お酒弱い人の酒に酔う症状!アルコール度数よりアルコール分解能力が重要!

お酒に弱い人は、どうしても人より早く酒に酔う症状が出てしまうものです。

お酒で悪酔いせずに、気持ちよく酔うためには、アルコール度数を気にするよりも、アルコール分解能力を気にすべき。

 

あなたは、アルコール分解能力を高める方法を知っていますか?

今回は、お酒に弱い人が酒に酔ったときに出やすい症状と、アルコール分解能力を高める方法についてお話ししていきます。

 

お酒に弱い人のお酒に酔う症状

顔や体が赤くなる

お酒に弱い人は、少しお酒を飲んだだけでも顔や体が赤くなってしまいがち。

赤くなるだけならまだ良いもので、症状が進むと、全身に痒みを伴うこともあるので少し厄介です。

 

また、少ししか飲んでいないのに、顔が赤くなるせいで、かなり酔っ払っているように見られてしまうことも。

顔が赤くなってしまっていることをからかわれたりすることもあり、嫌なものですよね。

 

頭が痛くなる

お酒を飲んでいると、頭が痛くなる症状が出ることもあります。

特に、ビールを飲んでワインを飲んで酎ハイを飲んでなど、いわゆるちゃんぽんをすると頭が痛くなりやすいでしょう。

 

頭が痛くなると、お酒を飲む気もなくなりますし、テンションも下がってしまうもの。

頭が痛くなってきたら、お酒の許容量を超えているサインなので、お酒はお休みした方が良さそうです。

 

吐き気がする

お酒を飲みすぎると、吐き気がして気持ち悪くなってきたり、実際に吐いてしまったりすることもあります。

楽しく飲み会に参加していたのに、途中からトイレにこもりきりで、トイレと仲良しになってしまうのはなんとも残念なこと。

 

また、実際に吐いてしまうと、周りにも迷惑をかけてしまいます。

こちらも完全にお酒の許容量を超えているので、お酒はお休みして、早く帰らせてもらった方が良いでしょう。

 

眠気に襲われる

お酒に弱い人は、お酒を飲んでいる途中で、眠気に襲われることも多いもの。

アルコールによって脳の神経が麻痺状態になり、眠気に襲われてしまうというわけです。

 

体調が悪いときや寝不足のときにお酒を飲んだ場合にも、お酒に酔って眠気に襲われる症状が出やすくなります。

特に年齢を重ねてくると、お酒を飲んで眠気に襲われる頻度は高くなりがちです。

 

参考:お酒が強いか弱いか診断して体質チェック!弱い人の特徴と飲み方の工夫!

 

酔わないためにはアルコール度数よりアルコール分解能力が重要

お酒に酔わないために、飲むお酒のアルコール度数を気にする人は多いものですが、悪酔いしないためには、アルコール度数よりもアルコール分解能力の方が重要です。

悪酔いの症状を引き起こす原因は、アルコール分解の過程で生成されるアセトアルデヒドという物質。

 

お酒に強い人は、アセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きが強いのですが、お酒に弱い人はこの働きが弱い。

働きが弱いために、アセトアルデヒドが分解されずに体内に残ってしまって、症状を引き起こすのです。

 

お酒が弱い人でも、悪酔いの症状を引き起こさないためには、アルコールの分解能力を高めることが必要。

ALDH2の働きの強さ自体は遺伝子によって決まっているものですが、飲み方の工夫などにより、アルコールの分解能力を高めることはできます。

 

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

アルコール分解能力を高めるには

肝臓の機能を高めること

アルコールの分解が肝臓で行われることはご存知のとおり。

なので、肝臓の機能を高めることによって、アルコールの分解能力を高めることができます。

 

肝臓の機能を高めるためには、運動により筋肉量を増やすこと、不要な薬を飲むことを避けて解毒に酵素を使わないように気をつけることです。

食生活によっても肝機能を高めることはでき、おすすめの食材は、鶏卵、ささみ、青魚、レバー、しじみ、大豆製品、枝豆、焼き海苔、うなぎなど。

 

高タンパクな食材とビタミンが豊富な食材を普段から積極的にとって、肝臓を強くしましょう。

また、ストレスによる負荷も肝臓にダメージを与えますので、ストレスはこまめに発散しておくことです。

 

肝臓の機能を高めるために、普段からサプリメントを飲んでおくことも有効でしょう。

参考:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

アミノ酸と水分を補給すること

肝臓でアルコールの分解をするためには、アミノ酸と水分が大量に必要となります。

なので、食事やおつまみから、これらを補うことを意識すること。

 

良質なタンパク質を含む、肉類、枝豆、大豆製品、チーズなどをおつまみに選び、お酒と一緒にお水を飲んで水分補給をしましょう。

この2つを意識することで、悪酔いは確実に防ぐことができますし、二日酔いの予防にもなるので意識してください。

 

もちろん、アルコール分解能力を高めることに加えて、アルコール度数の低いお酒を選ぶことで、より悪酔い対策になります。

参考:下戸でも飲める酒。お酒が弱い人におすすめのお酒はコレ!

 

まとめ

お酒に弱い人に出やすい症状は、顔や体が赤くなる、頭が痛くなる、吐き気がする、眠気に襲われるなど様々ですが、これらの原因は全てアセトアルデヒド。

お酒に弱い人は、このアセトアルデヒドを分解するALDH2の働きが弱いもの。

 

アセトアルデヒドを分解する場所は肝臓なので、肝臓の機能を高めることがアルコール分解能力を高めるために必要。

お酒を飲んでいるときには、アルコールの分解を助けるために、タンパク質を含むものを食べて、お水を飲んで水分補給することもお忘れなく。

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください