お酒が弱い人の特徴!お酒を飲むと顔が赤くなる!その症状と対策!

お酒が弱い人の特徴として、お酒を飲むとすぐに顔が赤くなってしまう人は多いです。

男性から見て、お酒を飲んだ女性の顔が赤くなっていると、可愛らしいと思う人も多いですが、当の本人からすると恥ずかしかったりするもの。

 

また、お酒を飲んで顔が赤くなっている男性は、少し頼りなく見えてしまって、こちらも当の本人は恥ずかしいものですよね。

お酒が弱い人がお酒を飲んだ時に、なぜ顔が赤くなってしまうのか、その症状と対策について一緒に見ていきましょう。

 

お酒が弱い人の特徴:顔が赤くなる

お酒が強い人でも、お酒を飲み続けていると顔が赤くなる人はいますが、お酒が弱い人の方が顔が赤くなる症状が出やすい特徴があります。

お酒を飲んでいて顔が赤くなる原因は、アルコールが体内に入って分解される過程で生成される物質、アセトアルデヒド。

 

お酒に強い人は、これを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きが強いので、アセトアルデヒドからすぐに酢酸に分解されて、アセトアルデヒドが体内に残りにくい。

反対にお酒に弱い人は、ALDH2の働きが弱いため、アセトアルデヒドが体内に残ってしまい顔が赤くなってしまうというわけです。

 

ALDH2の働きは、遺伝子によるところが大きく、働きを強くするために増やしたり鍛えたりすることは、残念ながらできません。

お酒を飲んで顔が赤くなっても、しばらくすると赤みが消えるという人もいます。

 

このような人はお酒に弱いといっても、ALDH2はそこそこ働いていると考えられるので、ゆっくりと長くお酒を飲み続けることができる人。

もちろん飲みすぎることはいけませんが、お酒の飲み方を考えて工夫することで、悪酔いや酔い潰れることは避けられるでしょう。

 

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

お酒が弱い人の特徴:症状と対策

さて、お酒が強い人もお酒が弱い人も、お酒を飲んでも顔が赤くならないようにするために、また、お酒を飲んで顔が赤くなってしまったときには、どのような対策をすれば良いのでしょうか?

顔が赤くなるのは体の反応なので、これをすれば絶対に赤くならないという方法は無いのですが、赤くなりにくくする対策はあります。

 

顔が赤くならないための対策①:アルコール度数の低いお酒を選ぶ

顔が赤くならないための対策①は、顔が赤くなる原因であるアセトアルデヒドをなるべく生成しないために、アルコール度数の低いお酒を選んで飲むこと。

体内に吸収されるアルコールの量を少なくすれば、アセトアルデヒドの生成も抑えることができるので、顔が赤くなる症状を防ぐことができるでしょう。

 

アルコール度数の低いお酒は、シードル、ビール系カクテルと薄めに作ってもらえる水割り、お湯割り、ソーダ割り、ジュース割りのお酒やカクテルなど。

ノンアルコール飲料も美味しいものがたくさんありますので、ノンアルコールカクテルなどもおすすめです。

 

顔が赤くならないための対策②:アセトアルデヒドの分解を助ける

アルコールの分解には水とアミノ酸が必要不可欠。

そこで、顔が赤くならないための対策②は、お酒を飲むときはお水を飲むことと良質なタンパク質を含むおつまみを選んで食べることです。

 

お酒には利尿作用があり、アルコールの分解にも大量に水が必要となるため、お酒を飲むと体は脱水症状を起こしやすくなります。

お酒を頼むときには一緒にお水も頼み、お酒と同量のお水を飲んで水分補給を心がけましょう。

 

良質なタンパク質を含むおつまみは、枝豆、焼き鳥、豆腐、お刺身、卵焼きなど。

タウリンを豊富に含むイカやタコを使った料理も、アルコールの分解には効果的です。

 

また、お酒を飲む前に、肝臓の働きを助ける効果のあるサプリメントを飲んでおくことも有効。

ドリンクタイプでもいいですし、錠剤タイプですと持ち運びにも便利です。

 

参考:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

顔が赤くなったときの対策①:顔を冷やす

お酒を飲んでいて顔が赤くなったときの対策①は、ほてった顔を冷やすことです。

手で顔を覆って冷やしたり、うちわなどであおいだり、外の空気に当たって冷やしたりすると良いでしょう。

 

でも、顔が赤くなっていても楽しく過ごしていれば、周りはあなたが思っているほど気にしていないかもしれませんので、顔が赤くなって恥ずかしいなどと気にするよりは、飲み会を楽しもうとする方が得策ですね。

あまり気にしない方が良いかもしれませんよ。

 

顔が赤くなったときの対策②:お酒は休憩する

顔が赤くなったときの対策②は、顔が赤くなったということは、アセトアルデヒドが体内を巡っているということなので、お酒を一旦休憩することです。

お酒を一旦休憩して、お水を飲みながら過ごしていると、アルコールの分解が進んでアセトアルデヒドが酢酸に分解され、赤みは引いてくるでしょう。

 

一旦休憩して顔の赤みが引いてきたら、また少しお酒を飲むことができますよ。

参考:お酒をゆっくり飲む方法!綺麗な飲み方でお酒に酔わないコツ!

 

まとめ

飲み会でお酒を飲んだ時に顔が赤くなると、周りはあまり気にしないかもしれませんが、本人は恥ずかしくて気になるもの。

お酒を飲んで赤くならないための対策と赤くなったときの対策は次のとおり。

 

  • アルコール度数の低いお酒かノンアルコール飲料を選ぶ
  • アセトアルデヒドの分解を助けるため水とアミノ酸を補給する
  • 赤くなったら顔を冷やす
  • 赤くなったらお酒は一旦休憩する

 

しっかりと対策をして上手にお酒と付き合い、楽しい飲み会ライフを送りましょう。

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください