下戸に出やすい症状は何?体質は改善できる?飲み会差別への対策は?

下戸とは、お酒が全く飲めない人とお酒が弱い人の両方を指す言葉ですね。

なんと、白人や黒人には下戸の人はおらず、日本人を含む黄色人種のみが突然変異で下戸体質になった人がいるのです。

 

そういえば、外国人はみんなお酒に強いというイメージ。

筋肉ムキムキの屈強な人はなおさら、お酒を飲んでも顔色ひとつ変えず、お酒を楽しんでいる印象ですよね。

 

では、そんな黄色人種のみに存在する下戸は、お酒を飲むとどのようになるでしょう?

そして、下戸体質というのは、改善できるのか?また、飲み会において、下戸に浴びせられる差別とその対策とは?

 

下戸に出やすい症状とは

下戸がお酒を飲むと体に現れる症状というのは、いくつかありますが、出やすい症状としてあげるとすれば、次の3つでしょう。

 

  • 顔が赤くなる

下戸は、お酒を少し飲んだだけで、顔が赤くなる人が多いです。

お酒が全く飲めない人だったり、少しは飲める人がお酒を飲み進めると、体まで赤く染まってくる人も。

 

  • 吐き気がして実際に嘔吐する

酒豪でも許容量を越えれば嘔吐する人もいますが、下戸の人はお酒を少量飲んだだけでも、吐き気がして実際に嘔吐してしまうことも。

飲み会に参加して間も無く、トイレと仲良しなどという状況になったら辛いですね。

 

  • 眠くなり実際に寝てしまう

下戸の人はお酒が入ると、眠気に襲われて眠くなり、いつの間にかお酒の席で寝てしまうことも。

しかも眠気が急に襲ってくる場合があるので、その場合、周りが対処に困ってしまうかもしれませんね。

 

参考:お酒が弱い人に現れる主な症状!酒が飲めない人に出やすい症状と対策とは!

 

下戸体質は改善するのか

ちなみに、下戸体質というのは、親から受け継いだ遺伝子によって決まっています。

前出の症状を引き起こす原因は、アルコールの代謝の過程で体内で生成されるアセトアルデヒドの仕業。

 

下戸は、このアセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが極端に弱いので、アセトアルデヒドが体内に残ってしまい、これらの症状が出るのです。

あなたの体質を簡単に調べることができるキットがあります⬇️

『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

自分の体質を詳しく知りたい方は、ぜひ、お試しください。

口腔粘膜を採取し、申込書と一緒に送り返すだけで簡単に検査ができ、検査結果も9つのタイプからどのタイプか分かることと、あなたの体質に関するお酒との付き合い方のアドバイスも付いてきます。

 

そして、下戸体質と判断されると、遺伝子レベルでの話なので、これを改善することは、残念ながらできません。

参考:下戸でも飲めるようになった方法!下戸だけど飲みたいあなたへ!

 

飲み会での下戸差別への対策

そんな下戸の人に対して、飲み会で差別があったりしませんか?

例えば、「飲めないなんて嘘でしょ」と言われて、お酒を強要されたり、そもそも「飲めない人なんて誘ってもつまらない」と飲み会に誘ってもらえず、仲間外れにされたり。

 

そんな差別に負けず、下戸でも飲み会を楽しむための対策をお伝えしましょう。

 

  • 自分のお酒の許容量を知る

『アルコール感受性遺伝子分析キット』であなたの遺伝子を調べることも重要ですし、実際にお酒を飲んでいく中で、どのくらい飲むと体調が悪くなってくるのか?眠気が襲ってくるのか?ということを感覚的に知ることも重要。

また、その日の体調によっても飲める量は違うので、自分の体のことをしっかりと把握することです。

 

  • お酒を選ぶ

自分の体質によって、アルコール度数の低いお酒を選ぶか、お酒を飲むのが大変ならば、ノンアルコールにしましょう。

ここで、私の考えとしては、お酒が飲めないとしても、飲み会ではソフトドリンクではなくノンアルコール飲料にすべきです。

 

アルコール0.00%なのに、ソフトドリンクよりもお酒を飲んでいるかのような気分を味わえて、一緒に飲み会に参加している人とも一体感を味わえるのでは?

なので、体質と体調によってその時の自分にあったお酒を選びましょう。

 

  • お酒の強要は断固拒否

飲み会の席で、どうしても飲まされそうになったら、きっぱりと「自分は飲めない」とか「かなり弱いのでお酒は少しだけにします」といって断りましょう。

その場の雰囲気に流されていると、あなたも飲み会を楽しめませんし、酔っ払って体調を崩したら、周りにも迷惑をかけてしまいますよね。

 

あなたのためにも周りのためにも、飲めないならば飲めないことをしっかりと最初に伝えるべき。

みんなでワイワイ心地よく、飲み会を楽しみたいものです。

 

参考:お酒が全く飲めない人に朗報!お酒が飲めない体質でも飲めるようになる方法!

 

まとめ

お酒に弱い人は、まず、自分の体質をしっかりと知りましょう。

その上で、お酒との付き合い方を考え、飲み会の席では自分に合ったお酒を選び、楽しく過ごせるように対策を取ることです。

 

お酒の許容量は人それぞれですが、お酒に強い人でさえ、調子に乗って飲みすぎ、許容量を超えてしまえば、飲み会を楽しめませんから、お酒に弱い人ならなおさら。

楽しい飲み会ライフを送ることができるようにしましょうね!

 

それでは次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください