お酒で顔が赤くならない方法!まだらに赤くなると恥ずかしい!効果的なサプリは?

お酒を飲んでも顔が赤くならない方法を知りたくないですか?

 

お酒を飲んで顔が赤くなってしまうと、すごく酔っ払っているように見えて恥ずかしい。

その上、顔がまだらに赤くなると見た目にもかっこ悪い。

 

飲み会の席で楽しくお酒を飲んでいたとしても、顔が赤くなってくると、恥ずかしいとかかっこ悪いと感じている方は多いと思います。

そこで今回は、お酒を飲んでも顔が赤くならない方法や顔が赤くなっても治す方法、顔が赤くならないために効果的なサプリメントについてお話ししていきますので、じっくりと読んでみてください。

 

お酒で顔が赤くなる原因

お酒を飲んで顔が赤くなってしまう原因は、何だか分かりますか?

答えは、お酒を飲んだ時に私たちの体の中で行われるアルコール分解の過程で生成される「アセトアルデヒド」という物質。

 

では、このアセトアルデヒドはどのように生成されるのか、アルコール分解の仕組みについて見ていきましょう。

 

アルコール分解の仕組み

お酒を飲むとアルコールは、胃から20%、小腸から80%の割合で吸収され、血液に溶け込んで全身を巡ります。

アルコールの分解は、ご存知のとおり肝臓で行われるので、アルコールは門脈を通って肝臓に運ばれます。

肝臓では2種類のアルコール分解酵素によって、分解処理が行われていきます。

まず、アルコール脱水素酵素(ADH1B)の働きによって、アルコールから顔が赤くなる原因である有害なアセトアルデヒドに分解。

そして、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きによって、有害なアセトアルデヒドから無害なアセテート(酢酸)に分解。

最終的には、水と二酸化炭素にまで分解されて、尿や汗や呼気となって体外に排出されるというのが、アルコール分解の仕組みです。

 

ALDH2の働きが弱い人は、アセトアルデヒドが分解されにくく体内に残ってしまうので、顔が赤くなりやすいということ。

加えて、アルコールによる血流の増加や血管の拡張によっても、顔が赤くなってしまいます。

 

ADH1BとALDH2の働きの強さは、遺伝子によって決まっているため、この部分を変えることは残念ながらできません。

 

ALDH2の3つの型

ALDH2の型は、3つの種類に分けられます。

 

  • DD型(お酒を全く受けつけない体質)

ご両親ともにお酒が飲めないタイプの人は、このDD型である可能性が高く、日本人の約6%がこのタイプです。

DD型の人は、料理酒やお菓子に入っているリキュールでも顔が赤くなってしまうこともあり、本来、アルコールは避けた方が良いタイプ。

 

  • ND型(少しは飲めるがお酒に強くない体質)

両親のどちらかからお酒に強い遺伝子のN型を、もう一方からお酒に弱い遺伝子のD型を受け継いだ人。

ND型の人は、日本人の約45%を占めるので、DD型の人と合わせると、日本人の半数はお酒に弱いタイプと言えます。

 

ND型の人もアセトアルデヒドが体内に残りやすく、お酒を飲むと顔が赤くなりやすい。

ですが、顔が赤くならないようにするために対策をすることはできますので、後ほどご紹介します。

 

  • NN型(お酒に強い体質)

ご両親ともにお酒に強い人は、NN型のいわゆる酒豪である可能性が高いです。

アセトアルデヒドの分解能力が高く、お酒を飲んでもあまり顔に出ない人が多いでしょう。

 

両親がそれぞれどのタイプだと、子供はどのタイプになるかという、分かりやすい表があります。

 
活性型(NN)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
活性型(NN)
活性型(NN)
活性型(NN)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
活性型(NN)
低活性型(ND)
活性型(NN)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
不活性型(DD)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
不活性型(DD)

 

両親ともにNN型ならばその子供もNN型、両親ともにDD型ならばその子供もDD型。

両親ともにND型ならば子供はどのタイプにもなる可能性があります。

 

子供の血液型が両親の血液型によって決まるのと同じように、お酒に強いか弱いかという体質も両親の型によって決まっているのですね。

ちなみに、この遺伝子の型というのは、アルコール感受性遺伝子検査で、簡単に調べることができます。

 

アルコール感受性遺伝子検査は、お酒に対する体質が分かるほか、ガンになりやすいかどうか、アルコール依存症になりやすいかどうかなども分かるというもの。

病院で調べることもできますが、ネットで検査キットを取り寄せて、口腔粘膜を採取したものを郵送で送り返すだけでも検査をしてもらえます。

 

忙しくて病院に行く時間がないという人にも嬉しいですね。

遺伝子レベルで調べるので、信頼性もあり、これから長くお酒と上手に付き合っていくために、1度検査をすることをおすすめします。

 

こちらの記事で紹介していますので、ぜひ、参考にしてください。⬇️⬇️⬇️

参考:お酒に強いか弱いか診断の基準は?3つの体質チェックで強さ判定!

 

お酒で顔が赤くならない方法

お酒で顔が赤くならない方法は、アセトアルデヒドをできるだけ早く無害な酢酸に分解すること。

ただし、先ほどもお話したように、アセトアルデヒドを酢酸に分解するALDH2の働きは、遺伝子によって決まっているためどうすることもできません。

 

そこで、効果的なのは、アルコールの分解を行う肝臓の働きを助けるような対策をすること。

具体的には次のような対策をすると良いでしょう。

 

アルコールの吸収を穏やかにする

アルコールが胃や小腸から急激に吸収されることを防ぐために、お酒を飲むときには、しっかりと食べることが重要。

空きっ腹でお酒を飲むとアルコールは急激に吸収されるので、お酒を飲む前にも脂肪分の多いものを胃に入れておくと良いでしょう。

 

おすすめなのは、チーズ、ヨーグルト、オリーブオイル、アボカドです。

お酒を飲んでいるときにもおつまみや料理をきちんと食べて、アルコールの吸収を穏やかにしてあげると、肝臓への負担も軽くなります。

 

アルコールの分解に必要なアミノ酸を補う

アルコールの分解には、アミノ酸が必要とされています。

そこで、おつまみを選ぶ時に、良質なタンパク質を含むものを選ぶことで、アミノ酸を補いましょう。

 

枝豆、焼き鳥、卵焼き、豆腐料理、お刺身、チーズ、豚肉の生姜焼き、イカ焼き、ステーキなどがおすすめ。

この時に気を付けることとして、あまり味が濃くないものを選ぶこと、冷たいものより温かいものを選ぶことです。

 

しょっぱいものや辛いものは美味しいのですが、気づかないうちにお酒が進んでしまうため、お酒があまり飲めない人は避けたほうが良いです。

そして、冷たいものよりも温かいものの方が胃腸への負担が少ないので、温かいものを意識して選びましょう。

 

アルコールの分解に必要な水分を補う

アルコールの分解には、アミノ酸と同様に水分も必要とされています。

つまり、アセトアルデヒドを分解するときに、大量の水分が使われるということ。

 

でも、お酒には利尿作用があり、お酒を飲むとトイレが近くなって、水分は尿となって排泄されますよね。

利尿作用とアルコールの分解によって体内の水分が不足がちになるので、お酒を飲むときにお水を飲んで意識的に水分補給をすることはとても重要です。

 

顔が赤くなるのを防ぐため、体の脱水症状を防ぐため、お酒を飲む時にはお水も一緒に飲んでください。

参考:お酒と水は交互に飲むべき。飲酒後も水がぶ飲みで二日酔い知らずに。

 

顔が赤くなってきたらお酒は休憩する

お酒を飲んで顔が赤くなってきたら、体内にアセトアルデヒドが分解されずに残っているというサイン。

顔が赤くなるのはアセトアルデヒドが原因であることが多いので、ALDH2の型に関わらず、アセトアルデヒドを体内に増やさないためにお酒は休憩しましょう。

 

アセトアルデヒドの分解を促すために、先ほどお話したタンパク質を含むおつまみを食べ、お水を飲んで、アミノ酸と水分を補給。

顔がほてっているので、うちわであおいだり頬を手で覆うようにすると気持ち良いです。

 

気分転換に、外の空気を吸ってリフレッシュするのも良いでしょう。

すると、顔の赤みも引いてきてまた飲めるようにもなるので、顔が赤くなってきたら無理をせず、お酒は一旦休憩です。

 

ただ、当然のことですが、許容量を超えて飲み続けていると、顔の赤みだけにとどまらずに頭痛や吐き気などの症状も出てくるので、無理はしないように。

参考:お酒が弱い人に現れる主な症状!酒が飲めない人に出やすい症状と対策とは!

 

肝臓の機能を高める生活をする

肝臓を強くしておくことで、アルコールの分解能力を高めることができます。

一般的に女性よりも男性の方がお酒に強いと言われますが、これは、男性の方が肝臓が大きいことが多いから。

 

そして、筋肉量が多い人の方がお酒に強いからということもありますので、普段から適度な運動をして、筋肉量を増やしておくと良いですね。

食生活でも、普段から良質なタンパク質やビタミンを含む食事を続けて、肝臓を強くしておきましょう。

 

意識して取り入れると良い食べ物は、鶏肉(特にささみや胸肉)、卵、大豆製品、レバー、しじみ、うなぎ、焼き海苔、枝豆など。

美味しくて体に良いものを上手に摂取して、肝臓の機能を高めましょう。

 

サプリメントを利用する

アルコールの分解を促すために、肝臓の働きを助けるサプリメントを利用することも一つの手です。

最近はテレビのCMでも、肝臓の機能を助けるサプリメントを多く見るようになりましたね。

 

それほど、効果的だということでしょう。

また、これらのサプリメントには、お酒を飲んだときの悪酔いの症状を柔らげるだけでなく、疲れにくい体になったり美容の効果もあったりするのでおすすめ。

 

お酒で顔が赤くならないために効果的なサプリ

お酒を飲んでも顔が赤くならないようにするために、肝臓の働きを助ける成分は、クルクミン、オルニチン、Lーシステイン、セサミン、タウリンなどです。

食品だけではなかなか補うことが難しいので、サプリメントを摂ることは有効。

 

有名なものとして、ウコン、しじみの力、ヘパリーゼ、スパリブなどがありますが、いろいろと試すことで悪酔いしにくい最適なサプリメントが見つかります。

私の場合は、しじみの力が1番効くのですが、友人はヘパリーゼが効くらしく、人によって効く成分が違うようです。

 

また、こちらの記事では、持ち運びに便利なタブレットや錠剤タイプのサプリメントをご紹介していますので、ぜひ、参考にしてください。⬇️⬇️⬇️

参考:お酒に強くなる方法】お酒に強くなるサプリメント4選!

 

まとめ

お酒を飲んで顔が赤くなってしまう原因は、アセトアルデヒド。

アセトアルデヒドを分解するALDH2の型は、両親から受け継いだ遺伝子によって決まっていて、アルコール感受性遺伝子検査で検査することが可能。

 

ALDH2の型を変えることはできないが、肝臓の働きを助けることで、顔が赤くなることを防ぐことは可能。

  • アルコールの吸収を穏やかにする
  • アルコールの分解に必要なアミノ酸を補う
  • アルコールの分解に必要な水分を補う
  • 顔が赤くなってきたらお酒は休憩する
  • 肝臓の機能を高める生活をする
  • サプリメントを利用する

 

これらの対策が有効だが、そもそもお酒の許容量を超えて無理をして飲むと、症状は出てしまうので、その点はご注意を。

しっかりと対策をして、楽しく上手にお酒と付き合っていきましょう。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください