お酒があまり飲めない体質でも飲みたいあなたへ。気をつけるべき5つのこと!

体質的にお酒があまり飲めない人がいます。

それでも飲み会が好きで、もっと楽しくお酒が飲めたらいいなあと思っているそこのあなたに朗報です!

 

お酒が弱くても飲みたいし、みんなとワイワイ飲み会を楽しみたいですよね。

この記事では、お酒に酔うということから、悪酔いしないための対策をご紹介しますので、ぜひ参考にして、次回の飲み会から実践してみてください。

 

それでは、一緒に見ていきましょう!

 

お酒に酔うとは

お酒に酔うとはどのようなことをいうのか、見ていきましょう。

難しい話ではありません。

 

お酒を飲み、体内にアルコールが摂取されると、胃と腸で吸収されて血液に溶け込み、門脈を通って肝臓へ運ばれます。

肝臓で、アルコール脱水素酵素(ADH)やミクロゾームエタノール酸化系(MEOS)によってアセトアルデヒドに分解され、さらに、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって無害な酢酸にまで分解され、最終的には水と二酸化炭素に分解されて、尿や呼気となって体外に排出されます。

 

ちょっと難しい酵素の名前が出てきましたが、これらはいわゆるアルコール分解酵素と呼ばれるもの。

このアルコール分解酵素の働きが強いか弱いかによって、お酒に強いか弱いかがきまるのです。

 

そして、同じ酔っ払うというものでも、次のように2種類あります。

 

気持ちの良い酔い

お酒を飲んで、なんだかポワ〜ンと気分が良くなってくるアレ。

ほろ酔いってヤツですね。

 

アレは、お酒を飲んで分解されなかったアルコールが血液を通って脳に運ばれて、酔いを引き起こしています。

ふわふわと気持ち良くなって、自然と笑顔になるこちらの酔いは良い酔いですね!

 

気持ちの悪い酔い

一方で、たくさん飲みすぎたことで、肝臓でのアルコール分解処理が追いつかず、アセトアルデヒドが血中に蓄積されると気持ちの悪い酔いが起こります。

頭痛が起きたり、吐き気がしたり、心拍数が高くなったりするのは、アセトアルデヒドの毒性によるもの。

 

悪酔いの原因はアセトアルデヒドだったのです!

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

お酒が飲めない体質だけど飲みたいあなたへ

酔いのメカニズムは分かりましたか?

お酒が弱いけどお酒を楽しく飲みたいと思っているあなたへ。

 

次のことを意識して実践することで、いつもより飲んでも酔いが回りにくく、二日酔いもしにくいはず。

試してみてください。

 

空腹では飲まないこと

空きっ腹にお酒を飲むと、先ほど説明したところでいう胃と腸でのアルコールの吸収が急激に行われてしまい、すぐに酔っ払ってしまいます。

そこで、飲む前に準備をしましょう。

 

具体的には、お酒を飲む前に脂肪分の多いもの、例えば牛乳・チーズ・オリーブオイルやバターが入ったものを摂取します。

このようにして胃に油膜を張ることで、アルコールが急激に吸収されることがなく、酔いにくくなります。

 

悪酔いするお酒は選ばないこと

お酒が弱いならば、飲むお酒は選びましょう。

日本酒、ビール、赤ワイン、白ワインなど醸造酒と呼ばれるお酒は酔いやすいので、できれば避けた方がいいです。

 

蒸留酒と呼ばれる焼酎やウイスキーなどは、悪酔いしにくいお酒としてオススメです。

ただし、これらのお酒はみんなアルコール度数が高いのですね。

 

なので、あなたにオススメなのは蒸留酒を何かで割ったお酒。

例えば、酎ハイやハイボール。

 

これらはお酒の量を少なくすれば、よりアルコール度数を下げることができるので、そういう面からもオススメです。

何より、美味しいですよね。

 

おつまみを上手に選ぶこと

お酒を楽しく飲むコツは、おつまみを上手に選ぶことです。

アルコールの分解を助けてくれる良質なタンパク質を含むおつまみを選びましょう。

 

具体的には、枝豆・冷奴・卵焼き・焼き鳥などがいいですね。

逆にしょっぱいものはお酒のペースが早くなりがちなので、避けた方がいいでしょう。

 

お水をたくさん飲むこと

私がお酒を飲むときに一番意識することがコレです。

お酒と一緒にお水を置いて、交互に飲みます。

 

そうすると、アルコールの濃度も下がりますし、アルコールの分解も促されて、たくさん飲んでも悪酔いしにくいのです。

飲んで帰宅した後にもお水を飲みましょう。

 

寝る前にお水を飲んでおくと、寝ている間にアルコールの分解がスムーズに行われるので、二日酔いも予防できますよ!

お酒を飲むときは一緒にお水がマストです!

 

体調管理をすること

体調がすぐれない時にお酒を飲むと酔いが早いですし、具合がますます悪くなってしまいます。

お酒を飲む時に限りませんが、特に飲み会の前は体調管理をしっかりとして、万全の状態でお酒を楽しみましょう!

 

参考:お酒に強くなる方法!お酒に強くなった人が実践した8つのこと!

 

まとめ

お酒に酔うメカニズムは分かりましたか?

あなたが体質的にお酒に弱いとしても、飲み会を楽しむためにこの記事の5つのこと、ぜひ試してみてくださいね!

 

アルコールの分解には、アミノ酸と水が必要なので、良質なタンパク質を含む料理とお水を意識して摂取することです。

楽しい飲み会ライフを送りましょうね!

 

それでは、次回もお楽しみに!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください