お酒を飲むと頭痛がする!アルコールによる頭痛の原因と予防策!

飲み会などでお酒を飲んでみんなと過ごすのは楽しいものですが、飲んでいる最中や飲んだ後に頭痛がすると嫌ですよね。

お酒を飲みすぎてしまうと、酔っ払って様々な症状が現れますが、今回は、頭痛に注目してみましょう。

 

アルコール摂取による頭痛はなぜ起こってしまうのか?

頭痛を予防することはできるのか?その方法は?

 

そして、お酒を飲んでいる時や飲んだ後に頭痛になってしまったらどうすれば良いのか?

お酒を飲んでほろ酔いになるのは気持ちが良いけれど、頭痛は起こってほしくないものですので、原因と対策をしっかりと学び、役立ててください。

 

お酒を飲みすぎると頭痛が引き起こされる原因

アセトアルデヒドの仕業

お酒を飲みすぎると頭痛がする原因は、ズバリ、アセトアルデヒドです。

アセトアルデヒドってなんぞや?という人もいると思いますので、ここで、お酒を飲んだときに体の中でどのようにアルコールが分解されていくのか、見ていきましょう。

 

お酒を飲むとアルコールは、胃から20%、小腸から80%の割合で吸収され、血液に溶け込んで全身を巡ります。

アルコールの分解は主に肝臓で行われるため、アルコールは門脈を通って肝臓に運ばれます。

肝臓では、アルコール脱水素酵素(ADH)の働きによって、アルコールをアセトアルデヒドに分解。

そして、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きによって、アセトアルデヒドをアセテート(酢酸)に分解。

最終的には水と二酸化炭素にまで分解されて、全身を巡りながら尿や汗や呼気となって体外に排出されていきます。

 

このアルコールの分解の途中で発生するアセトアルデヒドが、私たちの体にとって有害であり、頭痛の原因になるのです。

アセトアルデヒドが脳に達すると、脳の血管を拡張させて脳を圧迫し、頭が痛くなるというわけ。

 

アセトアルデヒドは頭痛のほか、吐き気、顔の紅潮、動悸、めまい、眠気、二日酔いの原因とも言われるほど有害物質です。

参考:お酒が弱い人に現れる主な症状!酒が飲めない人に出やすい症状と対策とは!

 

ALDH2の3つの型

アセトアルデヒドを無害な酢酸に分解するのはアルコール分解酵素であるALDH2ですが、このALDH2には3つの型があります。

  1. 活性型(NN型) :お酒に強い体質
  2. 低活性型(ND型):お酒に弱い体質
  3. 不活性型(DD型):全くお酒を受け付けない体質

 

日本人にはND型とDD型が多く、全体の約半数と言われていて、日本人は、実はお酒に弱い人種なのです(欧米人は皆NN型でお酒に強い)。

ND型やDD型ですと、なかなかアルコールの分解が進まずに、有害なアセトアルデヒドが全身を巡ってしまうので、頭痛も引き起こしやすい。

 

そして、この型は遺伝子によって決まっていて、ご両親からどの遺伝子を受け継いだのかによって、あなたのお酒に強いか弱いかの体質は決まっているのです。
 
 
活性型(NN)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
活性型(NN)
活性型(NN)
活性型(NN)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
活性型(NN)
低活性型(ND)
活性型(NN)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
不活性型(DD)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
不活性型(DD)

 

NN型の両親からはNN型しか生まれませんが、一方がNN型で一方がND型ですとNN型かND型の子供が生まれるということ。

血液型が両親からの遺伝子で決まるように、お酒に対する体質も遺伝子によって決まっているのです。

 

この遺伝子は、口腔粘膜から簡単に調べることができますので、これからお酒と上手に付き合っていきたいならば、検査をしておいたほうが良いでしょう。

楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

アルコールによる頭痛が起きないための予防策

お酒が弱い、つまり、アセトアルデヒドを分解するALDH2の働きが弱い人は頭痛になりやすいですが、その対策として、頭痛を引き起こさないための予防策をまとめましたので、見ていきましょう。

 

お酒の許容量を把握する

お酒を飲みすぎると頭痛を引き起こしてしまいますが、同じ量を飲んでいるのに頭痛になる人とならない人がいます。

これは、ALDH2の働きの違いによるものであることは、もう分かりますよね。

 

ALDH2の働きによってお酒の許容量は違うので、自分のお酒の許容量をしっかりと把握しておくことは重要。

自分がALDH2の3つの型のどれになるのかをしっかりと把握して、許容量を超えた量のお酒を飲まないように気をつけることです。

 

参考:下戸でも飲めるようになった方法!下戸だけど飲みたいあなたへ!

 

飲むお酒を選ぶ

お酒の種類や飲み方によって、酔っ払い方や頭痛のなりやすさは違います。

頭痛を引き起こさないためには、アルコール度数には気をつけて、アルコール度数の低いお酒を選びましょう。

 

お酒の種類は、ビール・日本酒・焼酎・ワイン・リキュールなどたくさんありますが、なるべく複数のお酒の種類を選んで飲む、いわゆるちゃんぽんをしないことも大切。

ちゃんぽんは、お酒の種類を変えるたびに味が変わってお酒が進むので、飲んだ量が分かりづらくなり、その結果飲み過ぎてしまいます。

 

また、お酒には醸造酒と蒸留酒がありますが、不純物の少ない蒸留酒の方が酔っ払いにくく、頭痛を引き起こしにくいとも言われています。

蒸留酒とは、焼酎やウイスキー、泡盛やウォッカなど。

 

蒸留酒はそのままですとアルコール度数が高いので、酎ハイやハイボールなど水や炭酸水やジュースなどで割って飲むとアルコール度数が低くなるので良いでしょう。

 

ゆっくりとしたペースで飲む

お酒を飲むペースが速いと、胃や小腸からのアルコールの吸収が急激になり、アセトアルデヒドの分解も追いつかなくなるため、頭痛になりやすいです。

お酒は、ゆっくりとしたペースを保って飲むようにすること。

 

会話を楽しみながら、料理との相性を楽しみながら、お酒の味を味わいながらゆっくりと飲むようにしましょう。

参考:お酒をゆっくり飲む方法!綺麗な飲み方でお酒に酔わないコツ!

 

サプリメントを飲んでおく

お酒を飲む前にサプリメントを飲んでおくことでも、頭痛の予防になります。

二日酔いの予防にもなりますので、クルクミンやオルニチン、Lーシステイン、セサミンなど、肝臓の機能を助ける成分を含むサプリメントを選ぶこと。

 

サプリメントは薬ではありませんが、大量に飲めば良いというものではありません。

いろいろと試してみて、自分の体質に合ったサプリメントを常備するようにしてください。

 

参考:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

アルコールによる頭痛が起きてしまったら

お酒は休憩する

お酒を飲んで頭が痛くなってきたら、お酒は一旦休憩すること。

飲み続けると体内のアセトアルデヒドは増えるばかりで、肝臓に負担がかかります。

 

頭痛が起きているということは、体がアルコールを拒否している状態ですから、お酒を飲み続けるのは危険です。

 

お水を飲んで水分補給をする

アセトアルデヒドを分解するためには、大量の水が必要となるので、頭痛が起きたらお水を飲んで、しっかりと水分補給をすること。

頭痛が起きていなくても、お酒を飲みながらしっかりと水分補給をすることは重要です。

 

お酒には利尿作用があるので、トイレが近くなり、ただでさえ体の水分は体外に排出されていきます。

その上、アルコールの分解にも水が必要なので、お酒を飲むと体は脱水状態になりがち。

 

お酒を飲みながらお水を飲むことは、体のためを思ったら必要不可欠ですので、しっかりと覚えておいてください。

参考:アルコール分解には水が必要!アルコール分解を早めるには水分補給が最重要!

 

まとめ

お酒を頭痛がするのは、アセトアルデヒドが脳の血管を拡張させて脳を圧迫するから。

同じ量を飲んでも頭痛がする人としない人がいるのは、ALDH2の型の違いで、ALDH2の型は両親から受け継いだ遺伝子によって決まっているもの。

 

頭痛を引き起こさないためには、自分の許容量を把握して飲み過ぎないこと、お酒の選び方や飲み方を工夫すること。

サプリメントを取り入れることもおすすめ。

 

頭痛を引き起こしてしまったら、お酒は休憩して、水分補給を心がけること。

お酒と上手に付き合って、楽しく過ごしましょう。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください