本当にお酒に強くなる方法はコレ!お酒に強くなる方法のウワサの嘘。

お酒に弱い体質ですと、もっとお酒を飲みたい、もっとお酒を楽しみたいと思っても体が受け付けてくれないことがありますよね。

飲み会でも気を抜くとすぐに酔っ払ってしまって、具合が悪くなったり眠くなったり、記憶が飛んで周りの人に迷惑をかけてしまうと困りもの。

 

そんなあなたは、お酒に強くなりたいと思っていろいろな方法を調べたり、実際に試したりしていることでしょう。

その方法で、実際に、お酒が強くなってお酒を楽しめるようになりましたか?

 

そもそも、お酒に強くなる方法などあるのか?ちまたで言われているお酒に強くなる方法は本当なのか?一緒に見ていきましょう。

 

お酒に強くなる方法の嘘

お酒を飲み続けると強くなる

ちまたでよく聞くお酒が強くなる方法は、毎日お酒を飲むとお酒に免疫ができて強くなるよ、というもの。

お酒を飲むと、アルコールは肝臓に運ばれ、アルコール分解酵素の働きによって分解されますが、この分解の過程で人体に有害なアセトアルデヒドが生成されます。

 

お酒が強い人というのは、アセトアルデヒドの分解速度が速いので、たくさんお酒を飲み続けることができ、たくさん飲んでもお酒が残りにくい。

しかし、お酒が弱い人は、アセトアルデヒドの分解速度が遅く、頭痛や吐き気などの症状も出やすく、お酒が残りやすいので二日酔いにもなりやすいというわけ。

 

アセトアルデヒドの分解酵素の働きの強さは、遺伝子によって決まっているため、お酒を飲み続けてもお酒に強くなるということはなく、逆に、アルコール依存症になってしまう危険性すらありますので、お酒が弱い人が毎日お酒を飲み続けることはやめましょう。

 

アルコールの分解について参考:お酒が飲めない人の飲めない理由は体質。飲めるようになりたいならコレを試せ!

 

お酒飲んで吐くを繰り返すと強くなる

先ほどの理由と同様、お酒の免疫をつけるということで、お酒をたくさん飲んで吐いてを繰り返して体をお酒に慣れさせるということも噂されていますが、こちらも危険ですのでやめましょう。

お酒を飲んで吐いてしまうということは、あなたの体がお酒を分解する許容量を超えていることで悲鳴をあげている状態。

 

あなたの健康を害する飲み方以外の何者でもありませんので、絶対にやめましょう。

もし、お酒を飲んで吐き気をもよおした時には、吐いてしまう方が楽になっていいのですが、ここで一つ注意点が。

 

酔っ払った時に、口の中に指を突っ込んで無理にお酒を吐こうとする人、もしくは吐かせようとする人がいますが、これは吐瀉物によって食道を傷つけてしまうので間違い。

吐き気をもよおしたら水を飲めたら飲んでトイレに行き、無理にではなく自然と吐くようにしましょう。

 

参考:お酒に強くなる方法!お酒に強くなった人が実践した8つのこと!

 

お酒が強くなる方法はコレ!

お酒の飲み方を知る

お酒の許容量というのは人それぞれ違っていて、それはほぼ遺伝子で決まっています。

ここで言うお酒に強くなる方法とは、その許容量の範囲内で、お酒の飲み方を変えることによって、もっとお酒を飲めるようになれるということ。

 

  • 空腹では飲まない

空きっ腹にアルコールを飲むと、胃と腸から一気にアルコールが吸収されて血液に溶け込んで全身を回るため、酔いも一気に回ります。

すると、アセトアルデヒドが生成されて、悪酔いする原因に。

 

お酒を飲む前に、脂肪分のある食べ物、例えばチーズやアボカド、オリーブオイルやバターが入ったものを胃に入れて胃に膜を張り、アルコールの吸収を穏やかにしましょう。

お酒を飲んでいる時にもタンパク質を含むおつまみ、例えば焼き鳥や枝豆、冷奴、ステーキなどを食べて、アルコールの分解を助けてあげるとなお良し。

 

  • お水を飲む

お酒には利尿作用があるため、お酒を飲むと必要以上に水分が体外に排出されて、体は脱水状態に。

その上、アルコールを分解するときにも水は大量に使われるため、お酒を飲んだらその同量程度の水を飲むと良いです。

 

脱水症状もなくなり、アルコールの分解もスムーズに行われれば、今までよりもお酒をたくさん飲んでも悪酔いしないはず。

飲み終わった後にも、アルコールの分解を助ける意味で、水分補給をしっかりとしましょう。

 

お酒をチョイスする

お酒が弱い体質なのに、ウイスキーのロックとかテキーラとか無謀です。

あなたの体質に合った、許容範囲内のアルコール度数のお酒をチョイスしましょう。

 

アルコール度数の低いお酒といえば、ビールやシードルですが、そのほかにも酎ハイやリキュールをジュースで割る系のカクテルなどあり、種類も豊富。

あなたの好みに合ったお酒を選ぶことができるはずです。

 

もし、アルコールに疲れてきたら無理をせず、ノンアルコールビールやノンアルコールカクテルを選ぶこともあなたの体を守るために重要でしょう。

 

参考:お酒弱い人でも飲める日本酒の選び方、飲み方。おすすめの日本酒はコレ!

参考:お酒が苦手な人にもおすすめ。飲みやすいお酒ランキング10

 

まとめ

ちまたで流れているお酒に強くなる方法の嘘の情報に騙されないでください。

お酒の強さは人それぞれで、遺伝子によって決められているもの。

 

お酒に強くなる方法は、お酒の飲み方を考えて、アルコールの分解をスムーズに行うことと、自分に合ったお酒を選ぶこと。

お酒に弱いのも個性のひとつとして受け入れ、あなたの体質に合った方法でお酒を楽しみましょう。

 

自分の体質を遺伝子レベルでしっかりと調べたい方はこちらから。

→→→『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

簡単に調べられる検査ですし、自分の体質を知っておくと、この先のお酒との付き合い方がグッと変わります。

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください