お酒が飲めない理由とは?体質とアルコール分解酵素が関係していた!!

お酒が飲める人と飲めない人がいるのはなぜでしょう?理由は何なのでしょうか?

 

同じお酒を同じ量飲んでも、全く酔わない強者もいれば、少し酔っ払うけれどほろ酔いで気分良さそうな人もいるし、すぐに体に異変が起こって気分が悪くなる人もいますね。

すぐに酔っ払ったり具合が悪くなると、なんだか損をした気分になってしまい、お酒が強い人が美味しそうにお酒を飲んで、気分も良さそうにしていると羨ましいと思ってしまいませんか?

 

しかし、私たちのお酒が飲める量というのは、実は体内のアルコール分解酵素の働きによって決まっているのです。

 

両親ともに飲めない家系の人は、やっぱりお酒が飲めない人が多いんですよね。

だとしても、大人のたしなみとしてもっとお酒を楽しみたいと思っているなら、飲み方に気をつけることで今よりもお酒を楽しむことができます。

 

お酒が飲めない体質なのは分解酵素のせい

アルコールが分解されるまで

アルコールを摂取した後、体内でどのように分解されるのか見ていきましょう。

  1. まず、胃と腸で吸収されます。
  2. 門脈を通って肝臓に運ばれます。
  3. 肝臓でADH (アルコール脱水素酵素)の働きにより、アセトアルデヒドに分解されます。
  4. このアセトアルデヒドは、ALDH2(アルデヒド脱水素酵素2型)の働きにより、酢酸に分解されます。
  5. さらに、水と二酸化炭素にまで分解されて呼気や汗や尿によって体外に排出されます。

 

お酒が飲めるか飲めないか体質を決める酵素とは?

上記❹のALDH2の働きによって、お酒が飲める体質かお酒が飲めない体質(いわゆる下戸)かどうかが決まります。

あまり聞き慣れない分解酵素の名前かもしれませんが、この働きが活発な人はお酒に強く、低活性な人はお酒に弱く、不活性な人は全くお酒が飲めないということ。

自分の場合はどうなのか、次のテストで調べてみましょう。

 

アルコール分解酵素の型テスト

簡単にできるアルコールパッチテスト です。

  1. 薬剤の付いていないガーゼに市販の消毒用アルコールを浸して上腕の内側の柔らかい皮膚の部分に貼り付けます。
  2. 7分経ったらガーゼを剥がし、その直後、アルコールが付いた皮膚が赤くなっているかを見ます。
  3. ガーゼを剥がしたあと10分経った時の皮膚が赤くなっているかを見ます。

 

上記で赤くなっていたらあなたはALDH2が不活性型。遺伝子レベルで下戸なので、絶対にお酒を飲まないようにしてください。

上記で赤くなっていたらあなたはALDH2が低活性型。少量ならば飲んでも大丈夫ですが、無理はしないようにしましょう。

 

赤くならなかったら、アルコール分解酵素が働いてくれるので、だいたい飲めます。

参考:アルコールパッチテストで赤くなると下戸?やり方と信頼性を徹底解明!

 

もっと正確にテストできるキットも販売されていますので、気になる方は試してみてください⬇️⬇️⬇️

『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

お酒が飲めるようになる工夫

アルコールの分解を促す

ALDH2は遺伝子で決まっているので、どうすることもできませんが、 もっと飲めるようになりたいと思っているのであれば、方法はあります。

 

その方法とは、アルコールの分解を助けてあげること。

アルコールの分解は肝臓で行われますが、その時にアルコール分解酵素と一緒にアミノ酸と水を大量に使います。

 

良質なタンパク質を摂る

アミノ酸の元はタンパク質です。

なので、お酒と一緒に食べるおつまみは良質なタンパク質を含んだものを選ぶようにすると良いですね。

 

具体的には、枝豆、肉類、魚介類、冷奴、卵焼きなど。

野菜も大事ですが、お酒を飲むときは、必ずタンパク質を豊富に含む上記のようなおつまみを選んで食べてください。

 

お水を飲む

さて、アルコールを分解するためにもうひとつ、水が必要でしたね。

お酒を飲む時には、お酒のお供にお水を置いて、お酒と交互に飲むようにすると良いですし、お水を飲むことによって二日酔いの予防にもなります。

 

実際に、お水を飲むと分かりますが、休憩にもなりますし、体のアルコールが中和される感覚があり、トイレに行く回数も増えるので代謝が良くなり、アルコールが早く分解されて体外に排出されるんです。

酔っ払ってきてちょっと休憩したいなと思ったら、自分の身体と相談し、お水をたくさん飲んでみること。

 

いつもより、たくさん飲んでも酔っ払いにくいし、二日酔いもしにくいですよ。

参考:アルコール分解には水が必要!アルコール分解を早めるには水分補給が最重要!

 

サプリメントに頼る

二日酔い予防のサプリメントがたくさん出ていますが、これらはアルコールの分解を促す成分が入っていますので、もっとお酒を楽しんで飲みたいと思っている方にオススメ。

代表的なものとしては、ウコン、オルニチン、シジミエキスなどですね。

 

 

 

こちら、定期購入もあります⬇️

 

お酒を飲む前、飲んだ後に摂取して、アルコールの分解を助けてあげましょう。自分の身体を守ることになります。

参考:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

まとめ

お酒が飲めるか飲めないかは、実際のところ遺伝子で決まっている部分もあります。

ですが、もっと飲みたいのであれば、自分の身体と相談しながら無理はしないようにして、アルコールの分解を助ける行動をしてみること。

 

また、飲む前の体調管理も大切ですし、飲んだ後にもお水を飲んで寝るなど、対策を取ることがオススメ。

おつまみを選ぶようにして、必要であればサプリメントを摂取することもアリでしょう。

 

自分の体質を良く理解して、お酒と上手に付き合っていきましょうね。

それでは、次回もお楽しみに!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください