お酒が弱いなら対策を!お酒弱い人でも飲めるお酒!おすすめはコレだ!

お酒の付き合いは、友達同士、仕事関係、出会いの場、冠婚葬祭、親戚の集まりなどたくさんあるもの。

お酒を飲んでお互いを深く知ることで、より関係が親密になったり、意外な一面を見てしまったりしますよね。

 

お酒に弱いと、親密になるどころか、悪酔いをしてしまって周りに迷惑をかけてしまうこともあるかもしれません。

お酒に弱い人は、酒を飲んでも酒に飲まれないように、対策を練る必要があるでしょう。

 

今回は、お酒に弱い体質の人向けに、お酒の席での対策と、お酒に弱くても飲めるおすすめのお酒について、ご紹介します。

 

お酒が弱いなら対策を練るべき

何も対策をせずに、ただ流れに任せてお酒を飲んでいませんか?

お酒に弱い体質の人が対策をせずに飲んでいたら、すぐに酔っ払ってしまいますし、いろいろな症状も出たりして、ときには周りの人に迷惑をかけてしまうでしょう。

 

迷惑をかけることがないように、お酒を飲むときにはお酒に酔いにくい飲み方をして、お酒を楽しめるようになることが重要。

お酒に酔いにくい、上手なお酒の飲み方は、次のとおりです。

 

参考:お酒に強いか弱いか診断の基準は?あなたの体質をチェックして強さ判定!

 

空きっ腹では飲まないこと

空腹の状態でお酒を飲むと、胃が空っぽなのでアルコールが急激に吸収されて、酔いが一気に回ります。

お酒を飲む前に、胃壁に膜を張っておくと良いと聞いたことはありませんか?

 

胃壁に膜を張るためには、お酒を飲む前に脂肪分のある食べ物を食べておくことです。

効果的なものは、チーズ・アボカド・オリーブオイル・バターなど。

 

オリーブオイルやバターはそのままではなかなか摂取しづらいので、ドレッシングや加工品で上手に取り入れること。

でも、お酒を飲む前にそのままオリーブオイルやバターを摂取するのが当たり前という国もあるようなので、平気な方は、そのままでどうぞ。

 

お酒を飲みながら、おつまみも上手に選んで食べましょう。

おつまみには、アルコールの分解を促すアミノ酸を豊富に含むものがおすすめ。

 

例えば、枝豆・焼き鳥・豆腐・卵焼き・トマト・お刺身・ステーキなど。

味の濃い珍味や漬物は、喉が渇いてお酒が進んでしまう危険性があるので、避けたほうが良いでしょう。

 

チェイサーとしてお水を飲むこと

アルコールの分解には、アミノ酸と同時に水が必要不可欠。

アルコールには利尿作用がある上にアルコールの分解にも水が使われるので、お酒を飲むと体は脱水症状になりがちです。

 

脱水症状になることは命の危険もありますし、アルコールの分解をスムーズにするためにも、お酒を飲むときには必ず、同量のお水を飲むことを意識してください。

お酒を頼むときに一緒にお水も頼んで、意識的に水分補給をすることで、お酒に酔いにくくなり、悪酔いと二日酔いを防ぐことができます。

 

サプリメントを上手に取り入れること

アルコールの分解を助けてくれるサプリメントを、上手に取り入れることもおすすめ。

効果的なものは、クルクミン・オルニチン・セサミン・タウリンを含むもの。

 

サプリメントは、体質によって合うサプリメントがあるので、良いと思うものをいろいろと試してみて、一番酔いにくいものを常備するようにしましょう。

参考:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

酔いにくいお酒を選ぶこと

お酒に弱い体質ならば、酔いにくいお酒を選んで、悪酔いを防ぎましょう。

お酒にはたくさんの種類があり、アルコール度数も様々なので、なるべく酔いにくいお酒を選んで、あまりちゃんぽんをしない方が良いです。

 

最近は、ノンアルコール飲料も美味しいものが増えてきていますので、ノンアルコール飲料を選ぶのもあり。

では、お酒が弱い体質の人におすすめのお酒をご紹介しましょう。

 

お酒弱い人にも飲めるおすすめのお酒

ノンアルコールカクテル 

  • シンデレラ

オレンジジュース、レモンジュース、パイナップルジュースを1:1:1の割合でシェイカーに入れてシェイクしたカクテル。

カクテルグラスに注ぐので、見た目はアルコール入りのカクテルと全く同じ。

レモンやパイナップルの酸味ですっきりとした味わい。女性に人気。

 

  • サラトガクーラー

氷の入ったグラスにライムジュースとシュガーシロップを入れ、ジンジャーエールを注いで軽くステアしたカクテル。最後にカットライムを飾る。

こちらもすっきり爽やかなノンアルコールカクテル。甘さ控えめなので、男性にもおすすめの1杯。

 

  • バージンメアリー

氷の入ったグラスにトマトジュースを入れ、レモン汁、ウスターソース、タバスコを少量ずつ加えて軽くステアしたカクテル。

ウォッカベースのブラッディーメアリーのノンアルコールバージョン。

材料を見ても分かるように、刺激的で大人なテイストのノンアルコールカクテル 。

 

アルコール度数の低いカクテル

  • シャンディーガフ

氷の入ったグラスに、ビールとジンジャーエールを1:1の割合で注いだカクテル。

ビールは元々アルコール度数が5%と低めですが、ジンジャーエールを加えることで、もっとアルコール度数が低くなる。

ビールが苦手な人でも、ジンジャーエールの甘さがあるので飲みやすい。

 

  • レッドアイ

氷の入ったグラスに、ビールとトマトジュースを1:1の割合で注いだカクテル。

こちらもアルコール度数は低く、シャンディーガフより甘くない。

トマトはアルコールの分解を促す作用があるので、悪酔いもしにくいお酒。

 

  • カシスオレンジ

氷の入ったグラスに、カシスとオレンジジュースを1:4の割合で注いだカクテル。

カシスオレンジは女性に大人気のお酒ですが、とても飲みやすく美味しいので男性にもおすすめ。

ほかに、カシスソーダやカシスグレープフルーツも試す価値あり。

 

まとめ

お酒に弱い体質の人は、お酒を飲むときに悪酔いや二日酔いを防ぐため、対策をするべき。

お酒の飲み方を工夫して、お酒の種類も選べるようになること。

 

あなたに合ったサプリメントを見つけて常備することもおすすめ。

お酒を飲むときには、意識して水分補給をすることが重要。

 

お酒を飲んでもお酒に飲まれることがないようにして、楽しい飲み会ライフを送りましょう。

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください