お酒に酔わない方法がある?飲んでも酔わない方法は飲む前にコレを!

お酒を飲んでも酔わない方法があったら、あなたは知りたいですか?

「お酒は酔うために飲むものなんだから、そんな方法なんて知らなくていい」という人と、「いつもすぐに酔ってしまうからその方法知りたい」という人、両方いるでしょう。

 

無謀な飲み方をすると、どんなにお酒が強い人でも、やはり酔っ払ってしまうもの。

お酒の酔い方は、人それぞれ体質によって違うものですが、お酒の飲み方によって酔い方は変わってくるものです。

 

酒は飲んでも飲まれるな。

節度のある飲み方をして、かつ、お酒を楽しみ、上手にお酒と付き合っていくための対策を伝授いたしましょう。

 

お酒を飲んでも酔わない方法はある?

お酒の強い人が、アルコール度数の低いお酒を飲んだところでなかなか酔わないということはありますが、お酒はアルコールが入っているので、飲むと酔っ払うというのが普通です。

結論から言うと、お酒を飲んでも酔わない方法はありません。

 

ですが、お酒を飲んでも酔いにくい方法というものはあります。

大人のたしなみとして、お酒と上手に付き合い、酒に飲まれることなくお酒を楽しむための方法とは?

 

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

お酒を飲んでも酔いにくい方法

飲む前に食べる

お酒は、体内に入ると胃と腸から吸収されて血液に溶け込み、肝臓に運ばれて分解処理されます。

空腹の状態でお酒を飲むと、胃からアルコールが一気に吸収されて一気に肝臓に運ばれ、アルコールの分解処理が追いつかない状態に。

 

この状態を避けるために、お酒を飲む前に何か食べて、胃に膜を張っておきましょう。

アルコールの吸収をゆっくりにするためには、脂肪分のある食べ物を食べておくのがおすすめ。

 

チーズ、オイルの入ったサラダ、バターの入ったものを食べて、お酒を飲む前に準備をしておいてください。

 

飲む前に飲む

アルコールの分解処理をする肝臓の機能を助けるために、サプリメントを飲んでおくことも良いでしょう。

お酒に酔わないためのサプリメントは、オルニチンやL−システイン、セサミンなどの成分が入ったもの。

 

人によって、効くサプリメントがあるので、自分に合ったサプリメントを見つけて常備しておくと、お酒に酔いにくくなるための対策になります。

 

おすすめのサプリメントはこちら⬇️⬇️⬇️

 

飲みながら飲む

アルコールの分解には、アミノ酸と水が必要となります。

アルコールは利尿作用もあるので、お酒を飲むとアルコールの分解に水が必要なのに、尿としても排出されるので、体は脱水症状になりがち。

 

脱水症状を避けるためにも、アルコールの分解を助けるためにも、お酒を飲みながらお水を飲むことが、お酒に酔いにくくする方法。

お酒に酔ってきたなと思ったら、必ずお酒と同量程度のお水も飲んで、水分補給をするようにしましょう。

 

アルコールの分解が促進されれば、悪酔いも防ぐことになりますし、頭痛や嘔吐などの症状も避けられるでしょう。

お酒を飲み終わった後にも水分補給をし、寝る前にもコップ1杯の水を飲むことで、二日酔いの予防にもなります。

 

飲みながら食べる

空腹状態でお酒を飲むことを避けて、アルコールの吸収を遅らせるためにも、アルコールの分解を助けるためにも、おつまみを上手に選んで食べましょう。

先ほども言いましたが、アルコールの分解にはアミノ酸と水が必要。

 

おつまみで良質なタンパク質を含む料理を選び、食べて美味しく、飲んで酔いにくい状態を過ごしましょう。

おすすめは、焼き鳥、卵焼き、冷奴、枝豆、チーズ、ステーキなどです。

 

味の濃すぎるものはお酒が進んでしまい、いつの間にか酔っ払っているという状況を招くので、気をつけてくださいね。

 

ペースを保つ

一気飲みは急性アルコール中毒の危険性があります。

このことからも分かるように、お酒のペースが速いということは、アルコールが一気に体を巡るのでアルコールの分解処理が追いつかず、悪酔いする原因に。

 

お酒は、料理との相性なども楽しみながらゆっくりと飲むことが、かなり重要です。

飲み会でお酒を飲んで酔っ払ってきたなと感じたら、無理をせずに一旦お酒は休憩し、水かお茶を飲んで休むことも大切。

 

アルコールの分解が進めば、またお酒を飲むこともできますので、無理をして飲まないように気をつけてください。

参考:お酒をゆっくり飲む方法!綺麗な飲み方でお酒に酔わないコツ!

 

まとめ

お酒を飲んで酔わない方法というのはありません。

お酒を飲むと酔っ払うのは普通ですが、お酒に飲まれることを避けるために、酔いにくい方法で対策をすることは必要。

 

  1. お酒を飲む前に脂肪分のあるものを食べて胃に膜を張っておく
  2. お酒を飲む前にサプリメントを飲んでおく
  3. お酒を飲みながらお水を飲む
  4. お酒を飲みながらおつまみを上手に選んで食べる
  5. ゆっくりしたペースで飲み、酔っ払ったら休憩する

 

酔いにくい方法を実践し、酒は飲んでも飲まれないように気をつけて、楽しい飲み会ライフを送ること。

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください