下戸の特徴。下戸遺伝子を持つ体質は悔しいけど克服できないのか?

下戸は遺伝子によって決まっています。

つまり、下戸体質の人は、どう頑張ってもお酒に強くなることはできません。

 

とはいえ、下戸だけど下戸を克服してお酒を飲みたいし、飲み会にだって参加したいし、お酒を楽しみたいと思っている人は多いと思います。

そこで今回は、下戸の特徴と体質について、そして、下戸がお酒を楽しむ方法について見ていきましょう。

 

きっとあなたも、今よりもっと、お酒を楽しむことができるし、飲み会を楽しむことができますよ!

 

下戸の特徴

下戸の定義は、Wikipediaに次のように記載があります。

下戸(げこ)とは、体質的に酒やアルコール飲料を飲めない人のことを言う。

 

さらに、次のように記載されています。

古くから日本では、酒を全く飲めないか、または飲める量が他と比較しても少ない人を「下戸」と呼び、その対義語には「上戸」が宛てられる。酒類を多量に飲む行為やそれを行う向きを指して俗に「うわばみ」「ざる(水を汲んでも満ちない意を掛けている)」と呼び、また殊のほか酒類に強い向きを「酒豪」という。

 

お酒が全く飲めない人や、少しは飲めるけれども周りと比べてすぐに酔っ払う人を「下戸」、逆にお酒を飲んでも酔っ払うまでが遅く、たくさん飲める人を「上戸」というのですね。

下戸の特徴としては、お酒を飲むと酔っ払って顔が赤くなったり、眠くなったり、頭痛や吐き気など体調が悪くなったりします。

 

下戸でも、お酒が飲めるようになり二日酔いにもならなくなった極意はこちらから⬇️⬇️⬇️

参考:下戸でもお酒が飲める!気持ち良く酔える!人生を変える方法!

 

下戸遺伝子を持つ人の体質

下戸遺伝子とは、アルコールの分解能力が低い遺伝子のことで、下戸遺伝子を持って生まれた人はお酒が弱いです。

私たち日本人を含むモンゴロイドはこの遺伝子を持つ人の割合が大きいと言われていて、日本人の約半数がお酒が全く飲めないもしくはお酒に弱い体質の持ち主。

 

まず、お酒を飲んだ時に私たちの体の中で起こる、アルコールの代謝について説明します。

アルコールは体内に摂取されると、まず、胃と小腸で吸収されて血液に溶け込み、門脈を通って肝臓まで運ばれます。

肝臓では、ADH1Bというアルコール脱水素酵素と、MEOSというミクロソームエタノール酸化系という酵素の働きによって、アルコール(エタノール)を有害なアセトアルデヒドに分解。

そして、このアセトアルデヒドを無害なものに分解してくれるのが、ALDH2という2型アルデヒド脱水素酵素で、アセトアルデヒドを無害なアセテート(酢酸)に分解。

さらに、水や二酸化炭素にまで分解されると、尿や汗や呼気となって体外に排出される。

 

有害なアセトアルデヒドとあるように、実は、お酒を飲むと起こる厄介な症状である頭痛や吐き気、二日酔いはすべてこのアセトアルデヒドが原因。

下戸遺伝子を持っていると、このアセトアルデヒドを分解する力が弱いため、具合が悪くなったり、二日酔いを招いたりするのです。

 

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

あなたの体質をチェックしてみよう

お酒に強いか弱いか、体質を調べる方法はいくつかあります。

自宅で簡単にできるものもありますし、検査機関に依頼して遺伝子レベルで調べることもできます。

 

ここでは、東大式ALDH2表現型スクリーニングテスト(TAST)、アルコールパッチテスト、アルコール感受性遺伝子検査の3つをご紹介。

 

東大式ALDH2表現型スクリーニングテスト

まずは、一番簡単なこちらの方法からご紹介しましょう。

東大式ALDH2表現型スクリーニングテスト(TAST)と呼ばれるテスト。

 

下の表を参考に、あなたがお酒を飲んだ時にどのような症状が出るかを思い出しながら、テストしてみてください。

自分に当てはまるところの点数を足していき、合計がプラスになったらお酒に強い体質、マイナスになったらお酒に弱い体質となります。

 

 

アルコールパッチテスト 

続いては、アルコールパッチテストをご紹介。

用意するものは、ガーゼ(薬剤のついていない絆創膏でも良い)と消毒用のアルコールの2つだけです。

 

  1. ガーゼまたは薬剤のついていない絆創膏に消毒用のアルコールを染み込ませて、上腕の皮膚の柔らかい部分に貼ります。
  2. 7分後、ガーゼまたは絆創膏を剥がしてみて皮膚が赤くなっていたら、アルコールを全く受け付けない体質です。
  3. ガーゼまたは絆創膏を剥がした時は赤くなっていなかったが、剥がしてから10分後に赤くなっていたら、アルコールに弱い体質です。10分経っても赤くなっていなければアルコールに強い体質です。

 

ガーゼや絆創膏、消毒用アルコールはドラッグストアなどですぐに揃えられるので、ぜひ、テストしてみてください。

 

アルコール感受性遺伝子検査

最後は、検査機関に依頼して遺伝子レベルでしっかりと検査をしてもらう方法です。

このアルコール感受性遺伝子検査は、もちろん病院でも検査することができるのですが、今回は、ネットで簡単に取り寄せて検査を依頼できるこちらをご紹介。

 

楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

送られてくるキットの中にある綿棒のようなものに口腔粘膜を採取して、申込書と一緒に郵送で送り返すだけで、約10日で結果が分かります。

 

9つのタイプから診断されて、お酒に強い体質かお酒に弱い体質かがしっかりと把握できます。

お酒を飲むときにあなたが気をつけるべき点や、アルコールが原因の病気になりやすいかどうかなども診断されてアドバイスも付いてくるのでおすすめ。

 

これから長くお酒と付き合っていくならば、まず、自分の体質をしっかりと把握することが大切です。

楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

下戸克服

下戸を克服することは、残念ながらできません。

なぜなら、下戸体質というのは、先祖代々受け継がれてきた遺伝子によって決まっているから。

 

でも、たとえ下戸だとしても、飲み会やお酒を楽しむことはもちろんできます。

 

下戸がお酒を楽しむ方法

下戸体質の人がお酒の席を楽しむには、まず、飲み物を厳選しましょう。

最近は、車を運転する人や健康上の理由でお酒が飲めない人でも、お酒らしさを味わうためのノンアルコールドリンクが豊富です。

 

ノンアルコールビールはもちろん有名ですが、そのほか、ノンアルコールワインやノンアルコール日本酒、ノンアルコールウイスキーやノンアルコールカクテルなど、たくさんの種類のノンアルコールドリンクがあります。

そしてもちろん、居酒屋やバーなどのお店でも豊富に取り扱っています。

 

たとえノンアルコールドリンクでも、ソフトドリンクを飲むよりはお酒感がありますので、お酒を飲んでいる人たちとの距離もグッと縮まるはず。

もし、あなたが多少飲めるクチならば、アルコール度数の低いお酒を楽しむこともできますね。

 

シードル、酎ハイ、梅酒ソーダ、シャンディーガフ、サングリアなどアルコール度数が低くて美味しいお酒はたくさんあります。

そして、お酒の飲み方を工夫することで、もっとお酒と仲良く付き合うことができます。

 

要するに、お酒の飲み方を変えることで、お酒を楽しむことができるということ。

 

空きっ腹でお酒を飲まない

空きっ腹だと胃や小腸に食べ物が何も無いため、アルコールが一気に吸収されてしまいます。

アルコールが一気に吸収されると酔いが急激に回ることに。

 

下戸でもお酒を楽しみたいのであれば、アルコールの吸収を穏やかにしてあげる工夫をしましょう。

お酒を飲む前に、チーズやヨーグルト、オリーブオイルをかけたサラダ、アボカドなど脂肪分の多い食べ物を食べて準備をすること。

 

これだけで、アルコールの吸収を穏やかにできます。

 

お酒と一緒にお水を飲もう

アルコールの吸収を穏やかにしたら、次は、アルコールの分解を助けるために、お酒と一緒にお水を飲んで水分補給をしましょう。

アルコールの分解には水分を大量に必要とします。

 

その上、アルコールの利尿作用によって、お酒を飲むとトイレが近くなり、体内の水分は不足しがち。

アルコールの分解とアルコールの利尿作用、このダブルパンチで体内は脱水症状になりやすいので、お酒を飲む時には一緒にお水を飲んでください。

 

アセトアルデヒドが分解されて、悪酔いも防ぐことができますよ。

 

おつまみを上手に選ぼう

アルコールの分解には、水と同様にアミノ酸が必要になります。

アミノ酸を補うためには、良質なタンパク質を豊富に含むおつまみを、上手に選ぶと良いでしょう。

 

とは言っても、意外と定番のおつまみには良質なタンパク質を含んでいるものが多いもの。

例えば、枝豆、焼き鳥、お刺身、豆腐料理、卵料理、ステーキなどは、タンパク質を豊富に含んでいます。

 

また、これらの食べ物は胃や小腸にもとどまりやすく、アルコールの吸収も穏やかになるので一石二鳥です。

 

ペース配分をしよう

ハイペースでお酒を飲むと、アルコールが回るスピードが速くなり、酔っ払いやすいです。

お酒を飲む時には、会話を楽しみながら、お酒と料理との相性を楽しみながら、お酒をじっくりと味わいながら、ゆっくりとしたペースで飲むことをおすすめ。

 

見た目にも綺麗ですし、体にも優しくて、しかも長くお酒を楽しめます。

 

飲み会の楽しみ方

お酒の選び方とお酒の上手な飲み方を知って、飲み会を楽しめるようになったら、酔っ払いの観察をしてみるのも楽しいものです。

お酒を飲んでいると本音が出たり、人間性が垣間見えたりするので、普段と違う一面を知ることができて楽しいはず。

 

そして、お酒の飲み方を知ったあなたは、飲み会でも余裕ができるので、会話も思いっきり楽しめるでしょう。

今まで、酔いつぶれて損をしていた分も、これからは楽しむことができますよ。

 

下戸のあなたが飲み会を楽しもうとするなら、料理を楽しむこともいいですね。

お酒があまり飲めないから割り勘負けしてしまうと嘆いているならば、いっそのことお酒ではなく料理を楽しむこともあり。

 

普段は食べられない高級食材を使った料理や、お店自慢の創作料理、珍味など、思いっきり楽しんでください。

飲み会は、いつでもどこでも楽しんだもん勝ちですよ!

 

参考:お酒に強くなる方法!お酒に強くなった人が実践した8つのこと!

 

まとめ

あなたが下戸だとしても、必ず、お酒を楽しむことはできるし、飲み会を楽しむこともできます。

まずは自分の体質を知ることが重要ですし、下戸は下戸なりに工夫をしましょう。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください