二日酔いによる吐き気と頭痛を治す方法!ツボ押しとヘパリーゼで解消。

大人になると、お酒を飲む機会が増えますが、お酒を飲みすぎると必ずやってくるのが二日酔い。

お酒を飲み始めたときには楽しいお酒だったはずが、いつの間にか飲み過ぎてしまって悪酔いし、翌日は二日酔いというおまけ付き。

 

二日酔いにならないように上手に飲むことが一番重要ですが、うっかり飲み過ぎてしまって二日酔いになってしまったら。

今回は、二日酔いはなぜ起きるのかということと、二日酔いによる吐き気や頭痛を治すために効果的な方法についてお話ししていきますので、じっくりと読んでみてください。

 

二日酔いのメカニズム

二日酔いの原因は、アルコール分解の過程で生成されるアセトアルデヒド。

お酒を飲んだときのアルコールの分解が、肝臓で行われるのはご存知のとおりですが、次に詳しく説明します。

 

アルコールが体内に摂取されると、まず、胃から20%、小腸から80%の割合で吸収され、血液に溶け込んで全身に運ばれます。

門脈を通って肝臓に運ばれたアルコールは、アルコール脱水素酵素(ADH)の働きにより、有害なアセトアルデヒドに分解。

 

アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きにより、無害なアセテート(酢酸)に分解され、さらに水と二酸化炭素にまで分解されて、尿や汗や呼気となって体外に排出されます。

そして、ALDH2の働きが弱い人は、アセトアルデヒドがなかなか分解されずに体内に留まってしまうため、二日酔いになるというわけ。

 

    アルコール代謝経路
 
アルコール代謝経路  

 

なお、ADHとALDH2の働きの強さは遺伝子によって決まっており、ご両親からどの遺伝子を受け継いだかによって、お酒に強いか弱いかが決まっています。

参考:お酒に強いか弱いか診断の基準は?あなたの体質をチェックして強さ判定!

 

二日酔いによる吐き気と頭痛を治す方法

二日酔いにならないために、調子に乗ってあまり飲み過ぎないこと、お酒の飲み方を考えて上手に飲むことが必要。

それでも吐き気や頭痛を伴う二日酔いになってしまったら、なるべく早く治すようにしましょう。

 

水分と糖分を補給

アルコールの分解には、水と糖分が大量に使われます。

二日酔いになっている状態は、体は脱水症状を起こしていますので、お水を飲んで水分補給をしましょう。

 

また、低血糖にもなっているので、できれば朝ごはんを食べることが良いのですが、気持ちが悪かったりして食べられないときは、スポーツドリンクやトマトジュースを飲むようにしてください。

水分と糖分を補給するには、グレープフルーツやオレンジなど果物で補うことも効果的ですし、固形物が難しければ、ジュースでも大丈夫。

 

水分と糖分を補給して、アセトアルデヒドの分解を促し、早く体外に出してしまうことです。

 

アミノ酸とビタミンB1を補給

アルコールの分解には、アミノ酸とビタミンB1も必要です。

こちらも無理のない範囲で、食べ物から補うようにすると良いでしょう。

 

アミノ酸を多く含む食べ物は、ご飯、豚肉、卵、牛乳、大豆など。

ビタミンB1を多く含む食べ物は、玄米、豚肉、のり、ぬか漬けなど。

 

これらを食べることで、水分や糖分補給と同じく、アセトアルデヒドの分解を促しましょう。

 

汗をかいてアルコールを排出

アルコールの分解でも説明したとおり、アルコールは最終的には尿や汗や呼気となって体外に排出されます。

そこで、水分補給をしたら、お風呂に入って汗をかき、アセトアルデヒドを排出しましょう。

 

吐き気や頭痛がひどいときには入浴は避けたほうが無難ですが、水分を摂って暖かくして汗をかくことは有効。

とにかく、アセトアルデヒドを分解して体の外に出してしまうことが最優先です。

 

二日酔いの治し方:ツボ押し

  • 卒谷(そっこく)

耳の一番高いところから指2本分上にあるツボ。

吐き気にも頭痛にも効く。

 

  • 胃兪(いゆ)

背骨の一番下の突起から指2本分外側にあるツボ。

吐き気と下痢に効く。

 

  • 百会(ひゃくえ)

目の中間と左右の耳の線が交わる場所にあるツボ。

頭痛に効く。

 

  • 健理三針区(けんりさんしんく)

手のひらの中央からやや手首よりの場所にあるツボ。

肝臓の機能を助けてアルコールの分解を促す。

 

二日酔いの治し方:ヘパリーゼ

ヘパリーゼとは、「肝臓水解物」を意味していて、Hepar(ギリシャ語で肝臓)+Lyse(英語で分解する)を合わせて、「Hepalyse(肝臓水解物)」という、いわゆる造語です。

主な成分は、肝臓エキス・ウコンエキス・セサミン・オルニチン・Lーシステインで、お酒を飲んだ時のアセトアルデヒドの分解を助けてくれる成分がたくさん含まれています。

 

ヘパリーゼは、お酒を飲む前に飲んでも良いですし、二日酔いを感じたときに飲んでも大丈夫。

ドリンクタイプが有名ですが、持ち運びに便利な錠剤の個装タイプもあります。

 

参考:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

まとめ

お酒を飲んで楽しい思いをしても、翌日に二日酔いになるのは避けたいもの。

二日酔いにならないようにお酒を飲むことが大切ですが、二日酔いになってしまったら、早く治すように対策をすること。

 

二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解を促して、早く体外に出してしまうこと。

ツボ押しやサプリメントも有効ですので、試してみましょう。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください