お酒が弱い人必見!弱いけど吐くのは嫌!症状が出ない為の5つの対策!

お酒が弱い人は、お酒を飲んで吐くのは嫌だし、頭痛やめまいなどの症状が出ることも避けたい。

飲み会でも楽しみたいのに、悪酔いをしてしまって周りに迷惑をかけてしまうこともしばしば。

 

お酒に弱い体質の人は、何も対策をせずにお酒を飲んでいては、お酒に飲まれてしまうことになりがちです。

でも、お酒の飲み方を工夫してお酒を飲むときに対策をしておけば、今までよりもお酒を楽しむことができるでしょう。

 

お酒が弱い人必見の、お酒を飲んでも吐かない、二日酔いにもならない、対策方法を見ていきましょう。

 

お酒が弱い人に吐く症状が出やすい理由

アセトアルデヒド脱水素酵素:ALDH2

お酒が弱い人は、お酒が強い人と同じ量のお酒を飲むと、吐き気や頭痛やめまいなどの症状が出やすいです。

この違いは体質によるもの。

 

アルコールの分解は肝臓で行われますが、その分解の過程で生成されるアセトアルデヒドが悪酔いの原因です。

お酒が弱い人は、このアセトアルデヒドを無害なアセテートに分解するアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きが弱いため、アセトアルデヒドがそのまま血液を通って全身を巡ってしまい、悪酔いしてしまうというわけ。

 

しかし、ALDH2の働きの強さは、遺伝子によって決まっているので、ALDH2を増やしたり働きを強くしたりすることはできません。

参考:お酒は鍛えると強くなるのか?お酒に強くなる方法:吐くほど飲めばいいは嘘。

 

アルコールの許容量が少ない

ALDH2の働きが弱いと、アセトアルデヒドの分解が進まないので、お酒を飲み続けることが難しくなります。

なので、お酒が弱い人は、アルコールの許容量が少ないということ。

 

アルコールの許容量を超えた量のお酒を飲んでしまうと、体が悲鳴をあげて吐き気や頭痛やめまいなどの症状を引き起こすことになります。

お酒に弱い体質ならば、お酒を飲んでもお酒に飲まれることがないように、しっかりと対策をするべきです。

 

お酒が弱くても吐かないための対策

空きっ腹では飲まない

空きっ腹にお酒を飲むと、いつもより酔いがまわるのが早いと感じたことはありませんか?

空きっ腹にお酒を飲むと、胃と小腸からアルコールが急激に吸収されるため、肝臓でのアセトアルデヒドの分解が追いつかなくなり、一気に酔いがまわります。

 

お酒を飲む前に何か食べて胃壁に膜を張るようにし、アルコールが穏やかに吸収されるように対策しましょう。

胃壁に膜を張るためには、脂肪分の多い食べ物を食べることが有効で、おすすめは、チーズ・アボカド・オリーブオイルやバターを使った食べ物。

 

オリーブオイルやバターは、そのまま摂るのが難しいのですが、外国では普通に食べてからお酒を飲むようなので、平気な方はそのままでどうぞ。

また、お酒を飲んでいるときにも、おつまみを上手に選んで食べましょう。

 

おすすめのおつまみは、枝豆・豆腐・卵焼き・焼き鳥・お刺身・ステーキ・チーズなど。

 

とにかくお水を飲む

アルコールの分解には、大量の水が必要。

お酒を飲むときには必ず、お水も一緒に頼んで水分補給をしましょう。

 

ただでさえ、お酒の利尿作用によって水分が体外へ排出されるのに、アルコールの分解にもお水が必要になるので、体は脱水症状になりがちに。

脱水症状は命の危険もありますので、お酒を飲むときには、意識的に水分補給をしてください。

 

お酒を飲んだ後にも水分補給をすることで、二日酔いの予防にもなりますので、お酒を飲んだらお水を飲むことは必要不可欠です。

 

アルコール度数の低いお酒を選ぶ

お酒に弱い人がアルコール度数の高いお酒を飲むと、アルコールの分解が追いつかなくなってしまいます。

お酒の種類はたくさんありますが、それぞれアルコール度数も違いますので、お酒に弱い人は、アルコール度数の低いお酒を選びましょう。

 

味の好みもありますが、アルコール度数の低いお酒は次のとおり。

  • ビール(5%程度)
  • シードル(3〜8%程度)
  • 酎ハイなどジュースやお茶で割ったお酒(6%程度)
  • ソーダやジュースで割って作るカクテル(3〜8%:種類によってばらつきあり)
  • 果実酒の水割り(8%程度)
  • マッコリ(5%程度)
  • ホッピー(0.8%程度)

 

水やジュースで割って作るお酒は、お店の人に頼めば薄めに作ってもらうこともできますので、よりアルコール度数を低くすることも可能。

どうしてもアルコール度数の高いお酒を飲みたい場合は、少量をゆっくりと飲むようにし、必ずお水を一緒に飲んでください。

 

参考:お酒弱い人でも飲めるお酒。お酒が苦手な人でも飲めるおすすめカクテル!

 

ちゃんぽんをしない

同じ種類のお酒を飲み続ける場合と、いろいろな種類のお酒を飲む場合では、同じものを飲み続ける方が悪酔いしません。

いわゆるちゃんぽんは、味が変わることによって飽きがこないこともあり、お酒が進んでしまいますし、どのくらい飲んだのかが把握しづらくなってしまいます。

 

いろいろなお酒を飲みたい場合は、少量ずつ楽しむようにし、水分補給をしっかりとしましょう。

 

辛くなったら必ず休憩を

お酒を飲んで酔っ払って辛くなってきたら、トイレに行ったり外の空気を吸いに行くなどして、お酒は休憩しましょう。

辛いと感じているときは、アルコール分解が追いつかずに肝臓が悲鳴をあげている状態。

 

酔っ払ってきたら決して無理はせず、お水を飲んだり料理を楽しんだりしてください。

 

まとめ

お酒が弱い体質の人は、飲み会で悪酔いをしないために対策をすることが大切。

  • 空きっ腹では飲まない
  • とにかくお水を飲む
  • アルコール度数の低いお酒を選ぶ
  • ちゃんぽんをしない
  • 辛くなったら必ず休憩を

 

お酒を飲んでもお酒に飲まれることなく、お酒と上手に付き合って楽しい飲み会ライフを送りましょう。

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください