お酒に強くなるには!お酒が飲めるようになりたいならばこの方法!

お酒が弱い友人から、「お酒を飲んですぐに酔っ払うのが嫌なんだけど、お酒に強くなるにはどんな方法がある?」と聞かれます。

大人になると、飲み会などお酒の席に参加することが多くなりますね。

 

そんなときに、お酒が弱いと悪酔いしたり具合が悪くなったりすることが嫌で、お酒に強くなりたいと思うのでしょう。

お酒に弱い人が悪酔いすることなく、飲み会を楽しく過ごすためにお酒に強くなるには、どこに気をつけたら良いのか分かりますか?

 

お酒に強くなるには!

自分の体質をきちんと知ること

お酒に強いか弱いかというのは体質によるものであり、これは遺伝子によって決まっています。

なので、全く飲めない人がお酒に強くなるということは残念ながらないのですが、お酒に弱い人は、飲み方を工夫したり意識することで、お酒に酔いにくくなることはあります。

 

その上で、あなたがお酒が全く飲めない体質なのか、飲めるけどすぐに酔ってしまう体質なのか、実はお酒に強い体質なのかをきちんと知ってから対策をすることが重要。

体質は人それぞれなので、この方法で飲めばいくらでも飲めるということは、全員には当てはまらないのです。

 

あなたの体質を知るための方法を2つご紹介しますので、やってみてください。

参考:お酒に強くなる方法!お酒に強くなった人が実践した8つのこと!

 

アルコールパッチテスト

用意するものは、薬剤の付いていない絆創膏またはガーゼと消毒用アルコール。

やり方は次のとおり。

 

  1. 薬剤のついていない絆創膏またはガーゼに消毒用のアルコールを染み込ませて、上腕の皮膚の柔らかい部分に貼ります。
  2. 7分後、絆創膏またはガーゼを剥がしてみて皮膚が赤くなっていたら、アルコールを全く受け付けない体質。
  3. 絆創膏を剥がした時は赤くなっていなかったが、剥がしてから10分後に赤くなっていたら、アルコールに弱い体質。皮膚が赤くならなければアルコールに強い体質。

※稀にアルコールに弱い体質でも赤くならないことがあります

 

参考:アルコールパッチテストで赤くなると下戸?やり方と信頼性を徹底解明!

 

アルコール感受性遺伝子検査

より詳しくしっかりと検査をするには、アルコール感受性遺伝子検査がおすすめ。

送られてくる綿棒に自分の口腔粘膜を採取して郵送で送り返すだけで、アルコールに対する体質とアルコールによる病気になるリスクが分かります。

 

郵送で送ってから約10日で結果が分かり、自分の体質を知ることができます。

病院で検査することもできますが、こちらは病院に行くよりも簡単に、そしてスピーディーに検査が可能。

 

楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

お酒が飲めるようになりたいならば!

アルコールの吸収を穏やかに

アルコールが体内に入って急激に吸収されると、アルコールの分解処理が追いつかなくなって、アセトアルデヒドが分解されないまま体内を巡ってしまい、すぐに酔っ払ってしまいます。

この状態を防いでアルコールの吸収を穏やかにするためには、お酒を飲む前に脂肪分のある食べ物を食べて、胃壁に膜を張っておくことが有効。

 

おすすめの食べ物は、チーズ・アボカド・オリーブオイルのドレッシングがかかったサラダなど。

要するに、空きっ腹でお酒を飲むと、急激にアルコールが吸収されるので、それを防ぎましょうということです。

 

肝臓のアルコール分解処理を助ける

お水を飲む

アルコールは利尿作用があるので、お酒を飲むとトイレが近くなり、体内の水分が不足しがち。

その上、アルコールの分解処理にも大量の水が必要なので、お酒を飲むと体は脱水状態になります。

 

なので、お酒を飲むときには、必ず意識的に水分を補給するようにしてください。

たまに、お酒は水分だから大丈夫という人がいますが、お酒は液体ですが、水分ではありません。

 

お水を飲んで水分補給をすることで、アセトアルデヒドが分解されやすくなるので、嘔吐や頭痛、顔の赤み、めまい、動悸、二日酔いの症状を防ぐことにもなります。

 

タンパク質を含むおつまみを食べる

アルコールの分解にはアミノ酸も使われるため、アルコールの分解を助けるために、良質なタンパク質を含むおつまみを食べることが有効。

例えば、焼き鳥・チーズ・枝豆・豆腐・卵焼き・ステーキ・お刺身など、あまり脂っこすぎず味も濃すぎないおつまみを選ぶと良いです。

 

脂っこいものや味の濃いものを食べると、どうしてもお酒が進んでしまいがちなので、避けたほうが安全。

また、おつまみを食べることで胃の中にものが入り、アルコールの吸収も穏やかになるので、おつまみは上手に選んで食べましょう。

 

糖分を摂る

アルコールの分解には、糖分も必要となります。

お酒を飲むと、体は低血糖になるので、糖分もおつまみから上手に取り入れましょう。

 

麺類やご飯ものなどをお酒の締めに食べることは、とても理にかなっていること。

お酒を飲んだ後に、スポーツドリンクやグレープフルーツジュースを飲むことも、水分補給・糖分補給が両方叶うのでおすすめ。

 

サプリメントを利用する

アルコールの分解処理を行う肝臓を助けるために、お酒を飲む前にサプリメントを飲んでおくことも有効。

サプリメントはたくさんありますが、オルニチン・L−システイン・クルクミン・セサミン・タウリンが含まれるものがおすすめです。

 

ドリンクタイプよりも、錠剤やタブレットの方が持ち運びやすく便利ですので、カバンの中や会社のデスクやロッカーの中に常備しておくと、急な飲み会の時にも便利。

参考:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

まとめ

お酒に強くなるには、まず、自分の体質を知った上で、お酒の飲み方を意識して変えることが有効。

もちろん、許容量を大きく超えての飲み過ぎはいけません。

 

自分の許容量を超えないようにしながら、お酒の飲み方を変えるだけで、今までよりも悪酔いすることなく、飲み会を楽しむことができます。

  • 空腹では飲まない
  • 水・タンパク質・糖分を上手に摂る
  • サプリメントを利用する

 

お酒と上手に付き合って、楽しい飲み会ライフを送りましょう!

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください