シャンパン・ワインが飲めるようになりたい!飲めるようになる方法は?

シャンパンやワインが飲めるようになりたい。

おしゃれな人なら特に、シャンパンやワインには特別な思いを持っているもの。

 

ビールをグビッと飲んだり、日本酒を楽しむことももちろん良いのですが、洋食ならばシャンパンやワインが合いますよね。

しかし、お酒に弱い体質の人は、シャンパンやワインを飲むとすぐに酔っ払ってしまうため、避けてしまうこともあるでしょう。

 

シャンパンやワインはアルコール度数が12%前後のものが多いため、酔いやすいと感じている人も多いはず。

今回は、シャンパンやワインが飲めるようになりたいと思っている人へ、飲めるようになる方法を伝授します。

 

シャンパンやワインを飲めるようになりたい

お祝い事をするときやお酒をおしゃれに楽しみたいときなど、シャンパンやワインを飲みたい人は多いもの。

シャンパンやワインは製造工程の繊細さから、高価なものはとても高いのですが、スパークリングワインやハウスワインならば手軽です。

 

しかも、スパークリングワインやハウスワインも美味しいものがたくさんあるので、その1本との出会いを楽しむという楽しみ方もありますね。

シャンパンやワインは、ランチの時から夜の落ち着いたくつろぎタイムまで、いつでも飲めるお酒。

 

気軽に1杯2杯と飲んでみたいお酒ですよね。

すぐに酔っ払ってしまうという人は、飲み方に気をつけて、楽しんでみましょう。

 

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

お酒が飲めるようになる方法

お酒に対する自分の体質を知る

お酒を飲んですぐに酔っ払ってしまったり具合が悪くなってしまう人は、アルコール分解酵素の働きが弱いタイプなのかもしれません。

アルコールによる吐き気や頭痛などの症状の原因は、アルコールを分解する過程で生成されるアセトアルデヒドという物質。

 

このアセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きの強さは、遺伝子によって決まっています。

ALDH2の働きが弱いのにお酒を飲み続けていると、様々な病気にもかかりやすくなるので危険です。

 

ALDH2の働きが弱いタイプの人は、特にお酒の飲み方には気をつけなければなりません。

しかし、普段から遺伝子の強さなどを知ることは難しいものです。

 

こちらは、口腔粘膜を採取することで簡単に遺伝子の型を調べることができる検査なので、一度調べてみましょう。

楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

おつまみをしっかりと食べる

空きっ腹にお酒を飲むと、胃や小腸の粘膜からアルコールが一気に吸収されて危険です。

急性アルコール中毒も、つまみも食べずに大量のアルコールを飲んで、体内にアルコールが一気に吸収されてしまうことが原因。

 

シャンパンやワインを楽しむ時にも、必ずおつまみや食事を食べながらにして、アルコールの吸収が穏やかになる工夫をしましょう。

チーズや生ハムなど、タンパク質を含むものは、アルコールの分解を助けてくれるので特におすすめ。

 

夜、自宅で楽しむ時にも、簡単なおつまみを用意して、アルコールの吸収を穏やかにしてください。

 

ゆっくりとしたペースで飲む

お酒を飲むペースが速いときも、アルコールの吸収が速くアルコールの分解が追いつかなくなるため、すぐに酔っ払ってしまいます。

お酒はゆっくりとしたペースで、お酒の味を味わいながら飲むようにすること。

 

シャンパンやワインは、香りを楽しむこともできるので、味や香りを楽しみながらゆっくりと飲むようにしてください。

ゆっくりとしたペースを保つ意識をするだけで、悪酔いを防ぐことができます。

 

参考:お酒で顔が赤くならない方法ってあるの?ヘパリーゼを飲むと顔が赤くならないってホント?

 

必ずチェイサーとして水を用意する

アルコールの分解には、タンパク質と水が大量に必要になります。

なので、シャンパンやワインを飲む時には、シェイサーとして必ず水を用意して、お酒と水を交互に飲むようにしましょう。

 

お水を飲むことで、アルコールの分解を助けるとともに、脱水症状を防ぐという効果も。

お酒を楽しんだ後にお水(この場合は経口補水液でも良い)を飲むことで、嫌な二日酔いも防ぐことができます。

 

シャンパンやワインをベースにしたカクテルを楽しむ

以上のような対策をしても悪酔いしてしまう人は、シャンパンやワインをベースにしたカクテルを楽しむというのがおすすめです。

お酒に弱くてもシャンパンやワインをおしゃれに楽しみたいという気持ちは、とてもよく分かります。

 

カクテルには、お酒同士を混ぜて作るものとお酒とジュースや炭酸水を混ぜて作るものがあるので、ジュースや炭酸水を使うカクテルを選ぶこと。

このようなカクテルは、アルコール度数が低くなりますので、美味しく飲めて悪酔いも防ぐことができます。

 

代表的なものは、シャンパンベースはミモザ、バルボタージュ、ベリーニ、ワインベースはキティ、オペレーター、スプリッツァーなど。

ミモザ・・・・・・シャンパンをオレンジジュースで割ったカクテル

バルボタージュ・・シャンパンをオレンジジュース、レモンジュース、グレナディンシロップで割ったカクテル

ベリーニ・・・・・スパークリングワインをピーチネクター、グレナディンシロップで割ったカクテル

キティ・・・・・・赤ワインをジンジャーエールで割ったカクテル

オペレーター・・・白ワインをジンジャーエールで割ったカクテル

スプリッツァー・・白ワインを炭酸水で割ったカクテル

 

このほかにもありますので、バーに行ったらバーテンダーに、「シャンパンやワインをベースにしたアルコール度数の低いカクテル」とオーダーするのも良いですね。

参考:下戸の酒好きにオススメ!下戸でもバーで楽しめるカクテル15選!

 

まとめ

お酒に弱いとしても、シャンパンやワインをおしゃれに楽しみたいものですよね。

まずは自分の体質を知るところから始めて、飲むときは、おつまみをしっかり食べ、ゆっくりとしたペースで飲み、チェイサーを用意すること。

 

対策をしても悪酔いしてしまうならば、シャンパンやワインをベースにしたカクテルを楽しむ方法もおすすめ。

美味しく楽しく健康に、上手にお酒と付き合っていきましょう。

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください