お酒があまり飲めないけど楽しみたいあなたに贈るとっておきの方法!

このページにたどり着いたあなたはお酒があまり飲めない方ですか?

でも、飲み会とかホームパーティーって楽しいから、もっとお酒を飲みたい、もっとお酒を楽しみたいと思っていますか?

 

お酒はそんなに飲めないけど、みんなと一緒に飲み会やホームパーティーをもっと楽しみたいと・・。

そんな悩めるあなたに贈る、お酒を楽しむとっておきの方法をお送りしますので、一緒に見ていきましょう。

 

お酒があまり飲めない人でもお酒を楽しむ方法

お気に入りのお酒を見つける

お酒は甘いものから苦いものや渋みのあるもの、フルーティーなものからすっきり辛口な味わいのものまで、種類がとても豊富です。

そんな種類が豊富なお酒の中で、お気に入りのお酒があると、飲むことが楽しくなると思いませんか?

 

私は今はお酒が飲めるようになったので、お気に入りのお酒というと芋焼酎のロックになりますが、お酒が飲めないならば、当然にアルコール度数は気にしましょう。

いきなり芋焼酎はハードルが高いと思いますので、、、。

 

私もその昔、あまりお酒が強くなかった頃は、アルコール度数の低いカクテルを好んで飲んでいました。

最初はあまりお酒の種類を知らなかったというのもありますし、友達に勧められたものを飲んでいるということもありましたね。

 

アルコール度数の低いお酒の中で私のお気に入りは、シャンディーガフです。

シャンディーガフは、ビールをジンジャーエールで割って作るカクテルのこと。

 

ビールは元々アルコール度数が5%前後と低いところにジンジャーエールで割るため、アルコール度数はかなり下がりますし、ジンジャーエールの割合を増やして濃さを調節できるのもいいところ。

最近はノンアルコール飲料も美味しくなっていておすすめですが、少し飲めるのであれば、自分好みのお酒を探してみましょう。

 

あなたのお好みのテイストはどんな感じでしょうか?

甘い感じのお酒が好きですか?それともスッキリとした飲み口のお酒が好きですか?炭酸の爽やかさが好きですか?

 

参考:下戸でも飲める酒。お酒が弱い人におすすめのお酒はコレ!

 

会話を楽しむ

飲み会でもホームパーティーでもデートでも、どんな場所でも会話はとびっきりのおつまみになります。

楽しい会話をしながら美味しいお酒を飲む。

 

お酒に弱いあなただとしても、その場の雰囲気を楽しみ、会話を楽しめば、気持ちよく酔うことができるはず。

普段は遠慮があったり恥ずかしくて言えないことも、少しお酒が入ると、気持ちがリラックスしてすんなりと言えてしまうということもあるでしょう。

 

お酒の力を借りることがあってもいいのです。

参考:お酒に強くなった人の急にお酒が飲めるようになった話。

 

お気に入りのお店を見つける

お気に入りのお店を見つけることも楽しいですね。

街では様々なお店がOPENしていますので、雑誌で探したり、ネットで探したり、口コミで探したり。

 

昼でも夜でもお酒が飲めるお店はたくさんありますので、特別な日に行ける特別なお店を見つけて、お酒ライフを楽しんでみてはいかがでしょうか?

お気に入りのお店を見つけたら、次は友達や恋人を連れて行ってみるなど、楽しみ方はいろいろです。

 

お酒好きな人へお酒と料理を振る舞う

お酒好きな友人にお酒と料理を振る舞うのも、お酒の楽しみ方のひとつです。

あなたがお酒を飲めなくても素敵なお酒を選んでみんなに飲んでもらい、みんなが喜んでいる顔をみて満足する。

 

最近は、お酒やおつまみを持ち寄ったりして、ホームパーティーをする方も増えているようですね。

先ほどもお話ししたように、世の中にはたくさんの種類のお酒があるので、評判のお酒を振る舞って見てはいかがでしょうか?

 

お酒をプレゼントする

先ほどと似ていますが、大好きな人やお世話になっている人に、お酒をプレゼントするというお酒の楽しみ方もあります。

こだわりの製法で作られたお酒が、いまやたくさん販売されていますね。

 

旅先でお土産にお酒を選ぶことも結構ありますし、お酒が飲めなくてもこういう楽しみ方も粋ではないでしょうか?

最近は、少しお金と時間がかかりますが、自分でお酒を作るとかオリジナルのラベルを作ることもできます。

 

お酒があまり飲めないのはなぜ?

お酒を飲んでも平気な人とお酒を少し飲んだだけで酔っ払ってしまう人の違いは、どこにあるのでしょうか?

その答えは、アルコールの分解能力。

 

お酒を飲むと私たちの体では、アルコールの分解処理が行われ、最終的に体外へ排出されます。

どのように分解処理が行われて、私たちの体で何が起こっているのか、見ていきましょう。

 

アルコール分解の仕組み

アルコールはまず、胃から20%、小腸から80%の割合で吸収されて血液に溶け込み、全身を巡ります。

アルコールが脳に到達すると、脳が麻痺をして理性をつかさどる部分が少し鈍るのですが、この状態はほろ酔いで、ふわふわとした感じの気持ち良い酔い加減でリラックスできます。

 

アルコールの分解は主に肝臓で行われるので、アルコールは門脈を通って肝臓へ。

肝臓では、アルコール脱水素酵素(ADH)の働きでアルコールからアセトアルデヒドに分解されます。

 

アセトアルデヒドは、後ほど説明しますが体にとって有害な物質で、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きで無害なアセテート(酢酸)に分解。

その後、水と二酸化炭素にまで分解されて、最終的に尿や汗や呼気となって体外に排出されるというのが、アルコール分解の仕組みです。

 

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

お酒に弱い人は遺伝による

アルコール分解の過程で生成されるアセトアルデヒドは、お酒を飲んだ時に現れる吐き気や頭痛、動悸やめまいや眠気を引き起こす原因となる物質で、私たちの体にとって有害なもの。

二日酔いも、アセトアルデヒドが分解されずに体内に残っているからなるということです。

 

お酒に弱い人は、このアセトアルデヒドを分解するALDH2の働きが弱い人ということなのですが、この働きの強さは遺伝子で決まっています。

 
活性型(NN)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
活性型(NN)
活性型(NN)
活性型(NN)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
活性型(NN)
低活性型(ND)
活性型(NN)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
不活性型(DD)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
不活性型(DD)
 

アルコールに強い遺伝子がN型で、アルコールに弱い遺伝子がD型。

ご両親からそれぞれどの遺伝子を受け継いでいるかによって、あなたのお酒に対する強さが決まっているということなのです。

 

ご両親ともにお酒に強いNN型だと、その子供はNN型になりますし、ご両親ともにND型だとしたら、どのタイプの子供も生まれる可能性があるということ。

つまり、ご両親の血液型で子供の血液型が決まるのと同じように、お酒に対する体質も遺伝子で決まっているのです。

 

遺伝子なので変えることはできませんが、お酒の飲み方を変えることで、お酒に酔いにくくすることは可能なので、ご紹介しましょう。

参考:お酒に強いか弱いか診断の基準は?あなたの体質をチェックして強さ判定!

 

お酒が弱いあなたへ、お酒に酔いにくい飲み方

空腹では飲まない

空腹の状態でお酒を飲むと、胃と腸から一気にアルコールが吸収されて、すぐに酔いが回ってしまいます。

お酒を飲むときには空腹の状態では飲まないようにし、飲む前に必ず何か口に入れましょう。

 

お酒を飲む前に食べると良いとされているものは、少し脂肪分のある食べ物で、具体的には、チーズ、オリーブオイル(オリーブオイルをかけたサラダでもOK)、ヨーグルトなど。

なんでもいいですので、お酒を飲む前に何か食べて、酔いが回らないように準備をしましょう。

 

また、お酒を飲んでいるときもお酒ばかり飲むのではなく、上手におつまみを選んで食べ、アルコールの吸収を穏やかにすることが大切。

アルコールの分解にはアミノ酸が必要なので、あまり味の濃くないもので、タンパク質が豊富に含まれたもの(枝豆、焼き鳥、豆腐、卵焼き、お刺身など)がおすすめです。

 

お酒と一緒にお水を飲む

お酒を飲んでいるときに気をつけると良いことは、お酒と一緒にお水を飲むことです。

お水を飲むことでアルコールが中和され、血中アルコール濃度も下げることができます。

 

そして、アルコールを分解するためにはアミノ酸と水が必要不可欠!!!

また、アルコールには利尿作用があるため、体の水分が体外に排出されて、体は脱水状態になります。

 

お酒ばかり飲んでいると脱水症状になりますので、アルコールを早く分解するためにも、お酒と一緒にお水を飲むことはとても重要です。

二日酔い予防のためにも、水分補給は意識するようにしましょう。

 

参考:アルコールの分解は水を飲むことが最重要!アルコールは体の水分と糖分を奪う。

 

事前にサプリを飲む

お酒を楽しく飲むための準備としてサプリを飲むこともおすすめです。

例えば、ウコン、ヘパリーゼ、シジミエキスなど。

 

これらに含まれる成分は、アルコールの分解を助けてくれるもの。

ウコンに含まれるクルクミンは胆汁の分泌を促し、アルコールとアセトアルデヒドの分解を早める作用が期待できます。

 

ヘパリーゼは肝臓の機能を助けてくれます。

アルコールは肝臓で分解されるので、肝臓の機能が強化されると二日酔いにもなりにくいんですね。

 

おすすめのサプリメントはこちらから⬇️

参照:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

ゆっくりと飲む

酔いの回りを遅くするには、ゆっくりとしたペースを保って飲むことが大切です。

一気飲みなどしたら、酔いも一気に回り、具合も一気に悪くなってしまいますよね。

 

お気に入りのお店で、お気に入りのお酒を、大好きな人と、ゆっくりとしたペースで飲む。

酔っ払いにくいですし、ゆっくり飲むので飲み過ぎを防ぐこともできます。

 

最高のお酒の楽しみ方ですね!

参考:お酒をゆっくり飲む方法!綺麗な飲み方でお酒に酔わないコツ!

 

楽しく飲む

とにかく楽しい雰囲気で飲むこと。

やけ酒では酔いが早く回ってしまい、二日酔いにもなります。

 

会話を楽しんだり、食事を楽しんだり、お店やパーティーの雰囲気を楽しんだり。

お酒が弱いとしても、そんな心がけが、美味しくお酒を飲んで楽しむ上級者です!

 

まとめ

お酒が弱いあなたでもお酒の楽しみ方はたくさんありましたが、特にお気に入りのお酒を見つけることはとてもおすすめです。

仕事や勉強を頑張ったご褒美に飲む、記念日に飲むなど。

 

ただし、お酒の楽しみ方を知りすぎて、依存症にはならないように気をつけてください。

アルコール依存症には、くれぐれも要注意です。

 

以上、今回は、お酒が弱くてもお酒を楽しむための方法をお伝えしました。

次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください