飲み会でお酒が飲めない人必見!飲み会で飲まない方法と飲まなくても楽しむ方法!

大人になると、飲み会に参加する機会が増えますが、お酒好きな人に比べてお酒が飲めない人は、なんだか飲み会に誘われても飲めないことで気が引けたり、楽しめないのではないかと億劫だったりしますよね。

 

ましてや、飲み会が割り勘だとすると、お酒を飲まないと割り勘負けしてしまうと思って、飲み会に参加することに乗り気になれなかったり。

飲み会でお酒を飲んで盛り上がっている人たちのテンションについていけずに、おとなしくなってしまい、ボッチ飲みになってしまったり。

 

ですが、飲み会に参加しないと、付き合いが悪いと言われたり、話題についていけなくて取り残されて寂しい思いをしたり、ということもあります。

そんな、お酒が飲めないあなたに、飲み会でお酒を飲まなくても楽しむ方法を伝授いたしましょう。

 

お酒が飲めないことは悪いことじゃない

飲み会では、お酒を飲まなきゃいけないって思っていませんか?

飲み会とは「お酒を飲むために集まる会」と定義づけられていますが、私は、「お酒を飲んで、親睦を深めてもっとみんなの距離を縮めるために集まる会」と定義づけます。

 

友達同士でも、素敵なお店でみんなで集まって、日頃話せないこともお酒の力も借りつつ語る。

会社に新しい人が仲間に加わると必ずと言っていいほど歓迎会が開かれるのは、新入社員のことを知ること、新入社員に会社のみんなのことを知ってもらうことが目的。

 

つまり、飲み会は、参加メンバーのことをお互いにもっと知るために開かれる。

 

そこで、お酒が入ることでリラックスしたり、酔っ払って本音が出ることも多いのですが、別にお酒を無理に飲まなくてもいいんです。

お酒を飲まなくても、普段話せないことを語ることは意識すればできますし、今はどのお店でもノンアルコール飲料を種類豊富に取り揃えていますので、お酒が飲めないならば、ノンアルコール飲料を楽しむことができます。

 

参考:下戸でも飲める酒。お酒が弱い人におすすめのお酒はコレ!

 

お酒が飲めない人の特徴

お酒が飲めない人(飲まない人も含む)と言ってもいろいろなパターンがありますが、大きく分けて次のパターンなのではないでしょうか?

  1. 体質的に飲めない
  2. 健康上の理由
  3. 過去のお酒での失敗によるトラウマ
  4. お酒を美味しいと思わない

 

体質的に飲めない

日本人の約6%は、体質的にお酒が飲めないと言われています。

アルコールの分解は、主にアルコール脱水素酵素(ADH1B)とアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の2つのアルコール分解酵素の働きによって行われるもの。

 

このADH1BとALDH2の働きの強さは、ご両親から受け継いだ遺伝子によって決まっていて、

  1. DD型(全くお酒を受け付けない体質)
  2. ND型(お酒に弱い体質)
  3. NN型(お酒に強い体質)

の3つに分けられます。

 

参考:お酒に強いか弱いか診断の基準は?3つの体質チェックで強さ判定!

 

健康上の理由

健康診断で肝臓の数値が悪く、医者から酒を止められているという人もいますね。

医者から止められているということはなくても、家族から止められているという人もいるかもしれません。

 

人によってお酒の許容量というものは違いますが、その人の許容量を超えて飲み続けていると、アルコール性脂肪肝の状態に。

その後も飲み続けていると、アルコール性肝炎、アルコール性肝線維症、アルコール性肝硬変、アルコール性肝癌になる可能性があり、軽視はできません。

 

最悪の場合は死に至ることもあるので、医者や家族が心配してお酒を止めるのは当然ですよね。

 

過去のお酒での失敗によるトラウマ

過去にお酒を飲んでいる席で大失敗を犯した経験があると、お酒を飲むことをためらってしまうでしょう。

多少の失敗は誰にでもあるものですが、お酒を飲むと暴れてしまったり暴言を吐いてしまいがちな人は、お酒を控えた方が自分のためにも周りのためにも良いもの。

 

「酒は飲んでも飲まれるな」ですね。

参考:お酒で失敗。飲み会でやらかした粗相とは?お詫びのしようもございません。

 

お酒を美味しいと思わない

そもそも、お酒の味自体が苦手で美味しいと思わないから飲まないという人もいます。

美味しくないものを無理して飲むことはありませんので、この場合は、ソフトドリンクでもOK。

 

OKですが、お酒の種類はたくさんありますし、飲み会の席ではできるだけお酒かノンアルコールドリンクにした方が良い印象だと個人的には思います。

参考:お酒弱い人でも飲めるお酒。お酒が苦手な人でも飲めるおすすめカクテル!

 

 

また、飲み会に車で参加しているという人も飲んではいけないですよね。

飲み会でたまに「飲み会なんだから酒くらい付き合え」とか「酒が飲めないなんてつまらない奴だ」などと言う人が(未だに)いますが、そんな輩は無視しましょう。

 

いろいろな理由でお酒を飲まないものですが、マナーを守って楽しい飲み会にしたいものです。

参考:お酒に強くなる方法!お酒に強くなった人が実践した8つのこと!

 

飲み会で飲まない方法

さて、いよいよ本題ですね。お待たせしました。

飲み会で飲まないでいても周囲にとやかく言わせず、自らも楽しめる方法をお伝えしましょう。

 

周囲を味方につける

まず最初の段階で大切なことは、周囲の人に、あなたがお酒を飲めないことをしっかりと伝えること。

最初に飲まないキャラを定着させれば、飲み会で飲まなくても、あの人は飲まない人と認識されて気持ちも楽です。

 

お酒を飲めない人というのは、必ず一定数いるので、お酒を飲む人も理解を示す人が多いでしょう。

そうすれば、「飲み会なんだから酒くらい付き合え」とか「酒が飲めないなんてつまらない奴だ」なんて言う人がいたとしても、無理強いはダメだと諭してくれる人が現れます。

 

となれば、飲み会で飲まなくても大丈夫。

体質的にお酒が飲めない人は特に、周囲を味方につけることが重要です。

 

参考:行きたくない飲み会の過ごし方。会社の飲み会が大嫌いでも苦痛にならない方法!

 

ノンアルコール飲料を選ぶ

あなたは飲み会でソフトドリンクを頼んでいませんでしたか?

飲み会は、お酒を飲んで親睦を深める場所なので、お酒を飲めないならば飲めないなりに、ノンアルコールドリンクを頼んでみてはいかがでしょう。

 

お酒を飲んでいる人から見ても、お酒を飲めない人がソフトドリンクを飲んでいるより、ノンアルコール飲料を飲んでいる方が一体感が出るものです。

ノンアルコールビールが一般的ですが、苦手であれば、ノンアルコールワインやノンアルコールカクテルもありますし、お店によっては、ノンアルコールの日本酒や焼酎、ウイスキーを取り揃えているところも。

 

お酒を飲めない人や車で来ている人のために、ノンアルコールドリンクを豊富に取り揃えているお店も多いので、あなたのお好みの1杯をぜひ見つけましょう。

参考:お酒が弱い人にもおすすめのアルコール弱いお酒!おすすめカクテルも!

 

飲めないならば食べることに集中

お酒が飲めないならば、料理を食べることに集中です。

普段食べられないものを食べられるチャンスなので、飲み会ではメニューを手元に置き、食べたいものを遠慮なく頼んで、食べることを楽しむこと。

 

食べることを楽しむことで、割り勘負けをしないという嬉しいおまけも付いてきます。

食べることや会話に集中していると、お酒を飲まなくても飲み会の時間はあっという間に過ぎ、いつの間にかお開きに。

 

太っちゃう?いやいや今日だけは気にせず、たくさん食べて楽しんでください。

私なら、お店自慢の熟成肉のステーキとか珍しいチーズの盛り合わせとか旬のお刺身などをたくさん頼みます。

 

たくさん頼んで周りの人ともシェアして、美味しく楽しく飲み会を過ごしましょう。

 

酔っている人の話を聞く

飲み会はお酒を飲んで親睦を深める場所なので、コミュニケーションを取ることもお忘れなく。

人は酔っ払うと饒舌になることが多く、聞いてもいないのに普段話さないことを話している人がいます。

 

この時に話を聞いてあげることで、その人の意外な一面を見れたりもしますし、あなたに有益な情報を得ることができるかもしれません。

何より話を聞いてあげると酔っ払いは間違いなく喜ぶもの。

 

人間観察にもなって楽しいこと間違いなしですので、ぜひ、飲み会では意識して、酔っ払っている人の話を聞いてみてくださいね。

人の話を聞いている時間は、話に集中しているので、飲まなくても大丈夫。

 

楽しい話をしているところに積極的に参加して飲み会を楽しみましょう。

参考:お酒があまり飲めないけど楽しみたいあなたに贈るとっておきの方法!

 

飲み会で飲めない人が楽しむ方法

テンションを合わせる

お酒を飲んで酔っ払うと、ほとんどの人のテンションが上がります。

すると、シラフのあなたとの間に温度差ができてしまいますが、そんな時は、無理のない程度にあなたが歩み寄ってテンションを合わせてあげた方が楽。

 

無理をする必要はありませんが、酔っ払いが語り始めたら質問を投げかける、盛り上がっていたら笑顔で接してあげるなどですね。

ただし、話を聞いてあげることで調子に乗ってくる酔っ払いは、軽くいなして、トイレに行くふりをして席を立ち、戻ったら違う席に座るなど対策を取りましょう。

 

参考:飲み会を楽しめない人必見!飲み会大嫌いな人が苦手を克服する3つのコツ!

 

お酒を飲まない仲間を見つける

どうしてもテンションに付いていけないときは、お酒を飲まない仲間を見つけて過ごすこと。

普段あまり接したことがない人でも、飲み会の席で同じお酒を飲まない同士として、親睦を深めてみると良いでしょう。

 

一緒に美味しいノンアルコール飲料を見つけることも楽しいですし、美味しい料理を頼んでワイワイすることもいいですね。

仲間がいる飲み会は、一気に楽しいものになること間違いなし。

 

お酒を飲まない者同士で親睦が深まって、有意義な飲み会になることもあるでしょう。

参考:飲み会のうるさいノリについていけない!それでも飲み会を楽しむ3つのコツ!

 

まとめ

お酒が飲めないからといって、飲み会を楽しまないのは絶対に損。

お酒を飲まなくたって、親睦を深めることはできますし、飲み会を楽しむことはできます。

 

次回の飲み会では、ソフトドリンクではなくノンアルコールの飲み物を頼み、料理を楽しみ、酔っ払いを観察するなどして、思いっきり楽しむことを意識してみてください。

そして、良いお酒飲まない仲間が見つかるといいですね。

 

それでは、楽しい飲み会ライフを!次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください