お酒を飲むとなぜ顔が赤くなるの?赤くならない方法って?効果的なサプリは?

お酒を飲んでいると、そのうち顔や体が赤くなってくるときがあります。

友達同士、会社の付き合い、新年会、忘年会、冠婚葬祭、夏はビアガーデンやBBQ、キャンプなど、様々なところでお酒を飲む機会がありますが、お酒を飲むと、だんだん顔や体が赤くなってきますよね。

 

当たり前と思っているかもしれませんが、中には、お酒を飲んでも赤くならない人がいることも事実。

なぜ、お酒を飲むと赤くなるのか?お酒を飲んでも赤くならない方法はあるのか?そして、効果的なサプリとは?についてお話していますので、一緒に見ていきましょう。

 

お酒を飲むとなぜ顔が赤くなる?

結論から言うと、お酒を飲むと顔や体が赤くなる主な原因は、アセトアルデヒドです。

アセトアルデヒドというのは、人がアルコールを摂取したときに、肝臓でアルコールの分解が行われる過程で生成される物質。

 

人体にとって有害であり、悪酔いや頭痛、吐き気、二日酔いなどの原因は、全てこのアセトアルデヒドなのです。

お酒に強い人は、アセトアルデヒドを無害な酢酸に分解する酵素、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きが活発なため、アセトアルデヒドが生成されてもすぐに無害なアセテート(酢酸)に分解されるため、酔っ払う症状が出にくいということ。

 

アルコールは、元々、血流を促す作用があるのに加え、お酒を飲んでアセトアルデヒドが生成されると、毛細血管が拡張されて顔や体が赤くなるのですね。

逆に赤くならない人というのは、ALDH2がしっかりと働いて、アセトアルデヒドが酢酸にスムーズに分解されるということです。

 

アルコール分解の仕組み

アルコールは体内に摂取されると、まず、胃で20%、小腸で80%吸収され、その後血液に溶け込み、門脈を通って肝臓まで運ばれる。

肝臓では、ADHというアルコール脱水素酵素の働きによって、アルコール(エタノール)は有害なアセトアルデヒドに分解。

そして、このアセトアルデヒドを無害なものにまで分解してくれるのが、ALDH2という2型アルデヒド脱水素酵素で、アセトアルデヒドは無害なアセテート(酢酸)に分解。

さらに、水や二酸化炭素にまで分解されると、尿や汗や呼気となって体外に排出される。

 

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

アセトアルデヒド脱水素酵素

アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)には3つの型があります。

  1. 活性型(NN型) :お酒に強い体質
  2. 低活性型(ND型):お酒に弱い体質
  3. 不活性型(DD型):全くお酒を受け付けない体質

 

そして、ご両親がどのような型の持ち主か、あなたがどの遺伝子を受け継いだのかによって、あなたのお酒に対する体質は決まっています。

 

  活性型(NN) 低活性型(ND) 不活性型(DD)
活性型(NN) 活性型(NN) 活性型(NN)

低活性型(ND)
低活性型(ND)
低活性型(ND) 活性型(NN)

低活性型(ND)
活性型(NN)

低活性型(ND)

不活性型(DD)
低活性型(ND)

不活性型(DD)
不活性型(DD) 低活性型(ND) 低活性型(ND)

不活性型(DD)
不活性型(DD)

 

お酒に強い遺伝子がN型、お酒に弱い遺伝子がD型。

両親ともにNN型の人はNN型となり、両親ともにDD型の人はDD型となります。

 

つまり、お酒が強いか弱いかの体質は、血液型のように、両親からどの遺伝子を受け継いだのかによって決まっているということ。

お酒に対する体質は、遺伝子レベルでしっかりと調べることができます。

 

楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

あなたがどの遺伝子を受け継いでいて、体質的にはどのくらいお酒が飲めるのか、楽しく長くこれからもお酒と付き合っていくために、一度検査をしておくと安心です。

 

お酒を飲んでも赤くならない方法

お酒を飲んで赤くなると、ものすごく酔っ払っているみたいで、できれば、赤くならない方がいいですよね。

お酒を飲んでも赤くならないようにするには、飲み過ぎないことなのですが、そうは言っても楽しく飲みたいでしょう。

 

顔や体が赤くなってしまう原因はアセトアルデヒドですので、アセトアルデヒドを増やさないようにすることとアセトアルデヒドをできるだけ早く無害な酢酸に分解することが重要。

少し意識をしてお酒を飲むことで、赤くなることを抑えることはできますので、次のことを意識して飲んでみてください。

 

空腹の状態でお酒を飲まない

「ビールが五臓六腑に染み入る感じがたまらない」と言って空きっ腹の状態にお酒を飲むと、アルコールが急激に吸収されて危険です。

アルコールの吸収を穏やかにするためには、お酒を飲む前に脂肪分のあるものを食べて、胃壁に膜を張っておくことが有効。

 

例えば、お酒を飲む前に牛乳を飲むとか、チーズやヨーグルトやアボカドを食べるとか、オリーブオイルをかけたサラダを食べるなど対策をすると良いでしょう。

オリーブオイルをスプーン1杯飲むことでも対策になります。

 

おつまみを上手に選ぶ

アセトアルデヒドの分解をスムーズにするためには、アミノ酸を補給することが必要なので、良質なタンパク質を含むおつまみを選んで食べましょう。

これは、アルコールの分解にアミノ酸が必要になるためと、胃や小腸に食べ物があることでアルコールの吸収を穏やかにするため。

 

おつまみとして定番である枝豆や焼き鳥、チーズ、お刺身、卵焼き、豆腐などはタンパク質を豊富に含んでいるので非常におすすめです。

漬物や唐揚げなども定番ですが、しょっぱいものや脂っこいものはいつの間にかお酒の量が増えるので、食べたいならば少量にすること。

 

水を飲んで水分補給をしっかりと

アルコールの分解にはアミノ酸とともに、大量の水が必要となります。

そして、お酒には利尿作用があるので、これによっても、体の水分が尿として体外に排出されていきます。

 

お酒を飲むとアルコールの分解に使われることとお酒の利尿作用によって、体は脱水状態に。

脱水症状を防ぐためにも、アルコールの分解を促してアセトアルデヒドを分解するためにも、お水を飲んで水分補給をすることは最重要事項です。

 

参考:アルコール分解には水が必要!アルコール分解を早めるには水分補給が最重要!

 

ペースを保って飲む

お酒を飲むペースが速いときは、酔っ払うのも早くなってしまうという経験は誰しもあるでしょう。

これは、お酒が大量に入ってきて、体内のアルコールの分解が追いつかなくなり、アセトアルデヒドが増えている状態。

 

ということは、顔や体も赤くなりやすいということですよね。

お酒は一気に飲まずに、周りとの会話を楽しみながら、料理との相性を楽しみながら、お酒の味をじっくりと味わいながらゆっくりと飲むこと。

 

楽しくてついグイグイと飲んでしまったとき、酔っ払ってきたかなと思ったら、思い切ってお酒は休憩しましょう。

水分補給をしてアセトアルデヒドの分解を促し、トイレに行ってアルコール分を体外に出し、体をいたわってあげることが大切です。

 

お酒を飲んで赤くなるのを防ぐサプリ

お酒を飲むと顔が赤くなる人は、ALDH2の働きが弱いのですから、アセトアルデヒドを分解する肝臓の働きを助けることが効果的です。

肝臓の機能を助けるものとして効果的な成分は、クルクミン、オルニチン、Lーシステイン、セサミンなど。

 

これらの成分が配合されたサプリメントを事前に飲むことで、症状が軽減することが期待できます。

自分の体に合ったサプリメントを見つけて、お酒を飲むときに摂取することが良い対策になりますので、必要なものを必要な量、飲むようにして対策をしましょう。

 

しじみの力を実感できる方続々!八幡のしじみの力

肝臓の機能を助けるオルニチンは、しじみに含まれるアミノ酸です。

こちらのサプリメントはオルニチンとともに、肝臓の機能を助けるLーシステインも配合されているもの。

 

携帯に便利な個装タイプなので、いつもカバンに入れておけば、急な飲み会にも対応できますね。

 

 

その二日酔い・悪酔いに、秋ウコンホワイト

こちらの秋ウコンホワイトは、その名前からも分かるとおり、クルクミンが豊富な秋ウコンが含まれています。

でも、ウコンを飲んでも悪酔いしてしまったり二日酔いになってしまうという声はよく聞きます。

 

実は、クルクミンは脂溶性なため、そのまま飲んでも体に吸収されにくく、効果が発揮できていなかったという衝撃の事実。

実際に私もウコンはお酒対策には効かないと思っていました。

 

ですが、こちらの秋ウコンホワイトは、クルクミンを体に吸収されやすいテトラヒドロクルクミノイドにして配合しているので効果的。

タブレットタイプなので、水なしでどこでも飲むことができる点もおすすめです。

 

 

通販限定へパリーゼZ

CMでもおなじみのヘパリーゼですが、こちらは市販では売っていない通販限定のヘパリーゼZになります。

肝臓の機能を助けるLーシステインのほか肝臓エキスやセサミンも配合されていて、私も効果を実感しています。

 

通販限定で個装タイプもありますので、急な飲み会にも対応可能。

お得な定期購入もあるそうです。

 

こちら、定期購入⬇️

 

参考:お酒に強くなる方法!お酒に強くなった人が実践した8つのこと!

 

お酒を飲むと顔が赤くなる人はガンのリスクが高い?

お酒を飲んで顔が赤くなる主な原因は、アセトアルデヒドです。

よって、アセトアルデヒドを分解する働きが弱い人は顔が赤くなりやすいのですが、お酒を飲んで顔が赤くなりやすい人はガンになる危険性が高いという研究結果があります。

 

国立がん研究センターの多目的コホート研究では、飲酒と食道がんには強い関連があるという結果が出ており、お酒を飲まない人に比べて、日本酒を1日当たり1合から2合飲む人たちは2.6倍、2合以上飲む人は4.6倍高くなるということ。

また、お酒を飲んで顔が赤くなりやすい人は、お酒を飲まない人に比べて膀胱癌になる確率も1.67倍高くなってしまうそうです。

 

アセトアルデヒドの分解能力は遺伝子によって決まっているものではありますが、適度な飲酒を心がけ、しっかりと健康診断を受けることも重要ですね。

参考:お酒が弱い人に現れる主な症状!酒が飲めない人に出やすい症状と対策とは!

 

まとめ

お酒を飲んで赤くなることで悩んでいる方は、結構います。

逆に赤くならないので酔っていないと勘違いされ、もっともっとと酒を勧められて悩んでいる方も。

 

どちらも悩みはありますが、お酒の席では楽しく飲みたいものですので、悩みを解決するべく、この記事を役立ててくださいね。

お酒と楽しく長く付き合っていくためには、自分の体質をよく知り、自分の許容量を把握しておくことは必要不可欠。

 

こちらの検査で遺伝子レベルで体質をチェックしておくと安心です⬇️⬇️⬇️

楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

サプリメントは、世の中にたくさん出回っていますので、ぜひ、ご自分にあったサプリを見つけて常備し、楽しい飲み会ライフを送りましょう。

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください