お酒が飲めない人は出世ができないのか?下戸と出世の関係は?

お酒が飲めないせいで出世ができない?

出世している人はみんなお酒が飲めるから、やっぱり飲みニケーションできないとダメなのか?

 

そんなことは絶対にありませんよ。

 

ですが、お酒が飲める方が飲みニケーションによって上司や取引先と親近感が増すことは間違いないです。

お酒が飲めないあなたでも、出世するための心得をお伝えしましょう。

 

お酒が飲めないあなたが出世したいなら

目の前の仕事に打ち込む

出世する人というのは、当然仕事ができる人です。

では、仕事ができるというのはどういうことをいうのか、考えてみましょう。

 

まずは、仕事が早いこと。

毎日のルーティンワークは誰よりも早く終わらせるように、意識して動きましょう。

 

最初はできないとしても、毎日毎日、目の前の仕事に真剣に取り組み、しっかりと自分の頭で考えて、そして、考えなくても無意識に動けるくらいにまで、打ち込むことです。

その毎日の小さな積み重ねが、そのうち、周りとの差を生むことでしょう。

 

そして、指示待ち人にならず、自分から積極的に考えて動く。

指示待ち人になっていては、結局、誰かの指示がないと動けない人になってしまい、そんな人が出世するはずがありませんよね。

 

積極的に動く。

大事です。

 

周りの人達を助ける

出世する人というのは、リーダー気質でなければなりません。

つまり、仕事をする上で、周りの人の役に立ち、周りの人達を助ける存在になるということ。

 

最初は、先ほど言ったように目の前の仕事に打ち込むことが大事なのですが、その次は、周りの状況を的確に掴み、周りを見て仕事をするようにならなければなりません。

出世をするということは、自分が上司となり、部下を抱える立場になるのですから、リーダーとして周りを見ることができ、しっかりと部下を引っ張っていく立場になるのです。

 

明確なビジョンを描く

出世するために何をするのか、どこを目指すのか、明確なビジョンを描くことが大切です。

出世したいとただ漠然と言ったり思ったりしているだけではダメで、例えば、自分は会社を背負う社長になるのか、社長を補佐する立場をめざすのか、まず、ビジョンをしっかりと描くこと。

 

これなくして出世はありえないでしょう。

参考:下戸は出世に影響する?酒が飲めないと仕事はできないのか?

 

お酒が飲めた方がいいと思うなら

仕事上の付き合いは、お酒の席でということも多いです。

やはり、飲みニケーションによって絆を深めたければ、以下のことに気をつけてみるといいでしょう。

 

体調管理をしっかりとする

同じ人でも、体調が良いときと悪いときでは酔い方が違いますね。

やはり体調管理は重要です。

 

大事な接待の時に体調を崩すなんてことがないよう、日頃から、体調管理に気をつけましょう。

中でも食生活と適度な運動、質の良い睡眠は絶対的に気をつけなければなりません。

 

まずは、食生活。

外食やコンビニ弁当が続くようでは、栄養が偏ってしまいますので、良質なタンパク質、良質な油、ビタミンミネラル、炭水化物をバランスよく摂取するように心がけること。

 

そして、適度な運動です。

急にスポーツを始めなくても、昼休みに少し散歩をするとか、通勤時に自転車を使うとか、できるだけ階段を使う、できるだけ歩くなど日常生活にうまく運動を取り入れられるといいですね。

 

それから、質の良い睡眠です。

寝具によっても睡眠の質は変わりますので、快適な寝具をそろえます。

 

夜更かしは禁物。

朝はしっかりと早起きをして、朝日を浴びること。

 

少しずつでもいいので生活習慣を整えて体調管理を徹底しましょう。

 

肝臓を強化する

体調管理を徹底しながら、肝臓も強化することを意識します。

なぜなら、アルコールは肝臓で分解されるから。

 

アルコールの分解がしっかりと行われないとすぐに酔っ払ってしまいますし、二日酔いにもなりやすいです。

肝臓を強化するには、肝臓をつくる素となるタンパク質をしっかりと摂取すること!

 

それから、野菜やきのこ、海藻などのビタミンミネラル、あさり・シジミ・タコ・貝などの甲殻類でも栄養をしっかりと摂りましょう。

肝臓は、人間の臓器の中で最も大きく、多少切り取ってもすぐに再生するなど強い臓器ではありますが、沈黙の臓器と言われるように肝機能が低下してもなかなか分かりづらいのです。

 

なので、日頃から肝臓をいたわり、接待でお酒を飲んでも大丈夫なように整えておきましょう。

 

飲むお酒を選ぶ

お酒が飲めないあなたが、アルコール度数の高いお酒を勧められてもなかなか厳しいですよね。

まず、最初に、自分がお酒があまり飲めないことをしっかりと伝えておきましょう。

 

そして、アルコール度数の低いお酒を飲むようにします。

ビールやハイボールなどがいいでしょう。

 

日本酒など勧められたら、ほんの少しだけ口をつけて、私は飲めないので、としっかり主張することですよ。

 

飲み方を考える

お酒は飲み方が大事です。

ペース良く一気に飲むとそれだけ早く酔いが回りますので、お酒が弱いならば、自分が飲むよりもお酌する側にまわりましょう。

 

そして、調子に乗って飲まないこと。

一口をほんの少しにして、ゆっくりと飲むことです。

 

それから、必ずお水を用意してもらって、お酒と同量もしくはそれ以上にお水を飲みましょう。

すると、酔いが回るのが遅くなり、二日酔い予防にもなります。

 

食事もしっかりと食べながら、無理のないペースでお酒を楽しみましょう。

 

下戸体質を克服するたった1つの方法

また、下戸体質でもお酒が飲めるようになりたいと本気で思っているのならば、こちらがおすすめ。

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

 

参考:下戸でも飲めるようになった方法!下戸だけど飲みたいあなたへ!

 

まとめ

お酒が飲めないあなたが出世をしたいならば、まずは仕事ができる人間となり、リーダー気質になることです。

そして、しっかりとビジョンを描くこと!

ここが一番大事です。

 

その上で、出世するために飲みニケーションが大切だと思うならば、まず、体調管理をしっかりとして、生活習慣を見直しましょう。

接待の席では、必ずお酒と一緒にお水をたくさん飲むこと!

 

これらを忘れず、楽しい出世、楽しい飲み会ライフを送りましょうね。

それでは、次回もお楽しみに!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください