お酒が弱い人は飲み方の対策をしよう!吐くことや頭痛などの症状を軽減!

お酒を飲んで嘔吐してしまったり、頭が痛くなったり、二日酔いになったり、あなたも経験しているのではないですか?

お酒が弱い人は、飲み方を工夫しないと、このような症状がすぐに出てしまいます。

 

お酒を飲むことは楽しいとしても、悪酔いや二日酔いは誰だって避けたいもの。

お酒を飲んで失敗をしないためにも、お酒が弱い人は飲み方の対策をして、酒は飲んでも酒に飲まれることがないよう、楽しくお酒と付き合っていきましょう。

 

お酒が弱い人は飲み方の対策を

お酒が弱い人というのは、アルコールの分解処理をするアルコール分解酵素の働きが弱いのです。

もっと詳しく言うと、悪酔いや二日酔いの原因となる、アセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きが弱いということ。

 

ALDH2の働きは遺伝子によって決まっているので、基本的に体質を変えることはできません。

でも、お酒の飲み方を変えることによって、お酒に酔いにくくなり、悪酔いや二日酔いを避け、お酒を楽しむことができるようになりますよ。

 

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

お酒が弱い人の吐くことや頭痛の症状への対策

悪酔いや二日酔いをしないためのお酒の飲み方として、効果的なものを次に挙げます。

お酒を飲むときには意識して対策をするようにしましょう。

 

自分のお酒の許容量を知ること

一番大事なことは、あなた自身が、あなたのお酒の許容量を知ること。

遺伝子レベルであなたのお酒に対する体質を知ることも重要ですし、お酒を飲んでいて、この状態になると危険サインというサインを把握することです。

 

お酒の量も酔っ払ったり悪酔いしたりという原因になりますが、お酒を飲むペースも原因になるもの。

お酒を飲むペースが速いと、肝臓でアルコールの分解処理が追いつかず、アセトアルデヒドが血液にのって全身を巡ってしまいます。

 

要するに、悪酔いしないためには、自分の飲み方を見つめて、限界値を知ることが大切で、その地点を超えないように飲むということです。

 

空きっ腹では飲まないこと

空きっ腹でお酒を飲むと、アルコールが体内に吸収されやすく、一気に酔いが回りやすくなります。

アルコールは、胃と腸から吸収されるので、お酒を飲む前に何か食べて、胃に膜を貼っておくことで、アルコールの吸収を穏やかにすることができます。

 

食べるのはなんでも良いのですが、おすすめなのは、チーズやオリーブオイル、バターを使った脂肪分のある食べ物です。

お酒を飲み始めてからも、アルコールの吸収をゆっくりにするために、おつまみを上手に食べることが重要。

 

アルコールの分解にはアミノ酸が必要となるため、おつまみは、良質なタンパク質を含むものを選ぶと良いでしょう。

おすすめは、焼き鳥、枝豆、卵焼き、ステーキ、冷奴、チーズ、お刺身など。

 

水分補給をしっかりとすること

アルコールを分解するためには、アミノ酸と同時に水が大量に必要となります。

お酒を飲んでいて、脱水症状になる人も多くいますが、大変危険です。

 

アルコールには利尿作用があり、尿として水分が体外に排出されてしまうこともあるので、なおさら水分補給が必要。

お酒は水分だ、という人もたまにいますが、それは大きな間違いですので、お酒を飲むときは必ずお水を飲んで、水分補給をしましょう。

 

お酒を飲んでいて、トイレに行く回数が減ったら、それは要注意のサイン。

体が脱水症状を起こしていますし、アルコールの分解もスムーズに行われなくなるので、水分補給を十分にしてください。

 

お水も一気に飲むことはせず、ゆっくりと飲むことが大切です。

 

休憩を挟むこと

酔っ払ってきたなと感じたら、お水を飲みながら、お酒は一旦休憩しましょう。

周りに合わせて飲まなければ、と思うことがあるかもしれませんが、あなたの体の方が大切です。

 

1次会から2次会に行くときに、酔いが覚めた経験はありませんか?

あれは、お店からお店まで移動する間はお酒を飲まないので、途中で休憩が入るから。

 

休憩を挟めば、その間にアルコールの分解が進み、また、お酒を美味しく楽しむことができるでしょう。

ただし、無理は禁物。飲み会ではお酒を飲まなくても、会話を楽しんだり料理を楽しんだりできますよ。

 

お酒を飲んで酔っ払ったら

お酒を飲んで酔っ払ったら、ここでもやはり水分補給が必要不可欠。

アルコールはまだ体内に残っていますから、アルコールの分解を進めるために、お水を飲んで水分補給をすること。

 

ここでは、スポーツドリンクも有効ですので、その時に必要だと思われる水分を補給しましょう。

ほろ酔いならば大丈夫ですが、泥酔してしまったときは、お風呂に入ることは避けてください。

 

お風呂に入ると血流が良くなり、体内に残っているアセトアルデヒドが体を巡ってしまうので、二日酔いの症状が出やすくなります。

二日酔いも辛いですから、できる限りの対策を取りましょう。

 

まとめ

お酒を飲んだときの悪酔いや二日酔いは、誰でも嫌なもの。

お酒が弱いとすぐに酔ってしまうのは仕方のないことですが、お酒に酔いにくくする飲み方をして、対策を練ることは必要。

 

  • 自分のお酒の許容量を知ること
  • 空きっ腹では飲まないこと
  • 水分補給をしっかりとすること
  • 休憩を挟むこと

 

しっかりと対策をして、お酒と上手に付き合っていきましょう。

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください