お酒に酔うと眠くなるタイプの人の対策!お酒で眠くなるのは肝臓のせい?

お酒を飲んだときに、最初は調子良く飲んでいたのに、あるタイミングで急に眠くなり、ひどいときには寝てしまう。

あなたは、そんな経験ありませんか?

 

自宅や友人宅で飲んでいるときなら、そのまま寝てしまってもいいとして、お店で飲んでいるとき、特に会社の飲み会や接待で眠くなってしまっては困りもの。

お酒を飲んで眠くなるという人の症状の原因と対策について、一緒に見ていきましょう。

 

酔うと眠くなる原因とは?

アルコールで小脳が麻痺している

お酒を飲むとアルコールが胃から20%、小腸から80%の割合で吸収され、血液に溶け込んで全身を巡ります。

アルコールが脳に到達すると、脳を麻痺させて、理性をつかさどる部分の働きが低下したりリラックスしたりという状態になります。

 

摂取したアルコールの量が少量のときは、アルコールが脳に到達しても、大脳皮質が麻痺しているだけで、この時点では、ほろ酔いの状態。

しかし、アルコールの量が増えてきて、小脳が麻痺すると眠気を引き起こしてしまいます。

 

お酒に対する体質によってお酒の許容量は人それぞれですが、その人の許容量を超えて飲んでしまうと、小脳まで麻痺してしまい、眠くなってしまうということ。

小脳を麻痺させるほど飲んでいるときには、足元がふらつき、一人では歩けないほどの状態になっていることがほとんどです。

 

参考:お酒の酔いのレベルって?お酒に酔う感覚も量も人それぞれなのはなぜ?

 

アセトアルデヒドの分解速度

お酒を飲むと、アルコールは、門脈を通って肝臓に運ばれ、大部分は肝臓で分解処理されます。

アルコールの分解の仕組みは次のとおり。

 

アルコールが体内に摂取されると、まず、胃で20%、小腸で80%吸収され、その後血液に溶け込み、門脈を通って肝臓まで運ばれる。

肝臓では、ADHというアルコール脱水素酵素の働きによって、アルコールは有害なアセトアルデヒドに分解。

そして、ALDH2という2型アルデヒド脱水素酵素の働きによって、アセトアルデヒドは無害なアセテート(酢酸)に分解。

さらに、水や二酸化炭素にまで分解されると、尿や汗や呼気となって体外に排出される。

 

この分解処理の速度が遅いと、アセトアルデヒドが体内に残ってしまい、眠気を引き起こしてしまうというわけ。

大量にお酒を飲んだり、体質的にアセトアルデヒドの分解酵素の働きが遅いと、眠気が襲ってきます。

 

肝臓の機能の低下

年齢を重ねると、若い頃に比べてお酒に弱くなったという人は多いものです。

この理由は、加齢により内臓の機能が低下することによります。

 

加齢によって肝臓の機能が低下すると、アセトアルデヒドの分解速度が遅くなり、アセトアルデヒドが分解されないまま脳に大量に到達してしまうので、少量のお酒でも眠くなってしまうということ。

加齢以外にも、薬の乱用や疲れなどによって、肝臓の機能が低下しても同じことになります。

 

肝臓の機能の低下を防ぐ対策が必要になってくるでしょう。

参考:お酒が飲めない理由とは?体質とアルコール分解酵素が関係していた!!

 

酔うと眠くなるタイプの人がするべき対策

自分の許容量を超えない程度に飲む

少量飲んだだけなら眠くならないとすれば、許容量を超えてお酒を飲まないことです。

無理をしたり調子に乗ってお酒を大量に飲んでしまうから、眠くなってしまうのですよね。

 

許容量は今までお酒を飲んできた経験で大体は分かるものではありますが、自分がお酒に強いのか弱いのかきちんと把握していると安心。

お酒の強さは、ほぼ遺伝子によって決まっているので、一度検査をしてみると対策が取りやすいでしょう。

 

お酒と上手に楽しく長く付き合っていくためには、自分の体質を遺伝子レベルで知っておくことは必須です。

参考:お酒に強いか弱いか診断の基準は?3つの体質チェックで強さ判定!

 

お酒を飲んでいるときに水を飲む

お酒を飲みながら一緒に水を飲んで水分補給をすることで、アルコールの分解を助けることになり、眠くなりにくいでしょう。

アルコールの分解には大量の水とアミノ酸が使われるので、水分補給することがアルコールの分解を助けることになるというわけ。

 

お酒を飲んでいつも眠くなってしまうということを防ぎたいときは、お酒と一緒にお水を飲むようにしてください。

お酒を飲んだ後にもお水を飲んで水分補給をすることで、二日酔いの防止にもなります。

 

この場合は、お酒を飲んだことにより低血糖になっていることも多いので、お水のほかスポーツドリンクや経口補水液、グレープルーツジュースなども効果的。

お酒を飲むと脱水症状を引き起こすので、水分補給はとても大切です。

 

参考:お酒と水は交互に飲むべき。飲酒後も水がぶ飲みで二日酔い知らずに。

 

肝臓の機能の低下を防ぐ

肝臓の機能が低下することによって、アルコールの分解がスムーズに行われなくなり、お酒を飲んだときに眠くなってしまうことにもつながります。

肝臓の機能の低下を防ぐ方法を、2つお伝えしましょう。

 

  • 食生活に気をつける

肝臓の機能の低下を防ぐためには、普段の食生活で、良質なタンパク質と肝臓に良いビタミンを積極的に摂ること。

良質なタンパク質と肝臓に良いビタミンを摂ることで、肝臓の機能の低下を防ぐことができるでしょう。

 

良質なタンパク質を含む食べ物は、鶏卵、鳥ささみ、牛乳、青魚、大豆製品など。

肝臓に良いビタミンを含む食べ物は、レバー、シジミ、うなぎ、焼き海苔、枝豆など。

 

普段の食生活に肝臓に良い食べ物をバランス良く取り入れることで、健康にもなりますし、お酒とも上手に付き合うことができるようになります。

 

  • 筋肉量を増やす

筋トレをして筋肉を増やすと、肝臓の機能の低下を防ぐことにもつながります。

ほどよく筋トレをして筋肉量を増やすと、いつもよりもお酒を飲んで眠くなってしまうということが減っていくでしょう。

 

一般的に筋肉量の多い男性の方が女性よりもお酒に強い人が多いと言われています。

こちらも健康的に過ごすことにもつながりますので、適度な運動をして、筋肉量を増やすようにすることは大切。

 

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

お酒を飲むと眠くなるから眠れないときに飲む?

お酒を飲むと眠れるからと言って、なかなか寝付けないときにお酒を飲む人がいますが、これはおすすめできません。

お酒を飲むと脳や神経が麻痺して眠くなりますが、アルコールの分解をする必要があるため体は熟睡できないのです。

 

ご飯を食べてすぐ寝ると、寝ている間に食べ物を消化する必要があるため熟睡できていないのと同じこと。

飲酒をしてすぐ寝たり、寝酒を習慣にすることは避けましょう。

 

寝酒がダメな理由は次のとおり。

  • 熟睡できない
  • 寝酒が習慣化すると酒がないと眠れなくなってしまう
  • 自律神経のバランスが崩れる
  • アルコール分解をするため肝臓が休まらない

 

お酒を飲むとすぐに眠くなるからと言って、寝酒をするのはやめた方が良いですね。

参考:お酒が弱い人に現れる主な症状!酒が飲めない人に出やすい症状と対策とは!

 

まとめ

お酒を飲むと眠くなる人は、自分の体質を把握して飲みすぎないこと。

眠くならない対策として、お酒と一緒にお水を飲むことと、肝臓の機能を低下させない生活を送ることが有効。

 

せっかくお酒を飲むのですから、眠くなったりせずに、お酒を楽しみたいですね。

そして、お酒を飲むと眠れるからと言って寝酒をするのはやめること。

 

お酒と上手に付き合って、楽しくお酒を飲みましょう。

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください