お酒が弱いあなたでも接待を乗り切る5つのコツ!

お酒が弱いあなたでも接待の席で酔いつぶれることなく、ノリ良く、うまく乗り切るためには、何を意識し、どのように振る舞えばいいのか分かりますか?

社会人ともなると、仕事上で接待の席につくこともありますよね。

 

普段、行きたくない飲み会は断ることができても、接待となるとそうはいきませんので、気持ちを切り替え、どのように過ごすか。

うまく乗り切る5つのコツを教えます!

 

お酒が飲めないからこその根回し

飲めないことをきちんと伝える

あなたがお酒を飲めないということをきちんと伝えていないと、後々大変ですので最初に伝えること。

最初にさらっと伝えれば、お酒を飲まなくても何ら問題はありません。

 

接待の席ではお酒が振舞われるので、お酒を飲まないと少し気が引けるかもしれませんが、この記事に書いてあることを実践すれば、そんな心配もありません。

最初にさらっと伝えることがコツです。

 

特に、一緒に参加する上司には、必ず伝えておくこと。

あなたから言いづらい状況でも、上司に伝えておけば、上司から取引先に伝えてくれるでしょう。

 

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

お店の人に協力してもらう

お店の人に協力を依頼できそうであれば、あなたの席にはアルコールを持ってこないように頼んでみることもひとつの手。

  • ビールであればノンアルコールビール。
  • ワインであればノンアルコールワイン。
  • 日本酒ならノンアルコール日本酒。
  • カクテルであればノンアルコールカクテル 

 

いまや、ノンアルコール飲料は様々なものが出ていて、お酒が飲めない人や車で来ている人のために、豊富に取り揃えているお店がほとんどです。

もしかしたら、接待のメンバーによっては、お店の人に頼むまでもなく、ノンアルコールの飲み物を堂々と頼めちゃうかもしれませんね。

 

飲んで酔いつぶれてしまっては大変なので、みなさん容認してくれるはず。

ソフトドリンクよりは、ノンアルコール飲料の方が選ぶお酒としておすすめです。

 

参考:お酒が弱い人に現れる主な症状!酒が飲めない人に出やすい症状と対策とは!

 

注文役を買って出る

あなたが下っ端の立場ならばなおさらですが、ぜひ、注文役を買って出ましょう。

気が利く人だと感心されるということもありますし、何よりもお酒を自分で選べるということがポイント。

 

ノンアルコール飲料であろうと、気にせずに注文できます。

そして、焼酎やウイスキーをボトルキープで飲む場合は、必ずあなたが作るようにしてください。

 

何故か?

 

分かりますよね。

 

 

そう、自分用にはお酒を入れずに、お冷やを飲む。

焼酎の水割りなら、水と全く見分けがつきません。

 

ウイスキーの水割りなら、、、、、自分用に少しだけウーロン茶を入れますか(笑)

そして、他のみなさんには、美味しい水割りを作って差し上げましょう。

 

参考:お酒に悪酔いしないための対策!飲む前に食べると酔わないものとは?

 

接待の席での会話

会話を選ぶ

接待の席では、大事な商談が決まるかもしれません。

社会人ならば当たり前のことでもありますが、会話は最重要事項です。

 

とにかく、場を良い雰囲気に包む会話を心がけるように意識しましょう。

お酒が飲めなくても、その場に出ている料理の話できっかけを掴んだり、最近の時事ネタ、誰もが会話に入れる天気や芸能、スポーツの話など。

 

もうすぐ、東京オリンピックや大阪万博もありますし、いろいろと盛り上がれそうですね。

参考:お酒に強いか弱いか診断の基準は?3つの体質チェックで強さ判定!

 

接待相手のことを事前に調べる

こちらも当たり前のことですが、接待相手のことは事前に調べて、

  • どんなものが好きなのか?
  • 何に興味を持っているのか?
  • どんなことをしているのか?

 

など会話におり交ぜましょう。

今の時代、SNSがありますから、検索するとその方のことが出てくるかもしれません。

 

プライベートなことを載せていることもありますから、親しくなることができるでしょう。

そして、今後も長い付き合いにしたいのであれば、相手の思いを聴くと同時に、あなた自身のことも話してみること。

 

あなたが好きなことや考えていることなどを語ってみるのも、人間関係を築く上で大切なことです。

もちろんその場の空気を読むことが大切ですが、うまく話が盛り上がれば商談成立も近いはず。

 

参考:お酒に強くなる方法!お酒に強くなった人が実践した8つのこと!

 

お酒を飲むときの対策

どうしてもお酒を飲まなくてはいけない場面での対策を、お話しましょう。

お酒が弱い人は、少し飲んだだけでも酔いが回り、体調を崩してしまいがちなので、そうならないために対策を取ることが重要。

 

お酒を飲む前に何か食べておく

空きっ腹でお酒を飲むと、アルコールがすぐに吸収されてしまい、酔いの回りが早いです。

アルコールは胃と小腸から吸収されるので、お酒を飲む前に何か脂肪分のあるものを食べて胃壁に膜を張り、アルコールの吸収を穏やかにすることが大切。

 

私は、接待のお店に行く前に、必ずチーズやヨーグルトなどを食べてから接待に参加しています。

お酒を飲んでいるときには、アルコールの分解を促すために、タンパク質を豊富に含むものを積極的に食べましょう。

 

お刺身、豆腐、卵料理、枝豆、イカ、タコなどがおすすめです。

緊張することもあるかもしれませんが、食事はしっかりと食べることを意識してください。

 

お酒と一緒にお水を飲む

アルコールの分解を促すためには、水分が必要不可欠。

アルコールの分解には水が大量に使われますし、お酒を飲むとトイレが近くなって体内の水分が無くなり、体は脱水状態になりやすいです。

 

アルコールの分解をスムーズにするためにも、脱水症状を防ぐためにも、お酒と一緒にお水を飲むことを意識してください。

 

サプリメントを飲んでおく

お酒を飲んで悪酔いすることを防ぐために、肝臓の働きを助けるサプリメントを飲んでおくことも有効です。

肝臓の働きを助ける代表的な成分は、オルニチン、クルクミン、セサミン、Lーシステイン、タウリンなど。

 

個装タイプのサプリメントをかばんに忍ばせておけば、いつでもサッと飲むことができて便利です。

水が無くても飲めるサプリメントもあるので、ぜひ、取り入れてみてください。

 

参考:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

ゆっくりとしたペースで飲む

悪酔いを防ぐためには、ゆっくりとしたペースで飲むことも重要なこと。

会話を楽しみながら、料理を楽しみながら、雰囲気を感じながらゆっくりとしたペースを保って飲むと良いでしょう。

 

あなたがお酒が弱いならば、一口をチビチビと飲むことです。

また、自分が飲むよりも皆さんについでさしあげると、あなたのお酒のペースが早くなることはないですね。

 

酔っ払ってきたかもしれないと感じたら、お酒は休憩してお水に切り替えることも意識してください。

 

まとめ

お酒が飲めない人にとって、飲み会の中でも特に接待って気を遣いますよね。

ですが、あまり深刻にならずに、その場の雰囲気を良くしようという気持ちで望めば、うまくいくものです。

 

自分が飲めないことが分かっているならなおさら、飲み物のことや相手のこと、会話のことを意識して乗り切りましょう。

きっといい結果が待っています!!!

 

今回は、お酒が弱くても接待をうまく乗り切るコツをお伝えしました。

次回もお楽しみに!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください