飲み会が苦手という人の飲み会の対策と飲み会に参加するメリット

飲み会

 

お酒が飲める年齢になると必ず参加する機会がある飲み会。

飲み会では、お酒が入ることもあり、みなさん普段とはまた違ったコミュニケーションで楽しく過ごしていますよね。

 

でも、飲み会が苦手って人、結構いるんです。

あなたも苦手ですか?

 

今回は、飲み会が苦手という人の理由飲み会の対処法、そして、飲み会に参加するメリットをお話ししていきますので、じっくりと読んでみてください。

 

飲み会が苦手な理由

お酒が弱いor好きではない

そもそもお酒が弱かったり、お酒が好きではない場合、飲み会が苦手と感じる人が多いようです。

飲み会では、飲める人が喜ばれるというか、「おっ、飲めるね〜」とか「いけるね〜」とか飲める上司に気に入られることはあります。

 

それは、やっぱりここが飲み会だからなんですね。

飲み会は、飲める人とかノリのいい人が重宝されやすいということは確かにあります。

 

会話が苦手

会話が苦手という理由で飲み会が嫌いな人もいますね。

人見知りだったり、話がうまくないからと引っ込み思案になっていたり。

 

飲み会では、始めこそ普通の会話がされていますけれども、酔いが回ってくると、きちんとした会話でなくなっているのですが、苦手なものは仕方がないですね。

 

周りとテンションが合わない

飲み会でお酒が回ってくると、みんなテンションが高くなってきます。

声も大きくなってきて、議論が白熱してきたり、ギャグばっかり連発してきたり、なかなかテンションについていけなかったりします。

 

こちらは酔っ払っていないので、冷めた目で見ちゃったりすることもありますよね。

 

お金がもったいない

別に参加したくて参加しているわけじゃない飲み会に何千円も払うなんてお金がもったいないと思うこともあると思います。

あなたがあまりお酒を飲んでいないとしたら、費用が割り勘だなんて許せないと思ってしまうかもしれません。

 

2次会、3次会と参加するとかなりの金額になりますね。

参考:飲み会でお酒が飲めない人必見!飲み会で飲まない方法と飲まなくても楽しむ方法!

 

飲み会が苦手な人の対策

良い席を取る

飲み会が楽しいか楽しくないかは、どの席に座るかによっても変わります。

隣や正面の席に苦手な人が座っていたら楽しくなくなる可能性が高いですし、逆に気の合う人や誰に対してもフランクに接するタイプの人が近くの席にいると、楽しくなる可能性が高いです。

 

お店の席の形状にもよりますが、席をよく立つ人が壁際の奥の席で、あなたがその隣だと、いちいちその人が立つたびに体をよけなくちゃいけなくて、面倒臭いです。

なので、自由に席を選べる場合は、誰がどこに座っているかを見て、自分の席を決めましょう。

 

飲み会の時間が、だいぶ違いますよ。

 

お酒を選ぶ

お酒が弱くて飲み会が苦手な場合、飲むお酒をきちんと選びましょう。

酔いつぶれて具合が悪くなってしまっては、絶対に楽しくないですよね。

 

あなたがどのくらい飲めるのかにもよりますが、お酒が弱いのであればノンアルコール飲料にするか、どうしてもアルコールをというならば、シャンディーガフレッドアイカシスオレンジなどアルコール度数の低いカクテルか、レモン酎ハイグレープフルーツ酎ハイなど柑橘系の酎ハイをオススメします。

酎ハイは生搾りだとなお良しですね。

 

翌日のお酒の残り方も全然違います。

参考:二日酔いの吐き気解消に効くツボ!二日酔いを治す方法はコレ!

 

会話を楽しむ

会話が苦手で飲み会が嫌いという方も、次回の飲み会では、会話を楽しんでみましょう。

あなたは会話が苦手だとしても同席している人はあなたと会話をしたいかもしれません。

 

普段あまり話したことがないのならばなおさら、意外なところからコミュニケーションが取れる可能性があります。

聞き役に徹して相手の話を引き出すのもありですし、日頃思っていることを明るめの口調で話してみるのもありです。

 

苦手意識を少し横に置いておいて、会話を楽しんでみましょう。

 

社会勉強と割り切る

「これは社会勉強なんだ」と割り切ってみるのもひとつの手です。

 

人はひとりでは生きていけないものですし、飲み会を、これからのあなたの人生を良くするための勉強と捉えてみてはいかがでしょうか?

 

世の中にはいろいろな考え方の人がいて、いろいろなタイプの人がいます。

 

仕事の場では特に、そのようないろいろな人たちと関わっていかなければなりません。

なので、飲み会を社会勉強の場、飲み代を社会勉強の費用と考えてみるのです。

 

飲み会に参加したくなりませんか?

参考:飲み会を楽しめない人必見!飲み会大嫌いな人が苦手を克服する3つのコツ!

 

飲み会に参加するメリット

有益な情報を得られる

先ほど、飲み会を社会勉強の場と割り切ると言いましたが、飲み会の席では様々な会話の中で、様々な情報を得ることができます。

最近流行りのお店とか、最近の子供はこんな感じでジェネレーションギャップを感じるとかいったライトなものから、政治の話とか世界情勢の話とか、あなたがまだ訪れたことのない外国の話とか、あなたが普段経験していないことの情報を得られるかもしれません。

 

飲み会に参加していなかったら触れることのなかった情報を得てみたくありませんか?

 

普段話せないことが話せる

これは、飲み会において結構あることだと思います。

普段は仕事の話しかしない間柄でも、お酒が入ってリラックスしてくると、プライベートの話や自分の考えなど話す機会もあるでしょう。

 

飲み会に参加していなかったら聞くことのできなかった話が聞けるとしたら、飲み会に参加してみたくなりませんか?

 

自分では選ばないお店に行ける

飲み会のお店選びは、その飲み会の幹事が行いますね。

なので、あなたが普段行かないお店に行ける可能性が高いです。

 

お店選びは誰でも悩むところで、人数と予算と味と店の雰囲気など、いろいろと考えた上で決めるものですが、幹事が行きたかった最近流行りのお店や、幹事が以前行って美味しかったお店などが選ばれていると思います。

そのお店が気に入れば、次回、あなたが友達との飲み会などに使えます。

 

参考:お酒に強くなる方法!お酒に強くなった人が実践した8つのこと!

 

まとめ

飲み会に参加するメリットって考えると結構ありますね。

飲み会の頻度にもよるので、飲み会が多いところはたまに行くくらいでいいと思いますが、回数が少ないならば、良いコミュニーケーションが取れる場所でもありますし、社会勉強と割り切って参加する方がいいと思います。

 

お酒が弱いのであれば、飲むお酒を選べばいいことですし、知らなかった情報を得ることができる可能性もあります。

次回の飲み会は参加してみましょう!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください