接待で酒飲めない男はつまらない、ダサいの評価?酒飲めない人の評価アップのコツ!

世の中が急激に変わりつつある今、仕事上での接待は減ってきているようですが、それでも、業界によっては接待を重要視している所もまだまだありますね。

一流のリーダーにとって接待は、親睦を深めるというよりもビジネスの場であり、相手を観察する場となっています。

 

最近ではそれほど仕事上で接待が重要視されていないとはいえ、やはり、良い人間関係を築くという面でお酒の付き合いは大切なもの。

では、お酒が飲めない人が接待に参加する時には、どのようなことを意識すれば良いのでしょうか?

 

酒が飲めないならば接待で飲まなくても良い

飲めないことを伝える

お酒が飲めないならば、飲めないことを最初にしっかりと伝えておくことです。

周りに伝えないでそのまま接待が進み、無理して飲んでいたら、そちらの方が迷惑がかかりますので。

 

「体質的に飲めない」「医者からアルコール禁止と言われている」「健康診断で肝臓の数値が悪い」「少しなら飲めるが強くはない」「酒の失敗が多いので今日は迷惑をかけないようほどほどに」など最初に伝えておきましょう。

 

接待の雰囲気づくり

接待の場といえば、やはり、信頼関係を築く場所ですので、楽しく良い雰囲気づくりを心がけましょう。

まず、大切なことは、接待の相手の話を聞くことです。

 

相手の話を聞くことに集中することで、お酒を飲まなくても大丈夫というメリットも。

しっかりと雰囲気づくりができれば、お酒など添え物程度で飲まなくても良いのです。

 

接待で酒を飲まなくても「つまらない」「ダサい」と言わせないコツ

会話

接待というと、お酒を飲む場となることが多いですが、あなたがお酒が飲めなくて、接待でも飲まないならば、意識すべきは会話。

相手がどのようなことに興味を持っているのかというのは、事前に調べて知っているはずなので、そこを会話に組み込みましょう。

 

自分のことを話すことも必要ですが、まずは相手の話を引き出します。

相手が話しづらそうだったら、こちらから話して会話をつなげるというくらいがちょうど良いですよ。

 

根回し

接待で仕事を取りたいのであれば、事前の根回しはしっかりと。

相手がお酒を飲むのか飲まないのかによって、選ぶお店も異なりますし、メンバーだって異なりますよね。

 

もしかしたら、プレゼントなどを用意することもあるかもしれませんので、しっかりと根回しをしておきましょう。

つまらない、ダサいと言わせないためにも、相手が喜ぶことを相手のことを思ってすること。

 

なんだかデートの準備みたいですね。

 

おもてなし

事前の根回しが完璧に整ったら、実際の接待の場所でのおもてなしです。

先ほどお話しした雰囲気づくりや、相手のことを気遣った会話を意識して、接待を進めること。

 

同席している人の飲み物がなくなっていないかなど、全体を常に見回して把握して、おもてなしを心がけましょう。

たくさんの笑い声が生まれる接待の場になると良いですね。

 

仕事で結果を

接待の場をきっちりと乗り切ったら、次は、仕事でしっかりと結果を残しましょう。

いくら接待の場の雰囲気を良くして、良い人間関係が作れたとしても、肝心な仕事ができなければ本末転倒。

 

事前準備をしっかりと行い、接待の場では良い雰囲気づくりを心がけて、会話やおもてなしなどできるあなた(今までできていなかったとしても、この記事を読んで実践すればできます)ですから、仕事もしっかりと行って必ず契約できることでしょう。

 

お酒が飲めない男のお酒対策

接待の場では、お酒を飲むことが暗黙の了解ということもあるでしょう。

「酒は飲んでも飲まれるな」という言葉もあるように、お酒に自信がないならばしっかりと対策をすること。

 

体調管理をしっかりと

体調が悪いと、普段よりも酔いやすいので、接待があるときは、数日前からしっかりと体調を整えるように意識しましょう。

風邪を引かないことや食事管理をすることも重要ですし、睡眠不足なんてもってのほか。

 

しっかりと栄養と休養を取って、接待に臨んでくださいね。

 

サプリメントに頼る

肝臓の機能を強化するサプリ、胃腸を守るサプリ、アルコールの分解を助けるサプリなどが有効です。

普段から常備してカバンの中に忍ばせておくと、急な飲み会の時にも慌てなくて済むのでおすすめ。

 

ドリンクタイプ、錠剤タイプ、顆粒タイプなどありますので、あなたに合っていてお好みのものを見つけて常備してください。

参考:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

空腹では飲まない

体調不良でお酒を飲んでも酔いが早く回り危険ですが、空腹の状態で飲むことも危険です。

なぜなら、空腹の状態で体内にアルコールが入ると、胃や腸からアルコールが一気に吸収され、身体中にすぐにアルコールが回ってしまうから。

 

先ほどのサプリメントと共に、簡単に食べられるバタークッキーや飴玉などをカバンに忍ばせておいたり、可能であれば、接待の前にチーズや牛乳、オリーブオイル(をかけたサラダ)などを食べておくと良いでしょう。

また、接待の席では、お酒を飲むよりもきちんと食べることです。

 

会話に集中したりして忙しいですが、何よりも自分の体のことを優先すべきですので、きちんと食べることが重要。

悪酔いしないようしっかりと対策をして接待に臨むようにしましょう。

 

お水をたっぷりと飲む

お酒と一緒に食べること同様、それ以上に、お酒と一緒にお水を飲むことが重要。

アルコールの分解は肝臓で行われますが、その際、大量の水分が使われますので、アルコールの分解を助けるためにも、お酒と同量かそれ以上に水分を取ることを意識してください。

 

また、接待が終わり、家に帰って寝る前にも、コップ1〜2杯の水を飲んでおくと、寝ている間のアルコール分解を助けることになるので、二日酔いの予防にもなりおすすめですよ。

 

まとめ

仕事の付き合いで接待の席につく時に、お酒が弱いと、接待相手に気を遣うほかに、自分の体調のことにも気を遣わなくてはならないですよね。

ですが、お酒の対策を練ることで体を守ることができますので、接待相手への対策と同時にお酒の飲み方も考えてみましょう。

 

特に、空腹の状態で飲まないことと、水分補給は本当に大切。

お酒と上手に付き合って、楽しい飲み会ライフを送り、仕事の成果も上げましょう。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください