お酒が飲めないから飲み会が苦手。ビールが苦い、まずいという人におすすめのお酒。

お酒が飲めない人は、飲み会に対して苦手意識を持つことも多いですね。

飲み会ではほとんどの人がアルコールを頼みますし、お酒が入れば少しずつ開放的な気分になっていくのに、お酒が飲めない人にとっては、最初から最後まで変わらないもの。

 

それに、ビールの苦い味がまずいから苦手という理由で飲まない人もいますよね。

すると、お酒を飲んでいる人と飲んでいない人の間に、少しずつ温度差ができてきたりもします。

 

ですが、飲み会でのお酒の付き合いが、人間関係をより良くするために一役買っているというのも事実。

参加しないよりも極力参加した方が良いでしょう。

 

では、お酒を飲めない人が飲み会の苦手意識を無くして、今までよりも飲み会を楽しむためには、どのようにすればいいのでしょうか?

 

下戸で飲み会が苦手な人が楽しむ方法

会話を楽しむ

飲み会が苦手な理由は人それぞれあるのでしょうが、お酒が飲めなくて飲み会のノリが苦手という人は、ノリについていくよりも、仲間を見つけて会話を楽しむことが飲み会を楽しむひとつの方法。

同じ下戸仲間を探すのもいいですし、普段から仲良くしたいと思っている人だったり、語り合いたいと思っている人がいるならば、隣の席を陣取り、会話を楽しむようにしましょう。

 

飲み会の人数や雰囲気もありますが、大人数が参加していれば、全員で話すというより、数人ずつのかたまりで会話しますよね。

すると、あんなに苦手だった飲み会の2時間が、あっという間に過ぎ去ることにビックリするはず。

 

ぜひ、良きターゲットを見つけてください。

 

料理を楽しむ

お店自慢の料理を楽しんでしまいましょう。

普段自分で作って食べている人はもちろん、コンビニ弁当やお惣菜を食べているという人も、飲み会のお店の料理は特別なものがあるはず。

 

凝った創作料理を出すお店もありますし、地元の新鮮な食材を使った料理、そして、なかなかお目にかかれない高級食材や珍味もあります。

自分では作れないものを思いっきり楽しんで!

 

人間観察を楽しむ

飲み会は、基本的に普段から付き合いのある人と一緒に参加するものですが、普段の付き合いと違う一面が見れる場所でもあります。

いつもはおとなしいあの人が、お酒を飲むと結構面白かったり、お酒が進んで本音が出てくると、あまり付き合いのなかった人との共通の趣味が見つかって盛り上がったり。

 

普段と変わらない人もいれば、意外な一面を披露してくれる人もいるので、飲み会でお酒を飲まないのであれば、酔っ払いの人間観察を楽しみましょう。

普段は明るい友達が意外とちっちゃなことで悩んでいたり、普段は強面の上司がお孫さんやペットには目がなくてもうメロメロだったり、観察してみると人生勉強にもなって楽しいはず。

 

ビールが苦い、まずいという人におすすめ

おすすめのお酒

ビールの苦味とのどごしが好きという人もいますが、ビールの苦味がまずい、苦手というあなたにはシードルやサングリアがおすすめ。

シードルはりんごを原料に作られたスパークリングな蒸留酒ですし、サングリアはワインに数種類の果物を漬け込んで作ったお酒です。

 

サングリアはスペインやポルトガルで日常的に飲まれており、そのままで飲んでも美味しいし、氷を入れてロックで、水や炭酸水でお好みの濃さに割ってと、よりアルコール度数が低い状態でも楽しめます。

シードルもサングリアも、甘めのテイストで飲みやすいので、ぜひ、試してみては?

 

ビールの飲み方を変える

ビールの苦味が苦手という人におすすめなのが、ビールをベースにしたカクテル。

代表的なものはシャンディーガフやパナシェ、レッドアイです。

 

シャンディーガフは、ビールをジンジャーエールで割ったもの、パナシェは、ビールを炭酸水で割ってレモンを入れるかレモン入り炭酸飲料で割ったもの、レッドアイは、ビールをトマトジュースで割ったもの。

いずれも、ビールをそのまま飲むよりも甘めですっきり感もあり、アルコール度数もより低くなり、お酒が弱い人には打って付けでしょう。

 

他にもビールベースのカクテルはたくさんありますが、居酒屋にも置いてあってアルコール度数が低く、しかも美味しいものはこの3種類です。

 

お酒が飲めない人におすすめの教材

飲み会に参加するたび、もっとお酒が飲めたなら、よりストレス発散になるしお酒も楽しむことができて、結果的に飲み会も楽しくなるのになーと思っているあなたにおすすめの教材があります。

その名も、「アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意」

 

飲み始めて5分で泥酔状態になり、全く飲めなかった下戸の作者坂上太一さんが、8年間で50万円以上のお金をかけて編み出した禁断の方法です。

その方法をここで言うわけにはいかないのですが、この方法を試したことで、下戸だったけどお酒が飲めるようになり、飲み会の席でも楽しめるようになったとの声が続出。

 

気になる方は、こちらからどうぞ⬇️⬇️⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

 

まとめ

たとえ、お酒が飲めなくても、飲み会を楽しむことはできるはず。

会話を楽しんだり、料理を楽しんだり、人間観察を楽しんでいると、いつもより飲み会の2時間が短く感じられ、終わった後に「楽しかったかも?」という気持ちになれますよ!

 

また、ビールの苦味と味が苦手なら、ビールベースのカクテルを選ぶことをおすすめ。

ビールよりも飲みやすいですし、アルコール度数も低くなるのでお酒が弱いあなたでも楽しめるはずです。

 

ぜひ、次回の飲み会から、飲み会を楽しむことを意識して参加し、楽しい飲み会ライフを送ってください。

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください