【お酒に強くなる方法】お酒に強くなるサプリメント4選!

お酒を飲むときに、楽しく飲みたくてもすぐに酔っ払ってしまって、なかなか楽しめないとき、ありますよね。

お酒を飲み過ぎてしまったから、元々お酒に弱い体質だから、体調が優れなかったから、疲れが溜まっていたから。

 

様々な理由で酔っ払ってしまいますが、サプリメントを上手に取り入れると、いつもより調子良く飲めます。

せっかくお酒を飲むならば、悪酔いせずに楽しく飲みたいもの。

 

今回は、いくつかのサプリメントをご紹介し、なぜサプリメントを摂った方がいいのかについてお話ししていますので、一緒に見ていきましょう。

また、4つのサプリメントの詳しい記事も参考にじっくりと読んで、あなたに合ったサプリメントを見つけて、お酒を楽しんでください。

 

お酒に強くなるおすすめのサプリメント

それでは、お酒に強くなるために、おすすめのサプリメントをご紹介しましょう。

全てのサプリメントが、肝臓の機能を助け、アルコールの分解をスムーズにする効果が期待できます。

 

ネットで買うことができるので、お店に行く必要もなく手に入れることが可能。

持ち運びに便利なタイプもありますので、じっくりと選んでください。

 

やわたのしじみの力

やわたのしじみの力は、黄金シジミのエキスを抽出して作られており、肝臓の機能を助けるオルニチンやLーシステインが豊富に含まれています。

肝臓の機能を助けるということは、アルコールの分解をスムーズに行うことができ、悪酔いを防ぐことができるということ。

 

50粒入りの袋タイプと5粒入りの個装タイプが選べます。

50粒入りを用意して、家飲みの時に摂取するのも良し、個装タイプでいつでもどこでもサッと飲めるのも良し。

 

詳しくはこちらから⬇️⬇️⬇️

 

参考:お酒に強くなるにはこのサプリ!お酒が飲めるようになりたい人におすすめ!

 

秋ウコンホワイト

言わずと知れたウコンですが、こちらの秋ウコンホワイトの主成分はクルクミンと鉄分。

しかし、ウコンは悪酔いや二日酔いに効かないって聞いたことはありませんか?

 

その理由は、クルクミンがそのままでは体に吸収されにくいからなのです。

せっかく摂取しても、成分が体に吸収されずに排出されてしまっては、なんの意味もありませんよね。

 

その点、秋ウコンホワイトは、クルクミンからテトラヒドロクルクミノイドという成分を抽出して、体に吸収されやすい形にしているので安心です。

ほかにも、こちらをおすすめする理由としては、水なしで飲めるタブレットだということ。

 

急な飲み会にも対処できるように、会社のデスクやカバンの中に常備しておくと便利です。

詳しくはこちらから⬇️⬇️⬇️

 

参考:お酒に強くなる方法:ウコンは一番効くサプリ?お酒に強くなる手術はある?

 

ヘパリーゼZ

続いてのおすすめは、某タレントのCMでもおなじみのヘパリーゼZ。

ヘパリーゼにもたくさん種類がありますが、こちらは、肝臓エキス・ウコンエキス・オルニチン・セサミン・Lーシステインが主成分で、肝臓に効く5大成分が全て入っています。

 

ヘパリーゼはドリンクタイプが有名ですが、こちらは3粒入りの個装になっているので、持ち運びにも便利です。

また、セサミンやLーシステインはアンチエイジング効果も期待できるため、アルコールの分解プラス滋養強壮の効果も。

 

詳しくはこちらから⬇️⬇️⬇️

 

お得な定期購入もありますので、ぜひ、お試しください。

詳しくはこちらから⬇️⬇️⬇️

 

参考:お酒で顔が赤くならない方法ってあるの?ヘパリーゼを飲むと顔が赤くならないってホント?

 

スパリブ(SUPALIV)

スパリブは、アルコール代謝に関する特許を、日本をはじめ、世界で取得しているサプリメント。

「ワインをもっと楽しんで飲んでいただきたい」という思いで、スイスで生まれました。

 

ワインを飲んで楽しんでも、翌朝起きるのが辛い、という状況になっては悲しいですよね。

スパリブを摂取してからですと、翌日のお酒の残り方が全然違い、すっきりと目覚める感覚を実感していただけるはず。

 

3粒入りの個装タイプと100粒入りのボトルタイプから選ぶことができ、お得な定期購入もあります。

詳しくはこちらから⬇️⬇️⬇️

 

参考:お酒に強くなる方法!お酒に強くなった人が実践した8つのこと!

 

お酒に強くなる方法

お酒に強くなるには、まず、自分のお酒に対する体質を把握しておくことが大切。

お酒を飲むと、アルコールが吸収され、肝臓に運ばれて分解処理されますが、この分解処理能力の強さによってお酒に強いか弱いかが決まります。

 

ここで、お酒を飲んだ時に体の中で行われている、アルコールの分解の仕組みについて見ていきましょう。

お酒を飲むとアルコールは、胃から20%、小腸から80%の割合で吸収され、血液に溶け込んで全身を巡ります。

アルコールが脳に到達すると、脳が麻痺状態になり、いわゆる酔っ払った状態になりますが、この段階ではまだほろ酔いの状態。

アルコールの分解は肝臓で行われるので、アルコールは門脈を通って肝臓へ運ばれます。

肝臓では、まず、アルコール脱水素酵素(ADH1B)の働きによって、アルコールからアセトアルデヒドに分解。

続いて、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きによって、アセトアルデヒドからアセテート(酢酸)に分解。

アセトアルデヒドが体内に増えると、悪酔いの状態になります。

その後、水と二酸化炭素まで分解されて、最終的には、尿や汗や呼気となって体外に排出されます。

 

このアルコールの分解の過程で生成されるアセトアルデヒドが悪酔いを引き起こす原因で、吐き気、頭痛、めまい、動悸、顔や体の紅潮、眠気などの症状が出ます。

しかし、アセトアルデヒドを分解する酵素の働きの強さは、遺伝子によって決まっており、変わることはありません。

 

では、なぜ自分の体質を知っておくことが大切かと言うと、まず、あなたのお酒の許容量を把握しておくことで、飲み過ぎを防ぐことができるから。

お酒に強くなるためにサプリメントを摂っても、許容量を知らずにお酒を飲み続けてしまっては、結局、悪酔いをしてしまうことになります。

 

そこで、あなたの体質を知るためにおすすめなのがこちらの検査⬇️⬇️⬇️

楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

こちらの検査は、あなたが全くお酒を受け付けない体質なのか、アルコールの分解処理能力が高いのか低いのかを、遺伝子レベルで知ることができるもの。

併せて、アルコール依存症になりやすいかどうかや病気のリスクについても知ることができ、これからのお酒との付き合い方を考えることができるでしょう。

 

具体的には、ADH1Bの働きとALDH2の働きの強さを遺伝子レベルで知ることができます。

お酒に強くなってお酒を楽しむためには、まず、自分の体質を知ることから。

 

自分の体質をきちんと把握してサプリメントを摂ることで、より効果的にお酒を楽しむことができるでしょう。

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

お酒の飲み方を変えることの重要性

自分のお酒に対する体質を把握したら、自分はどのくらいお酒を飲めるのかというお酒の許容量が分かるので、お酒を飲むときに、悪酔いすることなく楽しむことができるようになるでしょう。

しかし、ここでのポイントは、お酒の許容量を超えて無謀な飲み方をしてしまっては、サプリメントを摂ったところで効果が薄くなってしまうということ。

 

お酒を飲むときに悪酔いしないための対策はいくつかありますが、しっかりと対策を取り、お酒を飲んでもお酒に飲まれることが無いように気をつけてください。

 

空きっ腹で飲むことは避ける

空きっ腹でお酒を飲むと、胃と小腸からのアルコールの吸収が急激になります。

空腹でお酒を飲むと五臓六腑に染み渡りますが、吸収が速いので一気に酔いが回ることに。

 

悪酔いしない飲み方は、まず、お酒を飲む前の準備が大切です。

お酒を飲む前に、胃壁に膜を張ることで、アルコールの吸収が穏やかになるのでおすすめ。

 

具体的には、チーズ、ヨーグルト、オリーブオイルをかけたサラダ、アボカド、バターを使ったお菓子など、脂肪分の多い食べ物を食べておくことです。

 

お酒と一緒にお水を飲んで水分補給

お酒を飲むと、その利尿作用によって体内の水分量が減ります。

その上、アルコールの分解にも水分が使われるので、体が脱水状態になりやすい。

 

お酒を飲むと喉が乾くのはこのためなので、お酒を飲む時には必ずお水を用意して、お酒とお水を交互に飲むと良いです。

お酒を水分と勘違いしている人がいますが、お酒は体の水分を奪うので、きちんと水分補給を意識しましょう。

 

お酒を飲みながら水分補給をすることと同様に大切なのは、お酒を飲んだ後の水分補給。

お酒を飲み終わった後もアルコールの分解は行われるわけですから、水分補給は必要不可欠です。

 

寝る前にコップ1〜2杯のお水を飲んでおくと、寝ている間のアルコールの分解処理を促すことにつながります。

翌日のお酒の残り方が、全然違いますよ。

 

ゆっくりとしたペースで飲む

お酒をハイペースで飲むと、酔いが一気に回りませんか?

アルコールが一気に体内に入ると、吸収スピードが上がり、分解のスピードが追いつかなくなります。

 

一気飲みなどは、急性アルコール中毒の危険もありますし、お酒はゆっくりとしたペースで飲みましょう。

会話を楽しみながら、料理とお酒の相性を楽しみながら、お酒をしっかりと味わいながら、ゆっくりとしたペースで飲むこと。

 

意識すると、悪酔いもしにくいですし、お酒の飲み方も綺麗になります。

 

おつまみを選んで食べる

アルコールの分解には、水分と共にアミノ酸も使われます。

なので、アミノ酸補給のために、おつまみにタンパク質を豊富に含むものを選ぶことをおすすめ。

 

定番の枝豆、焼き鳥、お刺身、卵焼き、ステーキ、チーズなどがタンパク質を豊富に含んでいます。

美味しく食べて飲んで、悪酔いを防ぎましょう。

 

サプリメントを利用する

サプリメントには、肝臓の働きを助ける機能が盛りだくさん。

上手に取り入れることで、いつものようにお酒を飲んでいても悪酔いを防ぐことが可能。

 

今回ご紹介したサプリメントは、持ち運びにも便利ですし、すぐに購入できておすすめです。

カバンに忍ばせて、急な飲み会にも対応できると良いですね。

 

参考:お酒に弱い人は対策を練ろう!飲むと現れる症状と4つの対策。オススメのお酒はコレ!

 

まとめ

酒は飲んでも飲まれるな!

お酒を飲むときは、この言葉を肝に銘じて悪酔いをしないように気をつけること。

 

悪酔いをしないためには、まず、自分の体質を理解し、お酒の飲み方を変えること。

サプリメントを摂ることで、肝臓のアルコール分解機能を助け、悪酔いや二日酔いを予防する効果が期待できる。

 

しっかりと対策を取って、楽しい飲み会ライフを送りましょう!

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください