お酒を飲んで吐き気がするのは体からのSOS!原因と対処法はコレ!

お酒を飲んで吐き気がするとき、あなたの体は悲鳴をあげていて、SOSサインを出しています。

お酒を飲み過ぎてしまうと、気持ちが悪くなって最後には吐いてしまうことも。

 

せっかくの飲み会が、トイレと仲良しなんてことになると、寂しい限り。

そこで、今回は、お酒を飲んで吐かないために、その原因と対策について詳しくお話していきますので、じっくりと読んでみてください。

 

お酒を飲んで吐き気がするのはなぜ?

結論から言うと、お酒を飲んで吐き気がするのは、体内にアセトアルデヒドが増えているから。

アセトアルデヒドが身体中を巡ってしまっているという、体からのSOSのサインです。

 

アセトアルデヒドって何?という人もいると思うので、ご説明しましょう。

アセトアルデヒドとは、お酒を飲んだときのアルコールの分解の過程でできる物質で、人体には有毒なもの。

 

アセトアルデヒドが有毒だと言われる理由は、お酒を飲んだときに現れる症状で、吐き気のほかにも頭痛や眠気、顔の紅潮、動悸、めまい、二日酔いなどほとんどの原因になるから。

お酒を飲んだときに、体の中で行われるアルコールの分解の仕組みは次のとおりです。

 

お酒を飲むとアルコールは、胃から20%、小腸から80%の割合で吸収され、血液に溶け込んで全身を巡ります。

アルコールの分解は主に肝臓で行われるため、アルコールは門脈を通って肝臓に運ばれます。

肝臓では、アルコール脱水素酵素(ADH)の働きによって、アルコールを有害なアセトアルデヒドに分解。

そして、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きによって、アセトアルデヒドを無害なアセテート(酢酸)に分解。

最終的には水と二酸化炭素にまで分解されて、全身を巡りながら尿や汗や呼気となって体外に排出されていきます。

 

アセトアルデヒドとは何なのか、分かりましたか?

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の3つの型

有害なアセトアルデヒドを無害な酢酸に分解する酵素は、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)ですが、このALDH2の働きの強さは、遺伝子によって決まっていて、次の3つに分けられます。

  1. 活性型(NN型) :お酒に強い体質
  2. 低活性型(ND型):お酒に弱い体質
  3. 不活性型(DD型):全くお酒を受け付けない体質

 

ご両親からアルコールに強い遺伝子(N型)とアルコールに弱い遺伝子(D型)のどちらの遺伝子を受け継いでいるかによって体質が決まっているということです。
 
 
 
活性型(NN)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
活性型(NN)
活性型(NN)
活性型(NN)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
活性型(NN)
低活性型(ND)
活性型(NN)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
不活性型(DD)
低活性型(ND)
低活性型(ND)
不活性型(DD)
不活性型(DD)

 

上の表のように、両親ともにNN型の場合はNN型の子供が生まれ、両親ともにND型の場合はどの型でも生まれる可能性があるということ。

そうなんです、両親の血液型によって生まれる子供の血液型が決まるように、お酒に対する体質も両親の体質によって決まってくるのです。

 

とは言っても、ご両親の遺伝子の型は分からないものですよね。

でも実は、あなたの遺伝子の型は、口腔粘膜を採取することによって簡単に調べることができます。

 

これから、お酒と楽しく長く付き合っていくためにも、遺伝子レベルで自分の体質を知っておくことは重要。

楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

お酒を飲んでも吐かないようにするためには?

自分のお酒の許容量を知ること

お酒を飲んで吐かないためにまず必要なのは、自分のお酒の許容量を知ることです。

なぜなら、お酒の許容量は人によって違うため、同じ量を飲んでも、吐いてしまう人もいれば平気な人もいるから。

 

アルコールパッチテストやアルコール感受性遺伝子検査で自分の体質を調べて、あなたの許容量を知りましょう。

参考:お酒に強いか弱いか診断の基準は?あなたの体質をチェックして強さ判定!

 

お酒を飲み過ぎないこと

あなたのお酒の許容量を把握したら、許容量を超えてまでお酒を飲み過ぎないことです。

やはり、どんなに万全に対策を練っても、お酒を飲み過ぎてしまえば悪酔いすることは避けられませんよね。

 

お酒を飲んで吐かないようにするためには、シンプルですが、許容量を超えてお酒を飲み過ぎないこと。

結局、これが一番大切なことでしょう。

 

チェイサーを用意すること

アルコールの分解には大量の水が必要となります。

アルコールの分解がスムーズに進めば、アセトアルデヒドが分解されて体内に残らないので、吐き気を引き起こすことも無いでしょう。

 

なので、お酒を飲むときに、チェイサーとしてお水を一緒に飲むことが重要。

また、お酒には利尿作用があるため、水分が体外に排出されて体は脱水症状になりがちという点からも、水分補給はとても重要なことです。

 

参考:アルコール分解には水が必要!アルコール分解を早めるには水分補給が最重要!

 

ゆっくりとしたペースで飲むこと

アセトアルデヒドを体内に増やさないために、お酒はゆっくりとしたペースを保って飲みましょう。

ペースが速いとアルコールの分解が追いつかなくなり、肝臓に負担をかけてしまうことにも。

 

会話を楽しみながら、料理を味わいながら、お酒も味わいながらゆっくりと飲むことで、肝臓に負担をかけることなく、お酒を楽しむことができます。

参考:お酒をゆっくり飲む方法!綺麗な飲み方でお酒に酔わないコツ!

 

お酒を飲んで吐き気をもよおしたときの対処法

お酒を飲んでいて気分が悪くなったときには、無理をせずお酒は休憩して、代わりに水を飲んで水分補給をします。

吐き気をもよおしたらトイレに行き、自然に任せて吐き切ってしまうこと。

 

この時に、口の中に指を突っ込んで無理やり吐かせたりする人がいますが、無理やり吐くことはありません。

無理やり吐くと、胃酸によって食道を傷つけてしまいます。

 

吐き気をもよおすということは、お酒の許容量を超えていて、体が危険を感じてお酒を吐こうとしているわけですが、体は吐くときに食道を傷つけないように準備をするのです。

なので、無理やりではなく自然に任せて吐く、そして吐き切ることが重要。

 

吐き切ったら水分補給をしながら体を休めてくださいね。

横になると苦しい場合もありますので、楽な姿勢で無理をしないで水を飲みながら休みましょう。

 

経口補水液やスポーツドリンクを飲むこともおすすめ。

また、吐いて気分が悪かったらお風呂は控えた方が良いです。

 

参考:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

まとめ

お酒を飲んで吐いてしまうのは、お酒の許容量を超えていて、体にアセトアルデヒドが分解されずに残ってしまい、体がSOSサインを出すから。

吐かないためには、自分のお酒の許容量を把握して飲み過ぎないこと。

 

気分が悪くなって吐きそうになったら、無理をせず自然に任せて吐き切ってしまうこと。

自分の体質を調べて、これからもお酒と上手に楽しく付き合っていけるといいですね。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください