飲み会で下戸に差別ってある?つまらないと言われたらどうする?

飲み会の席ではお酒をたくさん飲む人もいれば、体質的に飲めなかったり健康上の理由でお酒を飲まない人もいます。

あなたは、飲み会の場で下戸差別にあったこと若しくは下戸差別を目撃したことはありますか?

 

飲み会というのはそもそも、お酒を飲みながらみんなで楽しく盛り上がり、親睦を深める会なのに、差別があったら困りもの。

そんな下戸差別と、差別に負けず、下戸が飲み会で楽しむ方法を見ていきましょう。

 

「下戸ってつまらない」なんていう言葉に負けないで!

 

飲み会での下戸差別

下戸差別というと言葉が少々乱暴ですが、飲み会がみんなでお酒を飲む場所である以上、お酒を飲まない下戸は結構いじられたり、または仲間に入れなくて孤立したりなんてことも。

具体的にはどのようなことがあるでしょうか?

 

お酒の強要

「ちょっとくらい付き合えよー」なんてお酒を強要されても困るもの。

最近では、アルコールハラスメント(通称:アルハラ)という言葉も浸透してきているので、そこまでお酒を強要されることはなくなっていますが、まだまだちらほらあるようです。

 

飲めない人にお酒を飲ませてはいけませんよね。

特に会社だと、上下関係がはっきりしている部分があるので、上司や先輩から強要されたら、断りづらいところはあるかもしれません。

 

ですが、自分の身は自分で守らなくては。

このようなお酒の強要を受けないためにも、最初にお酒が飲めない体質であることを、周りに分かるように、しっかりと伝えておきましょう。

 

本音で話さない疑惑

お酒の力を借りて本音を語り合い、人間関係や信頼関係を作ることも多いものですが、お酒を飲まない=酔っ払わないということで、「下戸は本音で話してくれないのでは」と疑う人もいるようです。

本音で話すかどうかは、お酒の力よりも人間力なので、酔っ払っていないから本音を言わないということはないのですが。

 

飲み会では普段言えないことを話すこともできたりするので、お酒を飲んでいようが飲んでなかろうが、きちんと心のうちを話すと良いでしょう。

すると、良い人間関係と信頼関係を築いていけるはず。

 

お酒を飲まなくても割り勘

会社の飲み会は、会費制のところも多いですが、2次会、3次会も含め、大抵は割り勘ですよね。

となると、お酒を飲んだもん勝ちとなりがち。

 

飲み放題をつけたとしたら、ますます酒豪と下戸のドリンク代の差は開いてしまいそうですよね。

ソフトドリンクなど、そうそう何杯も飲むものではないので致し方ないのですが、割り勘負けしたくなければ、ソフトドリンクではなくノンアルコール飲料を飲んだり、高級な料理を頼んで楽しむと良いでしょう。

 

飲み会に呼ばれない

そもそも下戸はお酒を飲まないので、飲み会に誘われないなどということがあるかもしれません。

お酒好きな人はみんなでお酒を飲んで、ワイワイ盛り上がってしまうので、そんな中でお酒を飲めない人がいると気を遣ってしまうため、下戸を飲み会に誘いづらいということがあります。

 

決して仲間はずれにしているのではなく、飲めないあなたに気を遣っているのですよね。

お酒を飲めないけど、飲み会の雰囲気は楽しいから誘ってほしいと伝えると良いかも。

 

参考:お酒が飲めないあなたが割り勘でもいいと思える考え方!

 

飲み会での下戸の楽しみ方

食べることに集中

お酒を飲めないならば、お店自慢の料理を思いっきり楽しんでしまいましょう。

居酒屋でもカフェバーでも、料理も美味しいお店はたくさんあります。

 

普段家で食べない料理や、なかなか手が出ない高級料理も、ここぞとばかりに食べることができて楽しめますね。

たくさん食べれば、割り勘負けもしませんし、お腹も心も満たされること間違いなし。

 

会話を楽しむ

飲み会では、たとえお酒を飲まなくても、参加した人たちとの会話を楽しむことができます。

お酒が入る飲み会では、普段と違った会話も繰り広げられるため、あの人の意外な一面が見れる可能性も。

 

みんながほろ酔い加減でいい気分のところ、自分はシラフだからなんだかテンションについていけない、なんて思っていたらもったいない。

シラフだからこそ、みんなの意外な一面も冷静に楽しめるのですから、会話を楽しまない手は無いですよ。

 

参考:お酒に強くなった人のお酒に酔わなくなった原因。アルコール耐性が強くなる?弱くてもお酒を楽しむ方法とは?

 

下戸はつまらないと言われたら

「酒が飲めないなんてかわいそうだな」とか「下戸は酒を飲まないから盛り上がらなくてつまらない」と言われたとしたら、あなたはどうしますか?

全くかわいそうなことは無いですし、本当に余計なお世話。

 

お酒を飲んでアルコール中毒になる方がよっぽどかわいそうですし、お酒を飲まなくたって、飲み会で盛り上がることもできるし、楽しむことだってできますよね。

お酒が飲めない体質だって立派な個性ですし、元々日本人は半数近くの人がお酒に弱い体質なのですから。

 

下戸はつまらないなんて言われても、決して落ち込むことはなく、むしろ健康的ですし経済的にも有利です。

胸張っていきましょう!

 

参考:お酒が全く飲めない人に朗報!お酒が飲めない体質でも飲めるようになる方法!

 

まとめ

下戸の人もそうでない人も、飲み会の席では、みんなで仲良くワイワイと楽しく過ごしたいものですよね。

下戸でも飲み会の雰囲気を楽しむことはできますし、盛り上がることだってできます。

 

下戸差別になど負けず、それも個性だと思って過ごすことも大切。

 

下戸体質をきちんと調べたい方はこちらで⬇️⬇️⬇️

口腔内の粘膜を採取するだけで簡単に9つのタイプから自分のタイプが分かります⬇️⬇️⬇️

『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください