酒が飲めるようになる方法。酒が飲めない体質改善。下戸が飲めるようになった方法とは?

「酒が飲めないと人生半分損してる」「酒が飲める方が絶対に人生楽しい」という意見が多いのですが、あなたはどう思いますか?

酒が飲めるか飲めないかは実際のところ、遺伝子による体質の部分が大きく影響しているので、酒の許容量というのは、人それぞれ違います。

 

大人になるとお酒の付き合いが増えてきますが、お酒の場では一緒に酒を酌み交わした方が、より親密になれるという意味で、「酒が飲めないと人生半分損してる」となるのですよね。

では、下戸の人がお酒を楽しむためには、一体、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

酒が飲めない人の体質

お酒に関する体質は、アルコール分解酵素の一つであるアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きによって決まります。

遺伝子による体質は、次の3つの型に分類されます。

  1. 非活性型・・・お酒を受け付けないタイプで、日本人の約6%がこの非活性型。
  2. 低活性型・・・お酒は飲めるが弱いタイプで、日本人の約40%がこの低活性型。
  3. 活性型・・・・お酒に強いタイプで、日本人の約54%がこの活性型。

 

また、非活性型と低活性型は、日本人を含むモンゴロイドのみに存在するといわれ、白人や黒人はみな活性型で酒に強いタイプです。

 

あなたの体質がどのタイプなのかを、簡単に調べることができる検査キットがあります。

ネットで取り寄せ、綿棒に口腔粘膜を採取して郵送で送り返すだけで、より詳しく9つのタイプからあなたのタイプが分かります。

『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?」

 

酒が飲めない体質を改善して飲めるようになる方法

酒が飲めない体質は、遺伝子によって決まっているので、体質を改善することはできません。

でも、お酒の飲み方を考えることによって、もっと飲めるようになることは可能。

 

食べてから飲む、食べながら飲む

空きっ腹にビールを飲むのが好きな方がいますが、これをやると一気に酔いが回りますよね。

理由は、空きっ腹だと胃と腸からすぐにアルコールが吸収されてしまうためで、お酒が弱い人がこれをやってしまったら一撃でダウン状態。

 

お酒を飲む前には、必ず胃にものを入れてからにしましょう。

アルコールの吸収を遅らせるという意味では、脂肪分のある食べ物を食べると効果的。

 

具体的には、チーズ、アボカド、オリーブオイルやマヨネーズを使ったドレッシングのサラダなど、手軽に食べられるものが良いですね。

お酒を飲んでいる時も、お酒だけを飲むのではなく、おつまみも食べて、料理とお酒のマリアージュを楽しみましょう。

 

おつまみは、アルコールの分解を助けるアミノ酸を含むものを選ぶこと。

具体的には、卵料理、枝豆、湯豆腐、お刺身、焼き鳥、ポークジンジャー、牛肉のステーキなどですね。

 

また、味の濃いものや塩分の多いものは、喉が渇き、無意識にお酒の量が増えてしまうので、あまりオススメしません。

 

お酒とともにお水を飲む

アルコールの分解には、アミノ酸と同様に大量の水が使われます。

アルコールを飲むと、アルコールの利尿作用によって、トイレに行く回数が増えますよね。

 

アルコールの分解に水が必要なのに、トイレで尿として水を体外に排出してしまうことで、体は脱水状態になりがち。

というわけで、お酒を飲むときには、必ずお酒と同量程度のお水を飲んで、アルコールの分解を助けましょう。

 

ゆっくりとしたペースで飲む

ペースが早いと、アルコールの回りが早くなり、すぐに酔っ払ってしまいますよね。

また、チャカチャカと動き回りながら飲むのも、アルコールの回りが早くなり、すぐに酔っ払ってしまいます。

 

ゆったりとしたペースで、お酒を味わいながら飲むことができるとベスト。

料理とお酒をゆっくりと楽しみながら時間を過ごすことが、大人のたしなみですね。

 

サプリメントを利用する

アルコールの分解を助けるために、肝臓の機能を助けるサプリメントを利用することもひとつの手。

ただし、あまり過剰に摂取すると、肝臓に負担がかかってしまい逆効果なので、ここぞというときに適量を取り入れるようにしましょう。

 

オススメはこちら。

 

参考:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

下戸が飲めるようになった方法

さて、お酒に強いか弱いかは遺伝子によって決まっているので、下戸の人はお酒を楽しみたいと思っても無理なのでしょうか?

遺伝子を変えることは不可能なので、体質を変えることはできないのですが、飲み方を変えることで下戸が飲めるようになった方法があります。

 

医師に下戸認定された坂上太一さんは、ビールが一杯も飲めない体質なのですが、お酒が飲めるようになりたくて、8年の歳月をかけてたくさんの方法を試し、ついにお酒が飲めるようになったとのこと。

8年の歳月と決して安くはない経費がかかっているとのことで、無料では提供できず有料なのですが、お酒がもっと飲めるようになりたい、お酒をもっと楽しみたい人におすすめします。

 

実際に私も購入してみましたが、確かに、なるほどと感心しましたよ⬇️⬇️⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

 

ぜひ、試してみてください。

参考:お酒が全く飲めない人に朗報!お酒が飲めない体質でも飲めるようになる方法!

 

まとめ

「酒が飲めないと人生半分損してる」「酒が飲める方が絶対に人生楽しい」

この言葉が本当なのか、あなた自身で試してみてください。

 

私自身は、20歳頃のあまりお酒が飲めなかった頃よりも、今の方がたくさんのお酒を楽しむことができ、仲間とワイワイ盛り上がることもできるので、飲めるようになって良かったと思っています。

あなたも、自分に合った方法でお酒を楽しみ、楽しくお酒と付き合っていきましょう。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください