お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

大人になるとお酒の付き合いも増えてきて、友達同士で飲んだり、会社の飲み会や接待の席に参加する機会もありますが、お酒が飲めない体質の人は、お酒の席ではなかなか苦労しているのではないでしょうか?

お酒が飲めないと言っても飲める量は個人差があるのですが、お酒が飲めない人の特徴としては、少し飲んだだけで顔が赤くなってきたり、眠気に襲われたり、具合が悪くなってしまってトイレにこもりっきりなんてことも。

 

せっかくの飲み会が、トイレと仲良しになってしまっては全く楽しくないですし、そもそも時間の無駄。

でも、飲みたくても飲めない体質の人は、確かに存在しますし、こればかりは自分の力ではどうすることもできないというものです。

 

今回は、お酒が飲めない人とお酒が飲める人の違い、お酒が飲めない人がお酒を飲むときに注意することについてお話していますので、じっくりと読んでみてください。

 

お酒が飲めない人の体質:アルコール分解の仕組み

お酒が飲めない人の体質の特徴を見ていく前に、アルコールの分解の仕組みについて知っておきましょう。

 

アルコールが体内に摂取されると、まず、胃から20%、小腸から80%の割合で吸収され、その後血液に溶け込み全身に運ばれますが、大部分が門脈を通って肝臓に運ばれ、アルコール分解酵素によって分解されます。

肝臓では、アルコール脱水素酵素(ADH1B)という酵素の働きにより、アルコール(エタノール)は有害なアセトアルデヒドに分解。

そして、2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きにより、有害なアセトアルデヒドが酢酸に分解されます。

さらに、水や二酸化炭素にまで分解され、尿や汗や呼気となって体外に排出されるというのがアルコール分解の仕組み。

 

お酒が飲めない体質というのは、アルコールと、体にとって有害なアセトアルデヒドを分解する能力が低いということ。

アセトアルデヒドは、頭痛や吐き気、眠気、顔のほてり、二日酔いなどの原因になる物質であり、お酒が弱い体質の人はこれを分解することができず、すぐに酔っ払って具合が悪くなってしまうため、飲み続けることができないのです。

 

参考:お酒に強いか弱いか診断の基準は?あなたの体質をチェックして強さ判定!

 

お酒が飲めない人の体質の特徴とは?

お酒が飲めない人がお酒を飲んだときに出やすい症状から、お酒が飲めない人の体質の特徴を見ていきましょう。

 

お酒が飲めない人に出やすい症状:頭痛

お酒を飲むと血液を通ってアルコールが全身を巡りますが、血管がアルコールによって収縮されることで脳が圧迫されると、頭痛が起こります。

また、アルコールの分解の途中で発生するアセトアルデヒドも、頭痛の原因になるもの。

 

頭痛は起こってしまうと治すことが大変ですが、水分補給をして安静にして過ごしましょう。

 

お酒が飲めない人に出やすい症状:吐き気

吐き気もアセトアルデヒドが原因になりますが、アルコールによって胃と食道の間の弁が緩んでしまって嘔吐することもあります。

許容量を超えて飲むとすぐに吐いてしまうので、気をつけましょう。

 

なお、吐き気が出てきたら無理に吐かせようとせずに、自然に任せて吐き、吐ききったらしっかりと水分補給をすること。

無理に吐くと、胃酸が食道を傷つけてしまいます。

 

参考:お酒が弱いとすぐ吐くのは何故?吐く方が楽になる?その後の対処法は?

 

お酒が飲めない人に出やすい症状:顔や体が赤くなる

お酒が飲めない人がお酒を飲んだときに、顔や体が赤くなりやすく、かゆみを伴ったりもします。

体温も上昇し、症状が進むと倒れる場合もあるので要注意。

 

顔や体がほてっている状態ですので、赤くなったところを手で覆ったり、あおぐなどして冷やすようにし、熱を放出してあげましょう。

参考:お酒を飲むとなぜ顔が赤くなるの?赤くならない方法って?効果的なサプリは?

 

お酒が飲めない人でも飲みたいときは

お酒が飲めない人や弱い人というのは、アセトアルデヒドを分解するALDH2の分解能力が弱いため、お酒を飲むとすぐに酔っ払ってしまいます。

お酒を飲んで頭痛や吐き気をもよおしたり、顔や体が赤くなりやすかったり、眠気が襲ってきて眠くなったりする特徴がありますね。

 

それでも、飲み会や家でも、お酒を飲んで楽しみたいこともあるでしょう。

お酒が飲めない体質の人が何の対策も取らずにお酒を飲めば、必ず体調を崩します。

 

お酒に弱い体質の人がお酒を飲んでも悪酔いしないために、意識するべきお酒の飲み方があるので、ぜひ、参考にしてください。

 

体調が良いときに飲む

体調が悪いときにお酒を飲みたいとはならないかもしれませんが、体調が悪いときには、肝臓の機能が低下しているものです。

アルコールの分解は肝臓で行われるので、体調が悪いときにお酒を飲むと肝臓により負担がかかってしまうことに。

 

なので、お酒を飲むのは、体調が良いときに限るようにしましょう。

飲み会の前には睡眠不足にならないようにして、ストレスを溜めない生活を心がけることが大切です。

 

飲むお酒を厳選する

お酒が飲めない人にとって飲むお酒を選ぶときに気にすべきものは、アルコール度数と相性です。

アルコール度数が低いお酒を選ぶのはもちろんですが、お酒の種類によって、体との相性もあるので把握しておくこと。

 

例えば、私の場合は、焼酎やワインは酔いにくいですが、ビールや日本酒には酔いやすいですね。

味の好みもあると思いますので、あなたの体質に合ったお酒を見つけましょう。

 

そして、複数のお酒を飲むこと(いわゆるちゃんぽん)は、飲む量を把握しにくくなる上に悪酔いしやすいので、同じお酒を飲み続けるか2種類までにすること。

参考:下戸でも飲める酒。お酒が弱い人におすすめのお酒はコレ!

 

お酒を飲む前と飲んでいる時にきちんと食べる

空きっ腹にお酒を飲むと、アルコールが一気に吸収されるため、酔っ払いやすくなります。

お酒を飲む前に、チーズやヨーグルトやオリーブオイル(ドレッシングをかけたサラダでもOK)やアボカドなど、脂肪分の多いものを食べて胃壁に膜を張ること。

 

お酒を飲んでいる時には、タンパク質が豊富な枝豆、豆腐、焼き鳥、卵焼き、チーズ、お刺身、イカ、タコ、ステーキなどをおつまみとして選びましょう。

なぜかというと、アルコールの分解にはアミノ酸が必要だから。

 

漬物や揚げ物も食べたくなるところですが、塩分が多いと体の水分が奪われますし、お酒も進んでしまいがちになるので、避けたほうが良いです。

アルコールの分解を助けるようなおつまみを上手に選びましょう。

 

水分補給が必要不可欠

アルコールの分解には、アミノ酸と同様に水が必要となります。

その上、アルコールには利尿作用があり、水分を体外に排泄させてしまうので、体の水分が奪われていくことに。

 

お酒を飲みすぎると脱水症状になるのはこのためですので、お酒を飲みながらお水を一緒に飲みましょう。

酔っ払ってきたかなというタイミングで、お酒とお水を交互に飲むようにして水分補給をし、アルコールの分解を助けることです。

 

お酒を飲んだ後にも、お水やスポーツドリンク、グレープフルーツジュースやオレンジジュースで水分補給をすると、二日酔い対策にもなります。

参考:アルコール分解には水が必要!アルコール分解を早めるには水分補給が最重要!

 

ゆっくりとしたペースで飲む

一気飲みなどしないとは思いますが、一気飲みとまではいかなくてもお酒を飲むペースが速いと、アルコールの分解が追いつかなくなり肝臓に負担をかけてしまいます。

お酒はゆっくりと、たしなみながら飲みましょう。

 

飲み会では、お酒と料理の相性を楽しみながら、お酒の味を味わいながら、そして、会話を楽しみながら飲むと、自然とペースはゆっくりになるはず。

やけ酒などはペースが早くなりがちなので、気をつけてください。

 

参考:お酒をゆっくり飲む方法!綺麗な飲み方でお酒に酔わないコツ!

 

飲みすぎたら休憩する

お酒を飲んで気持ち良く酔っている時はいいですが、少しでも体調に異変を感じたり、ペースが速かったり飲みすぎかなと感じたら、無理せず休憩すること。

この時、お酒は休憩しますが、お水を飲んで水分補給は必ず行ってください。

 

体調に異変を感じている状態は、肝臓のアルコール処理が追いつかなくなってきている状態なので、水分補給をしてアルコールの分解を促すこと。

酒を飲んでも酒に飲まれないように気をつけましょう。

 

アルコール受け付けないのは分解酵素が働かないから

アルコールを受け付けないというのは、アルコールを分解する酵素がうまく働かずに、体に有害なアセトアルデヒドを無害な酢酸に分解するまで、時間がかかってしまうということ。

お酒が強い人というのは、アルコール分解酵素の働きが活発なので、お酒を飲んでアセトアルデヒドが生成されても次々と分解して体外に排出されるため、たくさん飲めるのですね。

 

ちなみに、アルコール分解酵素の働きが弱いのは日本人を含むモンゴロイドに限ったことで、白人や黒人といった人種は、皆お酒に強い体質とのこと。

確かに欧米人は皆お酒が強いという印象、ありますよね。

 

そして、この分解酵素の働きの強さ弱さは、遺伝子によって決まっています。

アルコール分解の遺伝子はD型とN型があり、D型がアルコール分解能力がない遺伝子、N型がアルコール分解能力のある遺伝子です。

 

両親からD型を受け継いだ人はお酒が全く飲めない体質の人、一方からD型もう一方からN型を受け継いだ人は少しは飲めるがお酒に弱い体質の人、両親からN型を受け継いだ人はお酒に強い体質の人ということ。

 

この遺伝子は、口腔粘膜を採取することによって簡単に調べることができます。

自分の体質を知ることによってお酒との上手な付き合い方が分かるようになり、健康的にお酒と付き合うことができるようになるでしょう。

 

こちらは病院に行かなくても、ネットで取り寄せることができますので、検査をしたい方はこちらからどうぞ⬇️⬇️⬇️

楽しく長くお酒と付き合うための『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

まとめ

お酒に強いか弱いかというのは、遺伝子によって生まれた時から決まっています。

これは、途中で変わることはありませんが、お酒が飲めない体質でもお酒を楽しむことはできますし、飲み方を工夫することで悪酔いを防ぐこともできます。

 

あなたの体質を遺伝子レベルで詳しく、しかも簡単に調べることができるこちらは、これからどのようにお酒と付き合っていくのかを把握するために、検査する価値あり。

楽しく長くお酒と付き合うための『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

せっかくですから、楽しく上手にお酒とも人とも付き合っていきたいものですよね。

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください