お酒に強いか弱いか診断の基準は?3つの体質チェックで強さ判定!

世の中には、お酒をたくさん飲んでも酔いつぶれることがないお酒に強い体質の人と、お酒を少し飲んだだけで酔いつぶれてしまうお酒に弱い体質の人がいます。

あなたは、自分が、お酒に強い体質なのか、お酒に弱い体質なのか、しっかりと把握できていますか?

 

お酒に強い体質か弱い体質か、しっかりと診断を受けたことはありますか?

大人になると、友達同士や会社関係や親戚の集まりなど、様々な場面でお酒を飲む付き合いがありますよね。

 

そんな時に悪酔いしてしまい、周囲に迷惑をかけているようでは、大人として失格。

お酒に強いか弱いかは、遺伝子で決まるところも大きいので、あなたの体質をチェックし、強さ判定をして、上手にお酒と付き合っていけるように、しっかりと見ていきましょう。

 

お酒に強いか弱いかの基準とは?

ビールを10杯飲んでも変わらなければお酒に強いと言えますし、ビールを1杯飲んでかなり酔っ払うとしたらお酒に弱いと言えますが、明確な基準はありません。

ただ、やはり大人数で飲んだ時に、周りと比べて自分がお酒に強いのか弱いのか、ということは判断できますね。

 

同じペースで飲んでいて、酔うのが遅ければお酒に強いし、すぐに酔ってしまえばお酒に弱い。

そして、お酒に強いか弱いかというのは、実は、遺伝子によるところが大きいのです。

 

お酒を飲むと、アルコールは肝臓で分解されますが、お酒を飲んだ時に私たちの体の中でどのようにアルコールが分解されていくのか、まずは、アルコールの分解の仕組みについて見ていきましょう。

 

アルコールの分解の仕組み

アルコールを摂取すると、胃から20%、小腸から80%の割合で吸収され、血液を通って身体中に運ばれます。

アルコールの中のエタノールが脳を麻痺させるとほろ酔い状態になりますが、この段階ではほろ酔いというだけあって気持ちの良い酔い方。

 

アルコールの分解は肝臓で行われるため、アルコールは門脈を通って肝臓に運ばれます。

肝臓では、アルコール脱水素酵素(ADH1B)の働きによって、アルコールからアセトアルデヒドに分解。

 

続いて、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きによって、アセトアルデヒドからアセテート(酢酸)に分解。

最終的には、水と二酸化炭素にまで分解されて、尿や汗や呼気となり体外に排出されるという仕組み。

 

このアセトアルデヒドが人体にとって有害であり、悪酔いや頭痛などの症状、そして二日酔いを引き起こすのですが、お酒に弱い人というのは、このアセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きが弱いため、すぐに酔っ払ってしまう。

しかし、この働きは遺伝子によるので、どうすることもできません。

 

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

悪酔いしやすい人の特徴

お酒に強い弱いに関わらず、悪酔いしやすい人(嘔吐や頭痛などになり具合が悪くなりやすい人)がいます。

これは、先ほどのADH1BとALDH2という2つのアルコール分解酵素の働きが関係しているもの。

 

どちらの酵素の働きも遺伝子によって決まっているのですが、ここで注目したいのが、悪酔いの原因のほとんどがアセトアルデヒドだということです。

アセトアルデヒドが分解されずに、体内に留まった状態だと悪酔いしやすいのですね。

 

つまり、ADH1Bの働きが活発でALDH2の働きが不活性だと、アセトアルデヒドがたくさん生成されて分解されない。

この遺伝子タイプが、一番悪酔いしやすいタイプとなるということです。

 

少し難しい話になってきたので、ここから、実際にあなたの体質をチェックする方法をご紹介しましょう。

参考:お酒が弱い人に現れる主な症状!酒が飲めない人に出やすい症状と対策とは!

 

体質チェックで診断をして強さ判定しよう!

自宅で簡単に調べる方法:アルコールパッチテスト 

自宅で、自分がお酒に強い体質か弱い体質かを調べる方法があります。

それが、アルコールパッチテスト。

 

やり方を説明します。簡単なので、是非ご自宅でやってみてください。

用意するものは、ガーゼ(薬剤のついていない絆創膏でも良い)と消毒用のアルコールとあなたの体だけ。

 

  1. ガーゼまたは薬剤のついていない絆創膏に消毒用のアルコールを染み込ませて、上腕の皮膚の柔らかい部分に貼ります。
  2. 7分後、ガーゼまたは絆創膏を剥がしてみて皮膚が赤くなっていたら、アルコールを全く受け付けない体質です。
  3. ガーゼまたは絆創膏を剥がした時は赤くなっていなかったが、剥がしてから10分後に赤くなっていたら、アルコールに弱い体質です。10分経っても赤くなっていなければアルコールに強い体質です。

 

また、体質は遺伝なので、ご両親がお酒に強いか弱いかということも、体質に大きく関わってきます。

では、お酒に弱いから全く飲めないのかというと、そうではなく、お酒も飲み方によって酔い方が違いますので、お酒の上手な飲み方や自分のペースを見つけて、お酒と上手に付き合っていくことですね。

 

参考:アルコールパッチテストで赤くなると下戸?やり方と信頼性を徹底解明!

 

自宅で簡単に調べる方法:TAST

もっと簡単にお酒に強いか弱いかを調べる方法が、こちらの東大式ALDH2表現型スクリーニングテスト。

TASTと呼ばれるもので、次の13個の質問に答えていき、当てはまる項目の点数を足して合計がプラスであればお酒に強い体質、マイナスであればお酒に弱い体質だということ。

 

お酒を飲んだ時に、あなたはどのような症状が出るのか出ないのか思い出して、電卓片手にチェックしてみましょう。

*TASTを紹介しているサイトで、プラスならお酒に強い体質、マイナスならお酒に弱い体質となっていましたが、プラスであれば多少は飲める、マイナスだとお酒を受け付けない体質だと私は考えます。

 

遺伝子レベルでしっかり判定:アルコール感受性遺伝子検査

アルコールパッチテストは簡易的なため、稀にお酒に弱くても皮膚が赤くならない場合があります。

なので、自分がお酒に強いのかお酒に弱いのか遺伝子レベルで検査をして、あなたの体質をしっかりと知っておくことをおすすめ。

 

アルコール感受性遺伝子検査は、遺伝子レベルでお酒に対する体質を調べることができる検査です。

こちらは、送られてくるキットに入っている綿棒に口腔粘膜を採取し、申込書と一緒に送り返すだけという実に簡単なもの。

 

9つのタイプからADH1BとALDH2の遺伝子の型が分かり、自分がどのくらいアルコールに耐性があるのか、つまり、どのくらいお酒に強いのかを知ることができます。

アセトアルデヒドが体内に留まりやすい体質かどうかも知ることが可能。

 

また、この検査で、アルコールによる健康被害のリスクも調べられるので、アルコール依存症やガンになりやすい体質かどうかも調べられます。

お酒によって健康を害することは避けたいので、遺伝子レベルで自分の体質を知っておくということは、とても大切なこと。

 

お酒とうまく付き合っていくためにもこの検査をして、自分の体質を把握しておくことをおすすめします。

楽しく長くお酒を楽しむための『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

そして、ご両親からアルコールに強い遺伝子(N型)、アルコールに弱い遺伝子(D型)のどちらを受け継いだのかによってお酒の強さが分かります。

  活性型(NN) 低活性型(ND) 不活性型(DD)
活性型(NN) 活性型(NN) 活性型(NN)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
低活性型(ND) 活性型(NN)
低活性型(ND)
活性型(NN)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
不活性型(DD) 低活性型(ND) 低活性型(ND)
不活性型(DD)
不活性型(DD)
  1. 活性型(NN型) :お酒に強い体質
  2. 低活性型(ND型):お酒に弱い体質
  3. 不活性型(DD型):全くお酒を受け付けない体質

 

ご両親ともにNN型ならば必ずNN型になりお酒に強い体質、ご両親ともにDD型ならば必ずDD型になり全くお酒を受け付けない体質、ご両親ともにND型ならばどの体質も可能性があります。

いわば血液型のように、お酒に対する体質も遺伝によって決まってくるということ。

 

家族で検査をして、どの遺伝子を受け継いでいるのか見てみるのも面白いかもしれませんね。

楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

まとめ

大人になると、お酒の付き合いは多くなるものです。

ときには、仕事の場面でのお酒の付き合いもありますが、そこでお酒の失敗は避けたいもの。

 

自分が、どのくらいお酒に強いのか弱いのか、遺伝子レベルで知っておくことは、今後、お酒を楽しむ上で欠かせないこと。

しっかりと検査をして、自分の体質を知り、楽しい飲み会ライフを送りましょう。

 

楽しく長くお酒と付き合うための『アルコール感受性遺伝子分析キット』

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください