お酒が弱いことへの対策には薬?おすすめは飲めるお酒の基準を知ること!

お酒が弱い人は、飲み会に参加しても、周りより早く酔っ払ってしまったり、アルコール度数の高いお酒は最初から敬遠してしまったり、楽しみが半減していると感じていませんか?

お酒が弱いとしても、大人のたしなみとしてお酒を楽しみたいし、飲み会でも酔いつぶれることなく過ごしたい。

 

お酒の強さは体質だっていうし、それならば体質改善したいけど、お酒に強くなる薬は無いし、その方法も分からない。

そんなあなたに、お酒が弱いことへの対策について、おすすめをご紹介しましょう。

 

お酒が弱いことへの対策には薬がいい?

お酒が弱くて、もっと飲めるようになるために、てっとり早く効く薬は無いのか、と思ってしまいがちですが、残念ながらありません。

第一、アルコールの分解は肝臓で行われますが、薬の代謝も肝臓で行われるので、肝臓が機能しなくなります。

 

アルコールと薬の併用はやめた方がいいですね。

では、どのように対策をすればいいの?というところですが、お酒が弱い人は、まず、お酒の飲み方を考えましょう。

 

あなたは、今日はすぐに酔っ払ってしまうな、今日は調子よくガンガン飲めるな、と日によって飲める量の違いを感じたことはありませんか?

お酒に酔うというのは、アルコールが脳に運ばれたときに、脳が麻痺を起こして酔うものと、アルコールが分解され、アセトアルデヒドが生成されて身体中を巡り、悪酔いするものがあります。

 

調子がいい日というのは、アセトアルデヒドの分解が、スムーズに行われているのでしょう。

アセトアルデヒドは、頭痛や吐き気や眠気など原因になる物質なので、これがスムーズに分解されて体外に排出されれば、調子よく飲むことができるというわけ。

 

お酒が弱いことへの対策は何がいい?

お酒に弱い人がお酒に強い人と同じように飲むことはできませんが、お酒の飲み方を変えることにより、お酒に酔いにくくすることはできます。

その方法は、アルコールの吸収を穏やかにすることと、アルコールの分解を助けること。

 

詳しく見ていきましょう。

 

アルコールの吸収を穏やかにする

まずは、アルコールの吸収を穏やかにする方法。

アルコールは、胃から20%、腸から80%の割合で吸収されて血液に溶け込みますが、この吸収を穏やかにするため、胃に膜を張りましょう。

 

空きっ腹の状態でお酒を飲むと、ガードのない無防備な胃にアルコールが入り、胃壁から一気に吸収されるため、酔いも一気に回ってしまう。

胃に膜を張ってガードするためには、お酒を飲む前に脂肪分のあるものを食べておくことが、良い対策になります。

 

具体的には、オリーブオイルやバターを使った食べ物、アボカド、チーズなど。

また、お酒を飲んでいる最中にもおつまみを食べて胃を空っぽにしないようにし、アルコールの吸収を穏やかにするように助けましょう。

 

アルコールの分解を助ける

アルコールの分解は、肝臓で行われます。

胃と腸で吸収されたアルコールは、血液に溶け込んで門脈をとおり、肝臓に運ばれます。

 

肝臓では次の図のように、アルコールの分解が行われ、最終的には尿や汗や呼気となって体外に排出されるという仕組み。

 アルコール代謝経路
 
アルコール代謝経路

 

アルコールの分解には、大量の水とアミノ酸が必要となるので、お酒を飲むときは、良質なタンパク質を含むおつまみと水を意識的に摂って、アルコールの分解を助けましょう。

おすすめのおつまみは、焼き鳥・冷奴・卵焼き・チーズ・枝豆・ステーキ・お刺身など。

 

お酒を飲むときに薬はダメですが、サプリメントは上手に取り入れることをおすすめします。

参考:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

飲めるお酒の基準を知ろう!

最後に、悪酔いを防ぐために、飲めるお酒の基準を知りましょう。

お酒には、その種類によって、アルコール度数がだいたい決まっています。

 

  • ビール・・・・・5%前後
  • ワイン・・・・・14%前後
  • 焼酎・・・・・・20〜35%
  • 日本酒・・・・・15%前後
  • シードル・・・・3〜8%
  • 紹興酒・・・・・16%
  • ウイスキー・・・40%以上
  • スピリッツ・・・40%以上

 

基本的には上記のようになりますが、水割り・お湯割・ソーダ割り・ジュース割りやロングタイプのカクテルになると、アルコール度数は低くなります。

あなたは、どのお酒をどのくらい飲むと悪酔いするのか、その基準を知っておけば、飲み会で醜態を晒すことはなさそうです。

 

参考:お酒に強いか弱いか診断の基準は?あなたの体質をチェックして強さ判定!

 
 

まとめ

お酒が弱いことに対する対策として、薬はありませんが、サプリメントを上手に取り入れることは有効。

大切なことは、自分の体質を知った上で、アルコールの吸収を穏やかにし、アルコールの分解を促す飲み方をすること。

 

また、自分がどのお酒をどのくらい飲むと悪酔いしやすいのか、どのお酒と相性が良いのかを把握しておくことも重要。

お酒が弱い人は、悪酔いしないよう、体を壊さないよう、しっかりと対策をして、楽しい飲み会ライフを送りましょう。

 

対策をとると、お酒が飲める酒豪タイプよりもスマートにお酒を楽しむことができますよ。

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください