自分のペースを知る

飲み会が楽しくない理由のひとつは、お酒が弱いためにすぐ具合が悪くなってしまうから。

例えば周りのペースが早くて、そのペースにつられて飲んでいるとどうなってしまいますか?

 

周りのペースにつられて酔っ払い、具合が悪くなることを避けるには、まず自分のペースがどれくらいかを知ることです。

このくらいのペースで飲めば大丈夫、このペースより早くなると具合が悪くなる、という自分なりの感覚をつかんでおけば、悪酔いはしにくいはず。

ゆっくり飲めば、アルコールの吸収スピードも遅いので、飲み会を長く楽しむことができますよ!

 

飲みの強要は断固拒否

飲み会の席でたまに飲みの強要があるようです。

最近はアルコールハラスメントも取り上げられるので、少なくなってはいますが、あなたにお酒を無理に飲ませようとする人がいても断固拒否してください。

「こんなに飲むと吐いちゃうんで」とか「後処理してくれるんですか?」と言って必ず断ること!!

 

大人ですから自分の身は自分で守りましょう。

それでもしつこい人とは関わる義務はないので、今後は距離をおきましょう。

 

会話を楽しむ

ひとりで飲んでいるわけではないので、周りの人との会話を楽しむことも飲み会を楽しむ醍醐味です。

友達同士の飲み会なら、普段話せないようなこともお酒の力を借りて話したり、会社の飲み会なら、普段プライベートなことを話さない人とざっくばらんに打ち解けてみること。

このように、会話を楽しむ意識を持って飲み会に参加することも、飲み会を楽しむコツですよ。

 

飲み会を楽しむための対策!

料理をしっかりと食べる

お酒の酔いを遅くするためには、空腹の状態で体内にアルコールを入れることは避けましょう。

美味しい料理もたくさんあるでしょうから、食べることを楽しんでください。

 

食べることに集中すれば、自然とお酒のペースも落ちるので一石二鳥。

 

水を飲む

お酒を飲むときはお酒と一緒に必ずお水を飲みましょう。

アルコールの濃度を下げてくれる効果もありますし、何よりお酒を飲んでいるときに水分を摂らないと脱水症状となり身体が危険です。

 

その上、水はアルコールを分解するために体内で大量に必要になるので、二日酔いを予防するためにも必要不可欠。

お酒と同量かそれ以上にお水を飲むように心がけましょう!

 

お酒を選ぶ

飲み会で、あなたは何を頼みますか?

みんなと同じものでいいなんて言っていたら、何を飲まされるか分かったもんじゃありません。

きちんと自分で選ぶべきです。

 

オススメのお酒は、酎ハイです。

グレープフルーツ酎ハイやレモン酎ハイ、ウーロンハイに梅干し酎ハイなど様々な種類があって飽きないですし、お店の人に頼めるならばアルコール度数低めに作ってもらうことも可能。

他の参加者にバレたくなければ、持ってくるときに店員さんがそっと渡してくれるように頼んでおきます。

「グレープフルーツ酎ハイアルコール薄めの方〜」なんて大声で言われたくないですよね。

 

それから、最近はノンアルコール飲料も多種多様で、ノンアルコールビールのほかノンアルコールワインやノンアルコール日本酒などありますし、ノンアルコールカクテルに至っては、数え切れないほどの種類が出ています。

本当にカクテルに引けを取らないほどにありますよ。

 

烏龍茶やジンジャーエールなどのソフトドリンクを頼むよりも、お酒を頼んでいる感がありますので、ノンアルコール飲料の中で自分のお気に入りを見つけてみるのもいいでしょう。

 

飲み会に行く前の準備!

体調管理

体調不良だとお酒を飲みたくもないし、飲んでも美味しくないし、酔いも早く回るため、飲み会の日は体調を万全に整えて参加しましょう。

風邪などの病気だけではなく、睡眠不足やストレスや疲れによっても飲み会を楽しめないことがあるので、前日からしっかりと体調管理をしましょうね。

 

サプリに頼る

サプリメントに頼る方法もあります。

これさえ飲んでおけば具合が悪くならないというわけではありませんが、飲んでいるという安心感もありますし、実際にウコンやヘパリーゼなどは肝臓の働きを助けてくれ、アルコールの分解を促進するものです。

 

良いサプリメントを見つけて、飲み会のお供にしてください。

参考:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

まとめ

お酒が弱いからといって飲み会を楽しめないなんていうことはありません。

確かにお酒が強い人よりも少量のお酒を飲んだだけで早くから酔いが回ってしまい、飲みすぎるとダウンしてしまうなんてこともあるでしょう。

ですが、この記事を参考にして、いろいろな対策を立て、お酒をきちんと選び、体調も万全にして飲み会を楽しんでください。

 

また、どうしても参加したくない場合は、断ることも自分を守るために大切なことです。

参加する飲み会を選び、とにかく楽しむことを意識して、楽しい飲み会ライフを送ってくださいね。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください