行きたくない飲み会の過ごし方。会社の飲み会が大嫌いでも苦痛にならない方法!

行きたくない飲み会、なかなか乗り気になれない飲み会だと、参加するのが億劫になりますよね。

特に仕事が絡む飲み会が大嫌いで、行きたくないと感じている人は多いでしょう。

 

でも、避けてばかりもいられず、参加する必要はある、でも、行きたくない、どうしよう、とモヤモヤした気持ちを抱えて堂々巡りを繰り返す思考。

参加せざるをえない飲み会であれば、行きたくなくても行かなければならない。

 

どうせ行かなければならないのであれば、苦痛は避けたいですので、そんな行きたくない飲み会の過ごし方を伝授しましょう!

 

行きたくない飲み会は会社の飲み会

飲み会と言ってもシチュエーションは様々で、友達同士の飲み会や親戚の集まり、合コンなどありますが、行きたくない飲み会第1位はなんと言っても会社の飲み会でしょう。

アットホームな雰囲気の会社でしたらいいですが、普通は、上司がいて先輩がいて、気を遣うことが多くなってしまうのではないでしょうか?

 

お酒が弱かったり、お酒があまり好きではない人は、なおさらですよね。

では、そんな行きたくない飲み会を楽しく過ごすには、どうしたらいいのでしょうか?

 

参考:飲み会の断り方!職場編。当日上司に誘われた時のうまい断り方7選!

 

行きたくない飲み会の過ごし方

料理を堪能する

飲み会なので、コミュニケーションも大切なのは分かりますが、行きたくない飲み会の過ごし方として、料理を堪能することをおすすめ。

飲み会によって、料理が決められていたり、自分で好きなものをオーダーできたりしますが、いずれの場合でも料理を味わい尽くすこと。

 

飲み会の料理って、普段家では食べられない凝った料理とか多いですよね。

味が濃いめのものが多いので、お酒が進んでしまいがちですが、お酒が弱いならばお水を頼んで、あまりお酒を飲みすぎないように料理を楽しむことも大切です。

 

仲間を見つける

あなたがその飲み会に行きたくない理由があるはずですが、同じ理由で行きたくないと思っていながら参加している仲間がいます。

上司に気を遣うのが嫌という理由や、お酒が飲めないから飲み会が嫌いという理由ですね。

 

そんな同じ価値観を持つ人は、必ず仲間になります。

仲間を見つけると思いを共有できますし、お酒が弱いならば、一緒に飲める軽めのお酒を探したりすることもできます。

 

もちろん、一緒に料理を堪能することだってできますよね。

 

自分勝手に楽しむ

料理を堪能することも仲間を見つけることも難しければ、もう、自分勝手に楽しんでしまいましょう。

会社の飲み会は、その後の人間関係があるから気を遣ってしまいがちなのですが、仕事さえきっちりできれば、飲み会での振る舞いなんて自分勝手に楽しんで大丈夫。

 

会話したければ会話をするも良し、お店の雰囲気を楽しみたければ楽しむのも良し、人間観察をしたければひたすら人間観察をすれば良いのです。

自分勝手と言っても、人に迷惑をかけることはやはりNGですが、要するに、必要以上に周りの人に気を遣う必要はないということですよ。

 

参考:下戸でも飲める酒。お酒が弱い人におすすめのお酒はコレ!

 

行きたくない飲み会でも苦痛にならない方法

終わった後のご褒美を用意する

飲み会の時間は2時間、長くてもせいぜい3時間ですので、飲み会が終わった後にご褒美を用意しておくと、そのご褒美を目当てに飲み会を難なく過ごすことができます。

ご褒美は、あなたの好きなことで良いのですが、例えば、大好きなラーメンを食べに行くとか、家に美味しいスイーツを用意しておいて帰宅後に食べるとか、お気に入りの映画を観るとか、ペットと戯れるとか、なんでも良いのです。

 

飲み会の後にラーメンやスイーツを食べたら太るとか言わず、これはご褒美なので、1日くらい食べても大丈夫。

2次会に誘われても、「この後、用があるので」とか「明日、早いので」とか「ちょっと体調が悪いので」と言って断ればいいでしょう。

 

絶対に情報収集をする意気込みで参加する

飲み会でしか得られない情報というのは、確かに存在するものであり、その情報は、欲しいと思っている人のところに飛び込んで来るもの。

なので、あなたが有益な情報を絶対に取りに行くという意気込みで飲み会に参加をすると、情報を得ることができます。

 

何も収穫の無い2時間より、ひとつでも何か情報が得られる2時間の方が絶対に良いと思いませんか?

真面目に仕事術でも良いですし、仕事ができる人の考え方とか意識していることなど聞けたら、すごい収穫。

 

そのほか、気になる人のプライベート情報も聞くことができるかもしれませんし、世代の違う人たちの流行りものを聞いてジェネレーションギャップを感じて楽しむ方法もありますよ。

参考:お酒が弱い人に現れる主な症状!酒が飲めない人に出やすい症状と対策とは!

 

まとめ

飲み会に行きたくない理由は人それぞれあるものですが、行かなければならないのであれば、対策を練って楽しむこと。

また、「行きたくない」と思っていると、なおさらその飲み会がつまらないものになってしまいます。

 

その飲み会で、何かを得てやるくらいの意気込みで臨んだ方が楽しめるし、行く価値があるというもの。

次回の飲み会は、あなたなりのテーマを決めてそれを実行し、楽しい飲み会を過ごしましょう。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください