お酒が弱い人がお酒に強くなるには?おすすめの対策5選!

お酒が弱い人がお酒に強くなることって可能だと思いますか?

お酒の強さは、アルコール分解酵素の働きの強さの違いで、遺伝子によって決まっているため変えることはできません。

 

でも、お酒に弱い体質だとしても、お酒の飲み方を変えることで、今までよりも楽しくお酒を飲むことはできるはず。

飲み会など、たくさんお酒を飲む機会も増えてくるので、その時のために覚えておくと良い対策方法を伝授いたしましょう。

 

お酒が弱い人がお酒に強くなるおすすめの対策

空きっ腹にお酒を飲むことはやめよう

空きっ腹にお酒を飲むと、アルコールが体内に一気に吸収されることになり、アルコールの分解処理が追いつかなくなるので、すぐに酔っ払ってしまいます。

吸収を穏やかにするために有効な方法は、胃壁に膜を張ってしまうこと。

 

具体的には、お酒を飲む前に、チーズ・アボカド・オイルの入ったドレッシングをかけたサラダ・バターが入ったお菓子など、脂肪分のある食べ物を食べましょう。

お酒を飲んでいる時のおつまみは、タンパク質が豊富なものがおすすめ。

 

なぜなら、タンパク質に含まれるアミノ酸がアルコールの分解に必要なので、おつまみでタンパク質を摂取することにより、スムーズにアルコールの分解が行われるのです。

具体的には、焼き鳥・枝豆・豆腐・卵焼き・チーズ・ステーキ・お刺身など、おつまみの定番メニューですね。

 

また、アルコールの分解には、糖分も必要になるので、こちらもおつまみで補給してあげると良いでしょう。

 

お酒を飲むときはお水も一緒に飲もう

アルコールの分解が行われる時、最も必要なものが水です。

アルコールの分解には大量の水が必要なのですが、アルコールの利尿作用により、水分が体外に排出されてしまうため、意識的に水分補給をしないとスムーズに分解処理が進みません。

 

スムーズに分解処理が進まないと、アルコール分解の過程で生成されるアセトアルデヒドという有害物質が、体内を巡ってしまうことになり、吐き気や頭痛などの症状を引き起こす原因に。

また、体の水分が奪われるので脱水症状になりやすく、命の危険すらあります。

 

アルコールの分解をスムーズにするためにも脱水症状を防ぐためにも、お酒を飲むときには必ず意識して水分補給をするようにしてください。

ちなみに、ビールや日本酒を水分だという人がいますが、お酒は体の水分を奪っていくものですので、水分補給は必ず水です。

 

お酒を飲んだ後にも水を飲んでおくと、二日酔いの予防にもなるのでおすすめ。

この場合は、アルコール分解を促進する糖分を含むものとして、スポーツ飲料やグレープフルーツジュースでも良いでしょう。

 

参考:お酒に強くなる方法!お酒に強くなった人が実践した8つのこと!

 

一気飲みは絶対にせずゆっくり飲もう

お酒を一気飲みするということは、アルコールが一気に体内に入るということなので、当然、アルコールの分解が追いつかなくなり酔っ払います。

一気飲みは、血中アルコール濃度も急激に上がり、急性アルコール中毒の危険性もあるので、絶対にしないこと。

 

一気飲みを強要するなどもってのほかです。

お酒を飲むときは、一緒に料理を楽しみ、水分補給もしながらゆっくりと味わうことが大人のたしなみというもの。

 

サプリメントを上手に取り入れよう

お酒をたくさん飲む飲み会の前には、サプリメントを取り入れることも有効です。

サプリメントも様々な種類があり、体質によって合うものがあるので、いろいろと試して自分にあったサプリメントを常備しておくこと。

 

アルコールの分解を助けるのに有効なサプリメントの成分は、オルニチン・L−システイン・クルクミン・セサミン・タウリンなどです。

ドリンクタイプよりも錠剤タイプやタブレットの方が常備しやすく、持ち運びも楽なのでおすすめ。

 

参考:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

アルコールの弱いお酒を選ぼう

お酒に弱い人は、アルコール度数が低いアルコールの弱いお酒を選ぶと良いでしょう。

最近は、車で参加する人のためにもノンアルコール飲料を置いているお店がほとんど。

 

種類も増えていて、美味しいものもたくさんあるので、ノンアルコール飲料を選ぶのもありです。

アルコール度数の低いお酒は、ビール・シードル・酎ハイ・梅酒の水割り・マッコリ・ホッピー・サングリアなどたくさんありますね。

 

どうしても、日本酒やワインやアルコール度数の高いカクテルなどのお酒を飲みたいときは、水分補給をしっかりとしてゆっくりとしたペースを守って飲んでください。

参考:お酒弱い人でも飲めるお酒。お酒が苦手な人でも飲めるおすすめカクテル!

 

まとめ

お酒に弱い体質の人は、飲み会の席で悪酔いをしたり二日酔いにならないように、しっかりと対策をすることが大切。

  • 空きっ腹にお酒は飲まない
  • お酒を飲むときは水分補給を
  • 一気飲みはせずにゆっくりとしたベースで
  • サプリメントを上手に取り入れる
  • アルコールの弱いお酒を選ぶ

 

自分の体質を遺伝子レベルで検査したい方は、こちらから検査キットを取り寄せてください。

口腔粘膜を採取して郵送で送り返すだけで、あなたの体質が詳しく分かります。

楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください