下戸で悔しい!お酒が飲めないと居酒屋で損をする?その対策5つ!

下戸とは、体質的にお酒が飲めない人のことを言いますが、下戸であるがゆえ、居酒屋で悔しい思いをしたことはありませんか?

下戸であろうとなかろうと、社会人になるとお酒の席に誘われること、参加することが増えますね。

 

その席で、「もっとお酒が飲めたらいいのに」と思ったこともあるのでは?

下戸が飲み会に参加した時に、どのようなことで悔しい思いをしているのか、そして、その対策について一緒に見ていきましょう。

 

下戸で悔しい思いをしたこと

割り勘負けする

下戸の人が飲み会で一番悔しいと感じることは、割り勘負けすることという意見が多いです。

飲み会では、基本割り勘ですよね。

 

そうすると、お酒を飲まない下戸のみなさんは、お酒を飲む飲兵衛のみなさんよりも実際に飲んだ金額が少ないにもかかわらず、同じ金額を払わなくてはいけないので損をするということ。

お酒は種類にもよりますが、1杯700円くらいするのに、ソフトドリンクは1杯400円くらいですよね。

 

ここで、1杯当たり300円程の差があり、また、飲み会で1杯しか飲まないことなんて皆無。

下戸のみなさん、悔しい思いをしていますね。

 

人に迷惑をかけてしまう

下戸はお酒に弱いため、少し飲んだだけでもすぐに酔っ払ってしまいますね。

具合が悪くなって吐いてしまったり、その結果、トイレに閉じこもって出てこられなくなったり、すぐに眠くなって寝てしまったりすることもあり、せっかくの楽しい飲み会なのに、周りは迷惑。

 

体質なので仕方がないとしても、周りに迷惑をかけてしまうのは避けたいものです。

 

付き合いが悪いと思われてしまう

下戸はお酒に弱いので、飲み会に行ってもつまらないということで、あまり参加しない人もいます。

ですが、不参加を繰り返していると、「あいつは誘っても来ない。付き合いが悪い」と思われがち。

 

そのうち、敬遠されて誘われることがなくなってしまうと、みんなと疎遠にもなってしまいますし、そんな事態は避けたいですね。

参考:お酒が全く飲めない人に朗報!お酒が飲めない体質でも飲めるようになる方法!

 

お酒が飲めないけど居酒屋で損をしないための対策

では、自分が下戸であることを受け入れた上で、お酒が飲めなくても居酒屋で損をしない、悔しい思いをしないための対策はあるのでしょうか?

実はあります。

 

きちんと対策を練って、きちんと行動をすることで、下戸でもお酒を楽しむことはできますよ!

 

自分の体質、お酒の許容量を知る

まずは、自分の体のこと、体質やお酒の許容量をきちんと知ることが大切。

自分の許容量を知らなければ、当然、悔しい思いをしないための対策を練ることはできません。

 

今までお酒を飲んできてみて、自分がどのくらい飲むとどのような状態になるのか?感覚的にでも、どのような状態を越えると具合が悪くなったり眠くなったりするのか?

きちんと把握していますか?

 

遺伝子レベルであなたのお酒に関する体質を判定できる方法があります。

『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

お酒を飲む準備をする

お酒を飲む前にしっかりと準備をすることで、いつもより、酔いの回りを遅くすることができます。

具体的には、

  • 飲む前に油分のあるもの(チーズ、牛乳、オリーブオイルやバターが入ったもの)を食べる
  • アルコールの分解を助けるサプリメントを摂る
  • 体調を整えておく

などの事前準備をしておくといいでしょう。

 

高い料理を食べる

割り勘負けをすることが悔しいならば、高い料理を頼み、美味しく食べて楽しみましょう。

ブランド牛のステーキ?オススメのお造り?旬の天ぷら?お寿司?

 

どうせ割り勘なのですから、高い料理を頼んだ方が絶対にお得ですし、美味しいものを食べてテンションも上がること間違いなし!

あなたは何が食べたいですか?

 

参考:お酒に強くなった人の急にお酒が飲めるようになった話。

 

お酒を選ぶ

お酒を選ぶときも、アルコール度数の高いものは避けたり、酎ハイやハイボール、カクテルなどは薄めに作ってもらったりという対策は必要。

酎ハイやカクテルは、グレープフルーツやレモンが入ったものを選ぶと、口当たりがさっぱりとして美味しく爽やかに飲めますよ。

 

カクテルのオススメはシャンディーガフやモスコミュールなどジンジャーエールを使ったもの。

炭酸が効いていて、口当たりがさっぱりとしていますし、濃さも調節してもらえるので、アルコール度数も下げることができ、下戸にはうってつけのお酒です。

 

お酒の飲み方を知る

最後の対策は、お酒の飲み方。

具体的には、

  • おつまみをしっかりと食べる
  • お水をたくさん飲む
  • お酒をゆっくりと飲む

ということ。

 

体内でアルコールを分解するときには、アミノ酸と水を使うので、良質なタンパク質を含むおつまみを選び、お水をたくさん飲みましょう。

アルコール度数が高いお酒(焼酎のロックやウイスキーなど)にはチェイサーが付いてきますが、アルコール度数が弱いお酒を頼んだとしても、一緒にお水も頼んで、しっかりと対策することをオススメ。

 

そして、一気飲みをするとすぐに具合が悪くなることからも分かるように、お酒のペースが早いと、すぐに酔っ払ってしまいます。

なので、たとえ周りの飲むペースが早かったとしても、ゆっくりとお酒を味わう気持ちで飲んでください。

 

このような対策をすることで、酔いの周りが遅くなり、以前よりお酒を楽しむことができるはずですよ!

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

まとめ

下戸だとしても大人のたしなみとして、お酒を楽しみたいという思いがありますよね。

体質だからとあきらめず、ここで紹介した対策をしっかりとして、楽しい飲み会ライフを送りましょう。

 

また、飲み終わってからの対策として、寝る前にもお水を飲んでおくことをオススメ。

お水を飲んでおくことで、寝ている間にアルコール分解がスムーズに行われ、二日酔いの予防にもなります。

 

サプリメントも自分にあったものを見つけて、お酒のお供にできるとなお良し。

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください