営業で下戸は致命傷?特に商社、銀行員の下戸は酒が飲めないと仕事にならない?

あなたは、商社は銀行に勤めている営業の方ですか?

以前より減ったとはいえ、未だ日本では、商社や銀行に限らず仕事上の接待があり、そこでは必ずお酒が振る舞われます。

 

接待は仕事上、どうしても参加しなくてはいけないと思いますが、あなたがお酒が強くない下戸だった場合、辛いものがあるのでは?

上司や取引先に飲めと言われたら断れなくて、飲み続けたら酔っ払ってしまい、粗相をしてしまったりなど。

 

このような状況を避けるために、下戸の営業職が接待や飲み会をうまく乗り切るコツ、教えます。

 

商社や銀行員の営業職の下戸

商社や銀行員の営業職として働いていると、結構頻繁に仕事上の飲み会や接待がありますね。

同じ職場の仲間との飲み会も多いでしょうし、取引先との接待などもたくさん参加することがあるでしょう。

 

しかし、あなたがお酒が飲めない下戸だと、その飲み会はかなり辛いものかもしれません。

例えば、接待の相手先が酒豪の方が多くて、お酒の付き合いを重要視していると、お酒が飲めないあなたが商談を持ち込んだところで成立は難しいのかも。

 

お酒が強いか弱いかというのは、結局のところ遺伝子によるところが大きいので、あなたがどんなに頑張ったとしても、普通、酒豪になることは難しいもの。

ですが、酒豪にならなくても接待をうまく乗り切ることはできますし、もちろん、商談成立に持ち込むこともできます。

 

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

酒が飲めないと仕事にならない

仕事上の人間関係で、酒が飲めないと仕事にならないと思っている人が、一定数いることは事実でしょう。

でも、普通に考えて、「酒が飲めないと仕事にならない」ということはおかしなこと。

 

それを言うなら、「良い人間関係を作れないと仕事にならない」の方が正しいでしょう。

接待だって、別に、お酒を飲んで盛り上がって楽しみましょうという場ではないわけですよね。

 

なので、お酒が飲めないと仕事にならないなどということには、絶対にならないわけ。

お酒が入るとリラックスして腹を割って本音で話すことができるから、接待の席が設けられて、お酒を飲むだけです。

 

参考:お酒が全く飲めない人に朗報!お酒が飲めない体質でも飲めるようになる方法!

 

接待を乗り切るコツ

それでは、お酒が飲めない営業職でも接待を乗り切り、商談を成立させるためには、どのようなことを意識したら良いのでしょう?

 

お酒に対する体質を知る

お酒の席なので、全く飲まないということは基本的に無いでしょう。

ですが、日本人の約6%は遺伝子的にお酒に対する耐性が全くなく、一滴も飲めない人がいることも事実。

 

なので、まずはあなたのアルコールへの耐性を知っておくということも、お酒と上手に付き合っていく上で必要でしょう。

アルコールの分解能力は基本的に遺伝子によって決まっていて、アルコール分解酵素の働きが活発かどうかによって、お酒の許容量は変わるのです。

 

また、成人してから今までのお酒の経験から、あなたがどのくらい飲めるのかは感覚的には分かっているはず。

これ以上飲むとまずい、頭痛や吐き気の症状が出る、二日酔いになるなど、人それぞれ感覚的なボーダーラインがあるでしょう。

 

接待の席で粗相をしないためにも、まず、自分のアルコール許容量を知ることが重要です。

 

遺伝子レベルでのアルコール耐性を簡単に調べられるのはこちら⬇️

『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

飲み方をコントロールする

体質的なアルコールの強さを知ったら、実際の接待の席では、許容量を超えないようにすることと同様に、飲み方をコントロールすることです。

具体的には、次のとおり。

  • お酒を飲むペースをゆっくりにする
  • アルコールの分解を助けるためにお酒と一緒に水を飲む
  • 空腹だと酔いの回りが早いのでしっかりと食べる

 

これらを意識しながら飲むことで、お酒の失敗をすることなく、接待を乗り切ることができるでしょう。

 

おもてなしの精神で取引先と接する

接待で一番意識すべきは、おもてなしの精神で取引先と接することです。

具体的には次のとおり。

  • お酒がなくなっていたらお注ぎする
  • 相手の話をしっかりと聴きリアクションをする
  • 愛煙家ならば灰皿の用意や喫煙所の案内をする

 

お酒を注いだり、相手の話を真剣に聴いていると、あなたがお酒を飲む暇などなくなることがほとんど。

その結果、あなたがお酒を飲みすぎて失敗をすることもなく、しかも、相手の話にしっかりとリアクションをすることで取引先も上機嫌になり、仕事も円滑に進むこと間違いなしでしょう。

 

参考:お酒に強くなる方法!お酒に強くなった人が実践した8つのこと!

 

まとめ

お酒が飲めない営業でも、接待を乗り切るコツさえ覚えれば、酒が飲めないと仕事ができないなどと言われることはなくなります。

接待の席で失敗をしないためにも、まずは自分のアルコール許容量を知りましょう。

 

接待に限らず、これからお酒と付き合っていく上で、遺伝子レベルでの自分の体質を調べておくことは必須。

『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

そして、一番意識すべきは、取引先が気持ちよく接待の席を過ごせるようなおもてなしをすること。

取引先のお酒のお酌をしたり、話を真剣に聴いていると、あなたがお酒を飲んでいる暇などなくなり、その結果、お酒の失敗もなくなります。

 

お酒を飲むときは、しっかりと食べて、水分補給もしっかりとすることが重要ですし、接待が終わった後にも水分補給をすることで、二日酔いも無く、翌日の仕事も順調ですよ。

これらを意識して、接待を乗り切ってくださいね。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください