お酒が飲めない人の体質改善。下戸だけど飲みたい人は酒で体質が変わるのか?

大人になると、ライフワークの中でお酒の付き合いが増えてきますね。

友達との飲み会、会社の飲み会、冠婚葬祭、様々な場面でお酒を飲む機会があり、お酒が飲めない体質の人は、そのような場所が苦痛だったりすることも。

 

そこで、あなたは、酒が飲める体質だったらよかったのに」とか「お酒が飲めないこの体質を改善したい」と思っているかもしれません。

下戸だけど飲みたいと感じている人にとっては、切実な悩みでしょう。

 

お酒が飲めない体質は改善できるのか?お酒を飲むことで体質が変わるというのは本当なのか?について検証してみましょう。

 

お酒が飲めない体質とは?

あなたは、聞いたことがありますか?お酒を全く受け付けない体質があるということを。

 

アルコール分解の仕組み

アルコールは体内に摂取されると、まず、胃と腸で吸収され、その後血液に溶け込み、門脈を通って肝臓まで運ばれます。

肝臓では、ADHというアルコール脱水素酵素と、MEOSというミクロソームエタノール酸化系という酵素の働きによって、アルコール(エタノール)は有害なアセトアルデヒドに分解。

そして、このアセトアルデヒドを無害なものにまで分解してくれるのが、ALDH2という2型アルデヒド脱水素酵素で、アセトアルデヒドは酢酸に分解されます。

さらに、水や二酸化炭素にまで分解されると、尿や汗や呼気となって体外に排出されるというわけ。

 

この分解の途中で生成されるアセトアルデヒドという物質は、人体にとって有害なものであり、アセトアルデヒドによって、酔っ払った時に起こる頭痛や吐き気、二日酔いなどが引き起こされるのです。

そして、アセトアルデヒドを分解する酵素、ALDH2という2型アルデヒド脱水素酵素の型によってお酒に強いか弱いかの体質が決まり、この型は遺伝子によって決まっています。

 

ALDH2の3つの型

ALDH2には3つの型があります。

  1. 活性型(NN型) :お酒に強い体質
  2. 低活性型(ND型):お酒に弱い体質
  3. 不活性型(DD型):全くお酒を受け付けない体質

 

そして、ご両親がどのような型の持ち主かによってあなたの遺伝子は決まっています。

  活性型(NN) 低活性型(ND) 不活性型(DD)
活性型(NN) 活性型(NN) 活性型(NN)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
低活性型(ND) 活性型(NN)
低活性型(ND)
活性型(NN)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
不活性型(DD) 低活性型(ND) 低活性型(ND)
不活性型(DD)
不活性型(DD)

 

つまり、ご両親ともにお酒が飲めない体質の場合は、その子供もお酒が飲めない体質であり、どちらも飲めるという体質の場合は、その子供もお酒に強いということ。

日本人は、お酒に弱い体質の割合が高く、DD型が約6%、ND型が約40%いると言われており、約半数の人はお酒に弱い体質なのですね。

 

身長や体格、肌の色などと同じで、お酒の強さも遺伝子が関係しているのです。

 

アルコールパッチテスト 

では、あなたの遺伝子がどの型なのか、簡単にできるテストのやり方をご紹介しましょう。

(簡易的なテストなのですが、参考にはなります。)

  1. ガーゼに消毒用のアルコールを染み込ませて、上腕の皮膚の柔らかい部分に貼ります。
  2. 7分後、ガーゼを剥がしてみて皮膚が赤くなっていたら、アルコールを全く受け付けない体質です。
  3. ガーゼを剥がした時は赤くなっていなかったが、剥がしてから10分後に赤くなっていたら、アルコールに弱い体質です。

 

より詳しく遺伝子の型を検査したいとい場合はこちらがおすすめ。綿棒に口腔粘膜を採取して郵送で送り返すだけで、詳しい結果が分かります。

『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

下戸だけど飲みたい人へ体質改善への道

あなたの遺伝子はどの型だったでしょうか?

DD型だった方は、実は、残念ながらお酒を飲める体質にはなれません。

それは、アセトアルデヒドを分解することで、酔っている症状や体内のアルコールが無くなるわけで、ALDH2が不活性だということは、アルコールを摂取すると、体内に有毒なアセトアルデヒドが残ってしまい、危険だから。

 

ND型だった方は、少しは飲めますので、お酒の種類やお酒の飲み方を考えて飲むことで、かなり、お酒を楽しむことができるはずです。

また、肝臓の機能を助ける生活を心がけたり、アルコールの分解を助ける酵素のサプリメントを効果的に取り入れることで、お酒の量を増やしても大丈夫かも。

 

無理は禁物ですので、ご自身の体のことをきちんと理解するようにして、楽しくお酒と付き合いましょう。

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

酒を飲み続けて体質は変わるのか

さてさて、酒を飲み続けていれば、体質が変わって酒に強くなる、ということが噂されていますね。

これは、飲める量の許容量は人それぞれ違いますし、同じ人でもその日の体調や状況によって違うので、一概には言えないのが正直なところ。

 

ですが、私の周りで、お酒を覚えたての頃は飲むとすぐに酔っ払っていたのに、仕事の付き合いで飲んだり、たまに晩酌をしているうちに、いつの間にかお酒に強くなっていた、という人が複数いることは事実。

かくいう私も、20歳の頃はあまりお酒に強くなく、アルコール度数低めのカクテルや酎ハイを好んで飲んでいたのですが、私もお酒が好きで、頻繁に飲む機会を設けていたところ、今では、かなりお酒に強くなりました。

 

なので、体質によっては、飲み続けることでお酒に強くなれると言えます。

ただ、お酒を楽しむとかお酒を嗜むというのは、決して大量に飲むことではないので、飲み会で羽目を外して飲みすぎて失敗とか、飲みすぎて周りに迷惑をかけるなんてことはしないように。

 

大人として、節度を持ってお酒と上手に付き合っていきたいものです。

参考:お酒が全く飲めない人に朗報!お酒が飲めない体質でも飲めるようになる方法!

 

まとめ

お酒の分解能力に関しては、遺伝子が関わってくることなので、どうにもできないのですが、体質改善とまではいかなくても、お酒に親しむことやお酒の飲み方を意識することで、今までよりお酒を楽しむことはできます。

また、お酒を飲む環境によってお酒が強くなったという実例もありますので、ご自身の体のことをよく知って、お酒と上手に付き合ってください。

 

お酒の飲み方・楽しみ方については、お酒があまり飲めないけど楽しみたいあなたに贈るとっておきの方法!の記事をどうぞ。

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください