お酒に強くなる方法!お酒に強くなった人が実践した8つのこと!

もっとお酒に強くなりたい!

もっとお酒に強くなって、飲み会を楽しみたい!

 

あなたは、お酒に強くなる方法があると思いますか?

ちまたでは、「お酒が飲めた方が人生得をする」とか「お酒が飲めて良かった」とか言われているので、お酒に強くなりたい人が増えているのかもしれません。

 

結論から言うと、お酒に強くなる方法は、

「お酒に慣れること」

「体調を整えること」

「お酒の飲み方を考えること

 

それでは、実際にお酒に強くなった人が実践した8つのことを、詳しく見ていきましょう。

注意:アルコールの許容量は人それぞれ違いますので、無理をせず、あなたに合った方法とペースで進めてください。

 

お酒に強くなりたいあなたへ大切なこと

あなたは、何らかの理由でもっとお酒を飲みたい、もっとお酒に強くなりたいと思っているのでしょう。

この記事では、お酒に強くなる方法をお伝えしますが、その前にとても大切なことがあります。

 

それは、日本人の約6%は遺伝子的にお酒を全く受け付けないと言われていること。

ご両親ともに全くお酒が飲めない方は、これに該当する可能性が高いので要注意。

 

無理にお酒を飲むと体を壊しますので、飲み会の席ではアルコール0.00%のノンアルコール飲料かソフトドリンクを飲むことを強くお勧めします。

 

あなたが6%の体質なのかどうかは、こちらで簡単に調べることができるので、チェックしてみましょう⬇️⬇️⬇️

お酒と楽しく長く付き合うための『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

お酒に強くなる方法

アルコール度数の低いものから試す

お酒に弱いあなたが、いきなり強いお酒を飲むと一気に酔いがまわり、大変なことになります。

まずは、自分の許容量を知るためにもアルコール度数の低いお酒から始めましょう!

 

アルコール度数の低いお酒の代表は、ビールです。

ビールはアルコール度数が5%程度なので、どこの居酒屋でも見かけるアルコールの中で一番アルコール度数が低いです。

 

ですが、実は、もっとアルコール度数の低いものがあります。

低いものというより、正確に言うと、アルコール度数を低くできるお酒ですね。

 

それは、ジュースや水や炭酸水などで割って飲むお酒。

 

例をあげると、各種酎ハイ・各種サワー。

カクテルでは、シャンディーガフ(ビールのジンジャーエール割り)・パナシェ(ビールの炭酸割り)・レッドアイ(ビールのトマトジュース割り)・カシスオレンジ(カシスのオレンジジュース割り)・キューバリブレ(ラム酒のコーラ割り)など。

 

お酒に弱い人がお酒に強くなりたいならば、これら、アルコール度数の低いお酒から飲み始めて、慣らしていくのが良いでしょう!

参考:下戸でも飲める酒。お酒が弱い人におすすめのお酒はコレ!

 

肝臓を強くする

あなたがお酒に強くなりたいのであれば、肝臓を鍛えると良いですね。

アルコールの分解は、主に肝臓で行われますので、そのアルコールの分解の仕組みについて知っておきましょう。

 

アルコールが体内に入ると、胃から20%、小腸から80%の割合で吸収されて、血液に溶け込みます。

血液を通って全身を巡り、脳に到達すると脳を麻痺させて、いわゆるほろ酔いの状態に。

 

ほろ酔いならば心地良い酔い加減ですので、これだけならば最高ですよね。

アルコールの吸収量が多くなってくると、アルコールは門脈を通って肝臓に運ばれて分解処理されます。

 

肝臓では、まず、アルコール脱水素酵素(ADH1B)の働きにより、アルコールからアセトアルデヒドに分解。

その後、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きにより、アセトアルデヒドからアセテート(酢酸)に分解。

 

最終的には、水と二酸化炭素にまで分解されて、尿や汗や呼気となって体外に排出されるというのがアルコール分解の仕組み。

お酒を飲んだことによる頭痛、吐き気、顔や体の紅潮、めまい、動悸、眠気などを引き起こす原因は、アセトアルデヒドです。

 

お酒に弱い人はALDH2の働きが弱いため、アセトアルデヒドが体内に残りやすく、すぐに酔いつぶれてしまうということに。

このALDH2の働きは遺伝子によって決まっているため、強化することはできませんが、アルコールを分解するために、肝臓の機能は欠かせないものとなるので、肝臓を鍛えることで今までよりお酒に強くなることは可能です。

 

では、どのようにすれば、肝臓は強くなるのでしょうか?

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

食事を見直す

毎日の食生活を見直し、肝臓の機能を高めていくことで、お酒を飲んでも酔いつぶれない強い肝臓を作れます。

意識するべき点は次の2つ。

  1. 良質なタンパク質を摂る
  2. 肝臓に良いビタミンを摂る

 

良質なタンパク質を含む食べ物は、鶏卵、鳥ささみ、牛乳、青魚、大豆製品などです。

肝臓に良いビタミンを含む食べ物は、レバー、シジミ、うなぎ、焼き海苔、枝豆などです。

 

これらを意識して食生活を見直してみましょう。

 

適度な運動をする

適度な運動は、肝臓の機能を高めてくれます。

有酸素運動が効果的でしょう。

 

ウォーキングや軽いジョギング、水泳などがオススメです。

体力がある人は、お酒に強い人が多いことからも分かるように、適度に筋力をつけると、お酒に強くなると考えることができます。

 

肝臓に悪い習慣をやめる

肝臓に負担をかける生活を送っていると、アルコールの分解の妨げになるでしょう。

肝臓に負担をかけないために重要なことは次の2つ。

  1. ストレスを溜めないこと
  2. 不要な薬は飲まないこと

 

過度のストレスや不要な薬の摂取は肝臓の機能を妨げますので、避けるようにするべきです。

 

便秘を解消する

お酒に強くなる方法としては意外に思われるかもしれませんが、便秘を解消するとお酒が飲めるようになると言われています。

その理由は、腸内細菌です。

 

アルコールは最初に吸収される時、胃から20%、小腸から80%が吸収されますが、腸内環境が整っていないとこの吸収の時に悪さをするのだと思われます。

科学的根拠は分かっていませんが、便秘が解消されたらお酒が強くなったという例はありますので、便秘の方は、そちらも解消する方が良いでしょう。

 

参考:下戸でも飲めるようになった方法!下戸だけど飲みたいあなたへ!

 

お酒に強くなる飲み方

飲む前に胃に食べ物を入れる

空腹の状態でアルコールを飲むことはおすすめしません。

空きっ腹にお酒を飲むとアルコールが一気に胃と小腸から吸収され、お酒に強い人でさえ酔いが早く回ります。

 

つまり、飲む前に少し何かを食べておけばいいということ。

よく言われるのが牛乳で胃に膜を張ることですが、そのほか、何でもいいので、できれば脂肪分の多いものを飲む前に少し食べておきましょう。

 

おすすめのものは牛乳・チーズ・オリーブオイル・ヨーグルト、アボカドなど。

お酒を飲む前にこれらを食べて準備をしますが、飲む直前に食べることができれば効果的で最高ですね。

 

飲むお酒を選ぶ

当たり前のお話ですが、アルコール度数の強いお酒は酔いますので、アルコール度数の低いお酒を選んで飲みましょう。

アルコール度数の低いお酒は、前述のビールとジュースや水・炭酸水で割って作る酎ハイやサワーやカクテルなど。

 

ほかにも、シードルやホッピーやマッコリなどもアルコール度数が低いので、お好みのものを選んで楽しんでください。

 

つまみを選ぶ

アルコールを分解するときにはアミノ酸が必要です。

そこで、つまみとして選んでいただきたいのが、良質なタンパク質を含むもの。

 

例えば、お刺身、鶏の胸肉やレバー、枝豆、卵料理、豆腐料理、イカ、タコ、ステーキなど。

おつまみとしてよく選ばれる揚げ物や漬物や珍味などは、味が濃いためにお酒が進みがちになりますので、食べるとしても少量にした方が良いでしょう。

 

また、おつまみを食べると胃や小腸に食べ物があることにより、アルコールの吸収自体がゆっくりになるので、酔いにくくなるという効果もあります。

つまみを上手に選べば、お酒のペースも落とせて、体にもいいので一石二鳥ですね。

 

お水を飲む

アルコールを分解するには、アミノ酸と同時に大量に水が必要となります。

しかも、お酒には利尿作用があるため、尿としても体の水分が体外に排出されてしまう。

 

また、おつまみに味の濃いものを選んでしまうと喉も乾きますし、お酒を大量に飲むと脱水症状になることがあり、危険です。

そこで、お酒の隣にチェイサーとしてお水を置き、お酒と交互に飲むことがとても大切。

 

お酒と一緒にお水を飲んで水分補給をすると、アルコールの分解がスムーズに行われ、二日酔いもしにくくなりますよ。

二日酔いを防ぐためには、お酒を飲んだ後にもしっかりと水分補給をすることです。

 

この場合はお水でももちろん良いですが、糖分も補給するために、スポーツドリンクやグレープフルーツジュースやオレンジジュースなどもおすすめ。

また、寝る前にもコップ一杯のお水を飲み、起きた時にもコップ一杯のお水を飲むとより効果的です。

 

お水も飲みすぎるとむくんだり、夜トイレに起きてしっかりと睡眠できなかったりするので、自分の体の状況によって判断しますが、アルコール分解を促すために水分補給はとても大切なことです。

参考:アルコールの分解は水を飲むことが最重要!アルコールは体の水分と糖分を奪う。

 

ゆっくりとしたペースで飲む

お酒を一気飲みをすると、アルコールが急速に吸収されてすぐに酔いが回りますし、急性アルコール中毒の危険性もあります。

お酒を楽しむためには、ゆっくりとしたペースを保って飲むことが重要。

 

お酒の味も味わいつつ、料理との相性も楽しみ、また、周りの人との会話の楽しみ、そして、お水で水分補給もしながらお酒を飲むことで、今までよりも悪酔いすることなくお酒を楽しめるでしょう。

アルコール度数の高いお酒も、ゆっくり、かつ、お水を飲みながらであれば、楽しむことができるものです。

 

参考:お酒をゆっくり飲む方法!綺麗な飲み方でお酒に酔わないコツ!

 

まとめ

お酒に強くなる方法というのは、一概にこれというものはありません。

しかし、強くなりたいのであれば、まず、自分のお酒の許容量を知り、その日の体調も加味しながら少しずつ体を慣らしていくことです。

 

あとは、今回の記事で紹介したように、飲み方を考えて飲むこと。

特に、お酒と一緒にお水を飲むことは必ず行ってください。

 

私は今では結構お酒が飲める方ですが、お酒と一緒にお水を飲むのと飲まないのでは、飲める量が全然違います。

そして、お水を飲むと本当に二日酔いになりません。

 

お酒に強くなりたい理由は人それぞれだと思いますが、自分の体と相談して対策を取ってくださいね。

くれぐれも無理はしないように!

 

以上、今回は、お酒に強くなる方法、というより、お酒に強くなれる飲み方についてお伝えしました。

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください