お酒が弱い人に現れる主な症状!酒が飲めない人に出やすい症状と対策とは!

あなたは、自分がお酒に強いか弱いか知っていますか?

お酒に強いか弱いかは、体内のアルコール分解酵素がどのくらい働いて、アルコールの分解がどのくらいのスピードでされるかによって決まるもの。

 

お酒に強い人も、たくさん飲めば酔っ払って、体に様々な異変が起こりますが、お酒が弱い人には酒が飲めない人に出やすい症状もあり、対策に苦慮しますよね。

また、飲み方によって、急性アルコール中毒になる危険性もあるのがお酒。

 

いきなり脅かしてしまいましたが、他人事と思ってはいけません。

お酒と上手く付き合っていくためにも、お酒が弱い人に現れる主な症状とその対策について学びましょう。

 

お酒に強い弱いは何で決まる?

まず、お酒に強い人と弱い人がいますが、この違いは何の違いなのかについて学びましょう。

ズバリ、この違いは、アルコールの分解処理能力の違い。

 

では、アルコールの分解処理はどのように行われるのか、詳しく見ていきます。

 

お酒を飲むとアルコールは胃から20%、小腸から80%の割合で吸収されます。

血液を通って全身を巡り脳に到達すると、アルコールによって脳が麻痺して酔うという状態になりますが、この状態はいわゆるほろ酔いで、気持ちの良いふわふわとした感じの酔っ払い。

 

アルコールの吸収量が多くなってくると、アルコールは門脈を通って肝臓に運ばれて、肝臓で分解処理が行われます。

最初にアルコールは、アルコール脱水素酵素(ADH)によって、アセトアルデヒドに分解されます。

 

このアセトアルデヒドが人体にとって有害な物質で、あとでお話するお酒が弱い人に現れる症状のほとんどの原因になるもの。

次にアセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きによって、無害なアセテート(酢酸)に分解され、さらに水と二酸化炭素にまで分解されて、最終的には尿や汗や呼気となって体外に排出されます。

 

以上が、アルコールが分解されていく一連の流れとなります。

そして、お酒に強い人はアセトアルデヒドを分解するALDH2の働きが強く、お酒に弱い人はALDH2の働きが弱いということ。

 

このALDH2の働きの強さは、実は遺伝子によって決まっているので、お酒に強いか弱いかというのは遺伝によるところが大きいのです。

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

お酒に強いか弱いか体質チェック

アルコールパッチテスト

あなたがお酒に強い体質か弱い体質か、簡易的にチェックする方法をご紹介しましょう。

用意するものは、市販のガーゼまたは薬剤のついていない普通の絆創膏と消毒用のエタノールの2つだけ。

 

アルコールパッチテストのやり方と結果の見方は、次のとおりです。

  1. ガーゼまたは絆創膏に消毒用のアルコールを染み込ませて、上腕の皮膚の柔らかい部分に貼ります。
  2. 7分後、ガーゼまたは絆創膏を剥がしてみて、皮膚が赤くなっていたらアルコールを全く受け付けない体質。
  3. 絆創膏を剥がした時は赤くなっていなかったが、剥がしてから10分後に見たときに赤くなっていたら、アルコールに弱い体質。10分後も皮膚が赤くなっていなければ、お酒に強い体質。

 

自宅で簡単にできるアルコールパッチテストですが、稀にお酒に弱い体質でも皮膚が赤くならない場合があります。

参考:アルコールパッチテストで赤くなると下戸?やり方と信頼性を徹底解明!

 

アルコール感受性遺伝子分析キット

こちらは、検査機関でしっかりと、遺伝子レベルでお酒に強いか弱いかを調べてもらう検査です。

6,000円ほどかかりますが、ADHとALDH2の働きの強さを調べてもらうことができ、アルコール依存症やガンなどのアルコールによる病気のかかりやすさも検査してもらえるというもの。

 

やり方は簡単で、送られてくる検査キットに口腔粘膜を採取して郵送で送り返すだけですし、10日ほどで結果が分かります。

私も検査しましたが、自分の体質を遺伝子レベルで検査したことで、お酒との付き合い方を今まで以上に考えるようになり、無謀な飲み方はしなくなりました。

 

何より、遺伝子レベルで体質が分かるのが楽しいですし、これからのお酒との付き合い方を考える意味でも、おすすめの検査です。

楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

お酒が弱い人に現れる主な症状

お酒に弱いということは、飲み会などで周りよりも酔っ払うのが早かったり、すぐに具合が悪くなったりすることでも気づきますよね。

先ほどもお話したとおり、お酒に弱いということは、他の人よりもアルコールの分解能力が低いということ。

 

では、お酒に酔った時に現れる主な症状について、見ていきましょう。

 

顔が赤くなる

お酒を飲むと血流が良くなるので、血管が拡張して顔や体が赤くなることが多いです。

また、アルコール分解の過程で生成されるアセトアルデヒドによって、体内の毛細血管が拡張することにより顔や体が赤くなることも。

 

お酒を大量に飲んでも赤くならないというのも「顔色変わらないねー。もっと飲めるよねー。」と勘違いされて困るのですが、すぐに赤くなるのもなんだかすごく酔っ払っているみたいで嫌ですよね。

参考:お酒に強くなるには何をすればいい?飲んでも顔が赤くならない方法は?

 

頭痛・吐き気

お酒を飲むと、血液中のアルコール濃度が高くなります。

お酒が強い人はアルコール分解のスピードが早いので、比較的早く体外に排出されるのですが、お酒が弱い人の場合は、血液中のアルコールを排出するために血流が増して血管が拡張し、それが神経を圧迫して頭痛が起きるというわけ。

 

また、顔が赤くなる原因でもあったアセトアルデヒドが体内で増えすぎて、その分解が間に合わないと、体が「もうこれ以上飲まないで」と生命維持装置が働き、頭痛や嘔吐といった症状を引き起こします。

さらに、お酒を飲むことによって、胃と食道にある弁が緩んでしまって、食べ物や飲み物が逆流して嘔吐してしまうことも。

 

お酒を飲んでいる最中にも頭痛や吐き気は起こりやすいですが、二日酔いの症状としても現れやすい症状ですね。

あの頭の奥からくるようなガンガンとした痛み、胸がムカムカする吐き気は、1度起こるとなかなかおさまらない厄介者なので、しっかりと対策を取るようにしましょう。

 

参考:お酒が弱いとすぐ吐くのは何故?吐く方が楽になる?その後の対処法は?

 

下痢

アルコールを摂取すると、まず、胃と小腸で吸収されますが、アルコールが大量に摂取され、アルコール処理能力が追いつかなくなると、小腸の粘膜にある酵素の働きが弱まって下痢になります。

それに加えて、小腸で消化、吸収されなかったアルコールが大腸に流入し、未消化物を早く体外に排出しようとして便が水分を大量に含んだ状態で排泄され、下痢の症状が出るということも。

 

下痢も1度起こるとなかなかおさまらず、楽しい飲み会のはずがずっとトイレと仲良し、なんて悲しすぎますので、きちんと対策をしましょう。

 

二日酔い

お酒が強い人でも大量に飲めば二日酔いになりますが、お酒に弱い人は少し飲んだだけで二日酔いが顕著に現れます。

飲んだ翌日、体がだるかったり頭痛がひどかったり頭がボーッとしたりまだ吐き気があったり、二日酔いはなかなか辛いものですよね。

 

でも大丈夫、二日酔いになっても対策はありますし、二日酔いにならないための方法も伝授します。

参考:二日酔い対策しよう!二日酔いの解消法!頭痛や吐き気の治し方はコレ!

 

お酒が飲めない人に出やすい症状への対策

症状が出ないような準備

まずは、お酒を飲んだときに嫌な症状が現れないようにする予防法から。

 

  • 体調管理をしっかりとする

ストレスが溜まっていたり、睡眠不足が続いているときにお酒を飲むと、肝機能が弱まっているためにすぐに悪酔いしてしまいます。

飲み会で悪酔いしないためには、体調管理をしっかりとして、健康な状態で参加することが良いでしょう。

 

  • しっかりと食べる

空きっ腹にお酒を飲むと、アルコールが急速に吸収されて一気に酔いが回ります。

お酒を飲む前に必ず何かを食べて、胃壁に膜を張っておくと良いでしょう。

 

おすすめのものは、チーズ、アボカド、オリーブオイル(オリーブオイルをかけたサラダでもOK)、ヨーグルトなどの脂肪分のあるもの。

お酒を飲んでいるときには、タンパク質が豊富に含まれているものをつまみましょう。

 

というのも、アルコールの分解にはアミノ酸が必要になるから。

枝豆、焼き鳥、卵焼き、お刺身、イカ、タコ、豆腐、ステーキなどを食べて、アルコールの分解を助けてあげてください。

 

参考:お酒に強くなる方法!お酒に強くなった人が実践した8つのこと!

 

  • 飲んでいるときに水分補給をする

アルコールを分解する過程では、アミノ酸とともに水が大量に必要となります。

その上、アルコールには利尿作用もあるので、尿となって水分が体外に排出されるため、お酒を飲むとただでさえ体は水分不足の状態。

 

そこで、お酒を飲むときには、必ず一緒にお水を飲むことをおすすめします。

お水を飲むことで、血中アルコール濃度を下げることもできますし、アルコールの分解を助けることにも繋がるのです。

 

また、お酒を飲んだ後にも水分補給をすることで、二日酔いの予防にもなります。

お酒を飲むと体から糖分も奪われていますので、お酒を飲んだ後にはスポーツドリンクやグレープフルーツジュースやオレンジジュースを飲むことをおすすめ。

 

もちろん水で水分補給でも構いません。

夜寝る前と朝起きたときにも、コップ一杯の水を飲むことで、奪われた水分を補給して脱水症状を防ぎ、二日酔い対策をしましょう。

 

  • ゆっくりと自分に合ったペースで飲む

お酒を速いペースでグイグイ飲むと、アルコールが一気に吸収されますし、アルコールの分解処理も追いつかなくなってアセトアルデヒドが大量に体内を巡ることになります。

そうなると、当然、様々な症状が出てくるということに。

 

お酒は、その味を味わいながら、そして、料理との相性を楽しみながらゆっくりと飲むと良いでしょう。

ゆっくりと飲むことで、体への負担が減りますし、何より綺麗な飲み方でお酒の味も楽しめます。

 

参考:お酒をゆっくり飲む方法!綺麗な飲み方でお酒に酔わないコツ!

 

  • 自分のアルコール許容量を把握しておく

飲み会が楽しくてついつい飲み過ぎてしまうことが私にもありますが、やはり、自分のアルコール許容量をしっかりと把握して、無理に飲まないことが大切。

体に負担をかけないということもありますし、何より泥酔してしまっては周りに迷惑をかけることになります。

 

そのような状態を防ぐためにも、自分の体質を調べて、自分のアルコール許容量を把握しておきましょう。

酔っ払ってきてまずい状態だなと感じたら、早めにお酒は休憩して、水分補給をしながら酔いを冷ますことです。

 

  • アルコールの分解を助けるサプリを飲む

お酒を飲む前にサプリメントを飲んで、対策を取っておくこともおすすめ。

アルコールの代謝を助けるサプリメントや肝臓の機能を高めるサプリメントなど、いろいろと種類があります。

 

クルクミン、オルニチン、L−システイン、セサミンなどが含まれるものが効果的。

ぜひ、自分に合ったサプリメントを見つけて常備するようにしてください。

 

参考:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

体調が悪いと酔いが早く回りやすいので、しっかりと体調を整えておくことはもちろんのこと、アルコールを分解するときには水が大量に消費されるため、脱水症状にならないためにも水分補給は絶対です。

そして、一気飲みをするとすぐに酔いが回ることがありますので、ゆっくりとお酒を楽しむ余裕を持って飲むこと、自分の体質を知っておくことも大切。

 

症状が出てしまったら

症状が出てしまったら、まず、お酒のペースを落とし、水分を摂るようにします。

顔や体が赤くなってきたら、火照りを抑えるために、患部を冷やしましょう。

 

吐き気をもよおしたら無理をせず、トイレに駆け込んで吐く方が気分が楽ですし、下痢も出し切ってしまった方がいいので、水分補給をしながら出し切ること。

症状が出るということは、アルコールの許容範囲を超えてしまっているので、無理はせず、水分補給をして、休息を取るようにしてください。

 

立派な大人なのですから、自分の体はしっかりと守りましょう。

参考:お酒が弱い人がお酒に強くなるには?おすすめの対策5選!

 

まとめ

お酒を飲み過ぎれば、私たちの体は異変を感じ、体を守るために様々な症状を出して警告します。

生命維持装置が働いてくれることはとてもありがたいですが、自分できちんと意識して自分の体を守らないといけませんね。

 

お酒を楽しむことはとてもいいことなので、楽しむためにも、まずは、自分のアルコール許容量を知り、体調が悪いときにはお酒を控え、飲むときにも水分補給をしっかりとしながら自分のペースを守って飲むように。

そして、症状が出てしまったならば、しっかりと対策を取りましょう。

 

大人のたしなみとして、楽しくお酒と付き合っていきたいですね!

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください