お酒に弱い人は対策を練ろう!飲むと現れる症状と4つの対策。オススメのお酒はコレ!

お酒を楽しみたい人が増えていて、一日の疲れを癒すために、毎日晩酌をする人もいますが、お酒に弱い人の場合、すぐに体に何かしらの症状が現れて、なかなかお酒を楽しめないということもありますよね。

あなたがお酒に弱いならば、まず自分の体のことを知り、対策を練ることが必要不可欠。

 

飲み会に参加することもあるはずですので、その時に周りに迷惑をかけることが無いようにするためにも、この記事を読んで、しっかりと対策を練るようにしてください。

飲み方をしっかりと考えて飲めば、お酒に弱いあなたでも、お酒を楽しむことができること間違いなしですから。

 

お酒に弱い人がお酒を飲むと現れる症状

顔や体が赤くなる

アルコールを摂取すると血流が良くなるので、それによって顔や体が赤くなるということも言えるのですが、最も大きな原因は、アセトアルデヒドの影響によるもの。

アセトアルデヒドとは、アルコールが肝臓で分解されてできる物質で、頭痛や吐き気、二日酔いなどの症状を引き起こす、人体にとっては有害な物質です。

 

アセトアルデヒドは血管を膨張させるので、お酒を飲むと顔や体が赤くなるというわけ。

アセトアルデヒドは、肝臓で2型アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)というアルコール分解酵素によって、無害な酢酸、さらに水と二酸化炭素に分解されていくのですが、お酒に弱い人というのは、このALDH2があまり働かず、アセトアルデヒドが体内に残ってしまうのですね。

 

ALDH2の働きが活発な、お酒に強いとされる人は、アセトアルデヒドがしっかりと分解されるので、たくさん飲めるし二日酔いにもなりにくいと言えるのです。

 

気持ちが悪くなり吐く

お酒を飲んで嘔吐してしまう原因も前述のアセトアルデヒドの仕業。

体内でアセトアルデヒドの量が基準値を越えると、人の体は危険を察知して吐き気をもよおし、嘔吐することによって体を守ります。

 

人体の神秘、とも言えるし、体は自らしっかりと私たちを守るために働いてくれているのですね。ありがたいことです。

お酒に弱い人は、アセトアルデヒドを十分に分解できないため、このような症状が出てしまうのですね。

 

睡魔に襲われる

お酒に弱い人はお酒を飲むと、睡魔に襲われて、ついついウトウトしてしまうことがあります。

眠くなる原因はいくつかありますが、ここでもアセトアルデヒドが関係しているのですね。

 

血中のアセトアルデヒドの濃度が上がると、眠気を引き起こし、アセトアルデヒドの分解が遅い下戸の人はすぐに眠くなってしまうというわけ。

憎きアセトアルデヒド、といった感じですが、ALDH2は遺伝子で決まっているため増やすことができず、どうすることもできません。

 

それから、眠くなる原因として考えられる他の原因としては、飲酒によるリラックス効アルコールによる脳や神経の麻痺状態体温が低下することにより体が入眠状態になるということも。

せっかくお酒を楽しみたいのに、眠ってしまってはもったいないので、しっかりと対策を取りましょう。

 

参考:下戸でも飲めるようになった方法!下戸だけど飲みたいあなたへ!

 

お酒に弱い人がお酒を飲むと現れる症状への対策

空腹では絶対に飲まない

空腹の状態でお酒を飲むと、体内でアルコールが一気に吸収されることになり、酔いが回るのが早いので、お酒を飲む前に必ず何か食べること、お酒を飲んでいる時はしっかりとつまみを食べることをおすすめします。

要するに、何か食べることによって胃に膜を張り、アルコールの吸収を穏やかにするということ。

 

お酒を飲む前におすすめなのは、チーズなどの乳製品やオリーブオイルなどのオイルが入った食べ物。

お酒のおつまみとしておすすめなのは、焼き鳥、卵焼き、ステーキ、枝豆、冷奴など良質なタンパク質を含む食べ物です。

 

これらをしっかりと食べて、空きっ腹ではお酒を飲まないように気をつけましょう。

 

お水を一緒に飲む

お酒を飲むときは、必ず同量かそれ以上の水分を摂るようにしてください。

アルコールの分解には、アミノ酸と水が必要不可欠ですので、酔いの症状をやわらげるためにも二日酔い予防のためにも、お水を飲むことは必須。

 

お酒を飲む前、お酒を飲みながら、お酒を飲んだ後にも、しっかりと水分補給をしましょう。

 

体調管理はしっかり

体調が悪い時にお酒を飲んだことはありますか?

いつも以上に酔っ払ったり、顔や体が赤くなる、頭痛、吐き気、二日酔いなどの症状が出やすかったのではないでしょうか。

 

お酒を楽しむためには体調管理はしっかりと、準備を怠らないように。

体調が悪い時には飲み会を断ったり、お酒を飲まないようにして自分の体を守ることが大切です。

 

自分の体を知る

お酒に弱いといっても、どのくらい飲んでも大丈夫かというのは人それぞれなので、まずは、自分がどのくらい飲めるのか、全く飲めないのかどうか把握すること。

お酒を飲んだことがあるならば、だいたい自分がどのくらい飲んで、どういう状態になると具合が悪くなるのか、分かりますね。

 

その基準を超えないようにすることが重要ですし、先ほどご紹介した対策をすれば今までよりもお酒を楽しむことができますよ。

参考:お酒をゆっくり飲む方法!綺麗な飲み方でお酒に酔わないコツ!

 

お酒に弱い人へオススメのお酒

シードル系

シードルとは、りんごを原料としてつくられた醸造酒のことで、アルコール度数は甘口のもので3%くらい、辛口のものでも5〜8%くらいと比較的低め。

発泡しているものがほとんどですが、中には発泡していないものもあります。

 

飲み口はさっぱりとしており、フルーティーでとてもおすすめです。

 

酎ハイ系

酎ハイは、居酒屋の定番メニューなので、みなさんも1度は飲んだことがありますよね。

種類も豊富でその日の気分で選ぶことができますし、何よりお店の人に頼んで薄めに作ってもらえば、アルコール度数を下げることができるので、この観点からもおすすめ。

 

私は、お酒を飲んだ締めの1杯に、生搾りのグレープフルーツ酎ハイを飲むと二日酔い知らずでかなり重宝しています。

よりさっぱりと飲みたければ、炭酸で割ったサワーも種類豊富でいいでしょう。

 

ただし、炭酸の方がすぐに酔っ払う人も多いので、気をつけて選びましょう。

 

カクテル系

カクテルも居酒屋でもたくさんの種類のものが飲めるようになっています。

おすすめのカクテルは次のとおり。

  • シャンディーガフ(ビール+ジンジャーエール)
  • パナシェ(ビール+レモン入り炭酸水)
  • レッドアイ(ビール+トマトジュース)
  • モスコミュール(ウォッカ+ライムジュース+ジンジャーエール)
  • ソルティードッグ(ウォッカ+グレープフルーツジュース+グラスの縁に塩)
  • ジントニック(ジン+トニックウォーター+ライム)
  • カシスオレンジ(リキュール+オレンジジュース)
  • カンパリソーダ(リキュール+炭酸水)
  • カルーアミルク(リキュール+ミルク)

 

また、ノンアルコールカクテルもたくさんの種類があり、見た目も綺麗なものが多いので、お好みのものを見つけるのも楽しいでしょう。

何より、ノンアルコールなので、いくら飲んでも大丈夫です。

 

参考:お酒があまり飲めないけど楽しみたいあなたに贈るとっておきの方法!

 

まとめ

お酒を楽しみたいのに、お酒に弱い体質のせいで楽しめないのは辛いものですよね。

でも、自分の体のことを知り、お酒の飲み方を知ってしっかりと対策をすることで、今後はお酒を楽しむことができるはず。

 

家で飲むのも良し、お店で飲むのも良し。

大人のたしなみとして飲みすぎることなく上手にお酒と付き合って、楽しい飲み会ライフを送りましょう。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください