お酒が弱い人の特徴!お酒が弱いとすぐ吐く!その症状と対策!

お酒が弱い人は、お酒を飲むと気分が悪くなってすぐ吐くことがありますよね。

特に飲み会の席では雰囲気やノリもあり、ついつい自分の許容量を超えて飲んでしまって、あとで後悔するなんてことも。

 

お酒を飲んで吐いてを繰り返して、お酒に慣れればお酒に強くなれるなんて話もあるようですが、あれは嘘ですから。

飲んで吐くと周りに迷惑をかけることにもなりますので、避けたいですよね。

 

今回は、お酒が弱い人の特徴とお酒が弱い人に出やすい症状とその対策について、見ていきましょう。

 

お酒が弱い人の特徴:すぐ吐く原因

お酒が弱い人というのは、元々のお酒の許容量が少ないため、強いお酒を飲んだりすると、すぐに吐いてしまいます。

お酒の許容量は人それぞれですし、その日の体調によっても飲める量は違ってきますが、お酒を吐いてしまうのは、体内にアセトアルデヒドが大量に発生して分解処理しきれなくなってしまうから。

 

アルコールが体内に入ると、肝臓でアルコール→アセトアルデヒド→アセテート(酢酸)→水と二酸化炭素の順に分解処理が行われますが、お酒による症状のほとんどの原因となるのはアセトアルデヒドです。

つまり、アセトアルデヒドは人体にとって有害であり、吐き気のほか頭痛や動悸、めまい、眠気、二日酔いなどの原因になるということ。

 

アセトアルデヒドの分解処理が追いつかなくなり、アセトアルデヒドが体内に残っていると、体が危険を察知して吐き気をもよおし、実際に嘔吐するということのになるのです。

吐き気や他の症状が出るのは、体内の生命維持装置のよるものです。

 

お酒が弱い人の特徴:症状と対策

お酒が弱い人の特徴として、お酒を飲むと比較的すぐ吐いてしまう他に次のような症状も出やすいので、注意しましょう。

 

症状①:顔が赤くなる

お酒に弱い人は、お酒を飲んだ時に顔が赤くなる傾向があります。

顔が赤くなってくると、かなり酔っ払っているように見えるので、結構気にする人もいますね。

 

男性からすると、顔が赤くなってほろ酔いの女性を見ると、「かわいい」と思うようですが、当の本人は恥ずかしかったりするもの。

男性もお酒を飲んで顔が赤くなっていると「かわいい」と思いますが、少し頼りなく見えてしまうこともあるかもしれませんね。

 

症状②:頭痛

お酒を飲んでしばらくすると、頭が痛くなってくることがあります。

こちらはアセトアルデヒドが原因となる以外にも、水分不足が関係しているようです。

 

また、お酒を飲んだ翌日の朝、起きた時に頭が痛いこともあるように、お酒が弱い人は二日酔いにもなりやすい。

あのジンジン・ズキズキする痛みはなんとも言えず、できれば避けたい症状でもあります。

 

症状③:眠くなる

お酒が弱い人がお酒を飲みすぎると、すぐに眠くなってしまいます。

実際に飲み会の席でも、最初は調子良く飲んでいたのに、途中から静かになって、いつの間にか眠っている人はいますよね。

 

お酒に強い人はたくさん飲んでも眠くならないですが、お酒に弱い人は眠くなりやすく、これもアセトアルデヒドが分解されないことが原因なのです。

参考:お酒に酔うと眠くなるタイプの人の対策!お酒で眠くなるのは肝臓のせい?

 

対策①:アルコール度数の低いお酒を選ぶ

アセトアルデヒドを生成しないためには、体内に入れるアルコールを少なくすれば良いですよね。

つまり、アルコール度数の低いお酒を選んで飲めば良いというわけ。

 

アルコール度数の低いお酒で美味しいお酒もたくさんありますし、最近はノンアルコール飲料も美味しくなっています。

ノンアルコールカクテルは見た目も素敵ですし、味も美味しくておすすめです。

 

参考:お酒が弱い人にもおすすめのアルコール弱いお酒!おすすめカクテルも!

 

対策②:水分補給をしっかりとする

アセトアルデヒドを分解するためには、水が大量に必要になります。

お酒を飲むと、お酒の利尿作用によって、ただでさえ体の水分は排出されてしまうので、意識的にお水を飲んで水分補給をすることが大切。

 

たまに、お酒は液体だから水分だという人がいるのですが、お酒は水分補給にはならず、むしろ、体の水分を奪うものです。

お酒を飲んで酔っ払ってきたなと思ったら、お水を飲むように意識しましょう。

 

参考:アルコールの分解は水を飲むことが最重要!アルコールは体の水分と糖分を奪う。

 

対策③:症状が出たら休憩する

お酒を飲んで吐いてしまった、頭が痛い、頭がクラクラするなど症状が出た時には、無理をせず、お酒は一旦休憩しましょう。

アセトアルデヒドが分解されずに体内に残っている状態ですので、きちんと水分補給をしながらアルコールの分解を促すこと。

 

休憩をして回復したら、またお酒を飲むこともできるでしょう。

自分の体調をしっかりと感じて、無理をしないようにお酒と上手に付き合っていってくださいね。

 

まとめ

お酒を飲んですぐに具合が悪くなったり吐いてしまったりすると、せっかくの飲み会が楽しめなくて悔しいですよね。

お酒が弱いとよく出る症状と対策は分かりましたか?

 

アセトアルデヒドを体内に残さないためには、飲むお酒を選び、お酒を飲みながらしっかりと水分補給をすること。

お酒の上手な飲み方を意識して、楽しい飲み会ライフを送りましょう。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください